■TOP
■HG グリモア レビュー
 



HGのGレコシリーズ第二弾として発売されたグリモア
価格は1,512円です。



付属のシールは頭部や襟部分などの発光部やノズル部分を補うものが付属しています。



付属品はサブマシンガン、シールド、プラズマナイフ、左平手、ビームワイヤーが2本付属します。



発売を楽しみにしていたHGグリモア。
ミリタリーチックなカラーリングですが寸詰まりなちょっとかわいらしいフォルムもきっちり再現。
関節はPC002が使われているオールガンダムプロジェクトフォーマットでした。



メインカラーのグレーは関節に使われるプラ素材で成形されています。
そのせいなのかわかりませんがプラっぽいテカリが抑えられていてパチ組みでも良い質感です。
反面やや柔らかい素材なので嵌め合わせ部分を無理にこじ開けたり爪や工具などを強く押し付けたりすると普通のプラより傷が付きやすい所もあります。



キットの色分けは優秀で細かいノズルなどを除けばほぼ成形色で配色を再現。
襟や腰の発光部分はシールが付属しています。



バストアップ。
丸く平べったい独特の頭部が面白いです。



頭部アップ。
目はクリアパーツで再現され上下分割なので合わせ目もでない作りです。
頭頂部にあるバルカンはカーヒル機など両側にある機体もありますが今回は左側のみ。



コクピットブロックは球体になっています。
左腕のみワイヤーフックのモールドがありますが取り外しは不可でした。
手首はBJ接続ですが根元にもスイング軸があります。



前腕や肩は合わせ目が出ますし肘は挟み込みなので処理はちょっと面倒そう。
バックパックは結構大型ですね。



腰アーマーのスラスターはフロントが別パーツ化され可動します。
リアは1パーツなので可動しませんしノズル部分も別パーツ化はされていません。



他のMSと比べると短い脚部。
脛の前面は別パーツになっているので正面からは合わせ目が出ないようになっています。



ただ足裏は相変わらず派手な肉抜きあり。
形状的に埋めるのも面倒そうです。
腰アーマー裏にはプラズマナイフを収納できます。



可動範囲など。
首や腰はBJでそれぞれ2箇所可動ポイントがあるのでなかなか良く動きます。
肘は二重関節ではありますが干渉するので可動範囲は90度ほど。
ですが手首付け根が可動するので意外と気になりません。



脚部は股関節が3軸ジョイントで膝は90度ほど曲がります。
体型が体型なのでやや制限があるのはどうしようもないですがそれでもなかなか良く動くと思います。





サブマシンガン&シールド
サブマシンガンは左右貼り合わせでシールドはジョイントを介して腕に取り付けます。




左手のみ平手が付属。
他から流用が効きそうなデザインではないので左手だけでもあると嬉しいですね。




シールドは接続ピンが2箇所あるので構える向きを変えられます。



スタンドはいつも通り3mm軸のものが使用可能。




プラズマナイフは刃部分にモールドが入った独特のデザイン。
1パーツなのでグリップ部分を塗装する必要があります。




ビームワイヤーは2本付属。
柔らかい素材なので曲げグセを付ける事可能で好みの表情が作れます。




クリアパーツはどちらも蛍光パーツでブラックライトに反応します。
どちらも普通のクリアパーツより明るく見えるのがいいですね。




以上HG グリモア レビューでした。
ワイヤーフックなど一部オミットされているギミックはあるものの
オールガンダムプロジェクトらしい組みやすい構成で
配色もかなりの部分がパーツ分割で再現されているので部分塗装の手間もノズルなどをちょいちょい塗ってやるぐらいで良さそうです。
太く丸いデザインではありますが、
肘が90度弱しか曲がらなくても手首がスイングできるようになっていたりするので想像以上に動く感じでした。
個人的に好みのMSなので今回は狙撃仕様っぽく作ってみようと思います。

■プレミアムバンダイ (2月発送分は11月3日23:00で締切です)





■HG グリモア(あみあみ)

■TOP