■TOP
■HG ブレイヴ一般用試験機 レビューパチ編



HG劇場版00シリーズに初の非ガンダムタイプとなるブレイヴが登場。
指揮官用試験機と一般用試験機が同時発売されどちらもお値段1680円です。
両方とも購入しましたが今回は一般機のレビューとなります。



付属のシールは白いライン等を補うモノです。
今回は目の内側のシールのみ使っています。



ではパチパチと組んで素立ち。
フラッグとスサノオ&マスラオの意匠が随所に見られます。
フラッグ系で緑だとなにか新鮮に見えますね。
細く頭身が高いデザインです。
■追記
大腿部上のアーマーは左の画像のように前側に持ってくるのが正しいです。
コメントで教えてくださった方ありがとうございました。



今回はスサノオで無理矢理ポリを使ってスタイルがアレな事になってしまった反動なのかポリレスキットになっています。
主要な関節はABSパーツです。なのでスサノオに比べるとかなりスタイルが良くなってます。
背中の擬似太陽炉についているクチバシのようなものは大型GNコンデンサー。
スサノオの特徴であった首のコードはリード線で再現されています。



背中のコンデンサは取り外し可能になっています。
一般機は指揮官機と違いドライブは背中の一基のみです。
色分けは優秀でシールでほとんど補う事ができます。



バストアップ。
顔はフラッグですが体はスサノオ。



頭部アップ。カメラ部分はクリアオレンジのパーツです。
裏側のパーツにホイルシールを貼ります。



可動範囲など。
上半身はオーソドックスなHGといった可動範囲でしょうか。
ただし肩がBJ接続のためあまり横に上げる事ができません。



下半身は問題ない可動範囲かと。
主要な関節はABSのボールジョイントなんですが受け側に円形のパーツを被せるような構造になっていて関節のヘタレがある程度防げるようになっています。



GNビームライフル「ドレイクハウリング」
グリップは2つあり両方差し替えで収納できます。



砲身も差し替えで展開可能。



さらに砲身の先端を取り外しショートバレルに。



黒いスタンドとスタンド用ジョイントが付属。
浮かせて飾る事ができます。



ドレイクハウリングはポロリもなくしっかり持つ事が可能です。



サイドバインダーは多段関節になっているので柔軟に動かす事ができ、翼も展開可能です。



バインダーを反対側に向ける事も可能です。
ビームサーベルは白色のプラ製のものが一本付属。



ビームサーベルはできればクリアパーツが良かったですね。



進化。
1/144フラッグは作っていないのでイナクトで。
大きさはマスラオと大体同じなので大柄です。



では変形。
変形方法は基本的にフラッグやイナクトと変わらず。



変形完了。クルーズポジションの完成です。



こちらもスタンドでディスプレイが可能。



薄さも薄くてカッコイイです。



ただ変形時各パーツの収まりが微妙に悪いです。
ロックがバインダーと脹脛部分のみなので、形状は維持できるんですけどどうにも位置が落ち着かない感じがします。
もうちょっとロックできる部分を増やして欲しかったかな。



機首を閉じ、翼を収納した状態。



以上。HG ブレイヴ一般用試験機 レビューパチ編でした。
ポリレスになった為スタイルが大幅に向上しています。
保持力はリング状のパーツのおかげもあるのか一通り弄っても特に問題ありませんでした。
クルーズポジション時のパーツの落ち着きの無さが気になりますが色分けや可動は良い感じです。
色分けのおかげでだいぶ合わせ目も目立たないキットになってますし相変わらず劇場版00のキットは良い出来してますね。
■プレミアムバンダイ (クリアクアンタ等クリア仕様の劇場版ガンダムが受注されています)

■HG ブレイヴ一般用試験機 (あみあみ 30%off)
■楽天で探す場合はこちら
■コメント&拍手ページへ
■TOP