■TOP
■MG リゼル隊長機 レビューパチ編



MGでも一般機に続き隊長機がリリース。
お値段5250円と200円ほど高くなっています。



付属のシール類。
ホイルシールはセンサーの裏側に貼って光らせる為に使います。



メガビームランチャーを取り付けない状態で素立ち。
リミッターが解除され各種センサー類が緑に変更されています。



後はバックパックがウイングバインダーに変更されています。
これが一番特徴的ですね。
色分けはMGだけあって細かいパーツ分割で再現。
成形色もなかなか良い色してます。



バストアップ。
センサー類はクリアパーツ化されていて見た目も良いです。



頭部アップ。
カメラアイの裏側も再現されています。



ウイングバインダーの羽は若干ですが可動します。
ジェガンが捕まる取っ手も引き出せます。



右手にはグレネードランチャー、左手にはサーベルを2本装備。



グレネードランチャーとサーベルは自由に入れ替える事ができます。



可動範囲など。
変形機構があるのですがよく動くのではないでしょうか。
関節はポリとABSの複合になっています。
肩の軸もロックを外せばかなりスイングできるようになります。



下半身は可動範囲自体に不満がないのですがちょっとフニャフニャした印象があります。
それと無理に腰を捻ったりするとサイドアーマーがポロリしがち。




シールドは裏側にビームガンが。



大型のメガビームランチャー。
とても長いのですがモナカなんで重さはさほどありません。
カバーで合わせ目を隠すようにはなっていますが全部隠しきれる訳ではなく多少見えてしまいますね。



フル装備した状態。随分と縦に長く…
ライフルフレームは多重ヒンジ構造ですがワリとしっかり吊り下げておけます。
武器はこのメガビームランチャーとサーベルのみで一般機のライフルは付属しません。



一般的な18mクラスのMSと比べると予想以上にデカく感じます。



腰をひねり過ぎるとサイドアーマーとお腹の装甲がはずれがち。
それ以外は変形機構がありますが特にポロリはありませんね。



ジョイントパーツでアクションベース1と接続できます。



ビームサーベルはいつもの形状のものが2本付属。
本体が大きく、HGUCも同じ長さだったんでちょっと短く感じますね。



メガビームランチャーを持って。
グリップは可動式でダボがあるのでしっかり固定できます。



構えるのも問題なし。



では変形開始。手首を取り外す以外は完全変形します。
変形方法はZっぽいですね。



胴体の隙間に腕を入れて足フレームを広げて挟みこむように収納。




ウェイブライダーの完成です。
翼があるので一般機より飛行機っぽくなります。



スタイルも良いですね。
こちらもシールドにジョイントを取り付けてベースと接続できます。



横から。
相変わらずビームランチャーが長い…



あまりロック箇所がないので形状は維持できるんですがちょっと落ち着かない部分がありますね。
ロック箇所を増やしてもう少しカッチリさせてほしかったかなと。



ですがポロリするような箇所はなく問題なく飾っておけます。



以上。MG リゼル隊長機 レビューパチ編でした。
MGならではの分割で色分けも問題ありませんしセンサー類も細かい部分までクリアパーツなんで見た目も良いです。
あまり可動は期待していなかったのですが予想以上に動きますしデカイメガビームランチャーもきちんと構えられます。
変形機構があるので取り扱いに繊細さはありますがなかなか良く出来ているのではないでしょうか。
実物が大きく迫力あるんで飾り映えするのも良いですねー。
■プレミアムバンダイ

■MG リゼル隊長機 (あみあみ 30%off)
■楽天で探す場合はこちら
■コメント&拍手ページへ
■TOP