■TOP
■HG MSオプションセット3&ギャラルホルンモビルワーカー レビュー



HG鉄血のオルフェンズシリーズのオプションセット第三弾が登場。
価格は648円です。



セット内容はギャラルホルンモビルワーカー、グシオンアックス、ハルバード、グシオンチョッパー、それにジョイントパーツと各種交換パーツが付属。



ホイルシールも付属していてハルバードの刃を補います。



まずはギャラルホルンモビルワーカー。
名前の通りギャラルホルン仕様のモビルワーカーです。



こちらも他のモビルワーカー同様単色成形。
配色を再現したい場合は機体色が赤色なので全塗装が必要です。
裏側も大部分が肉抜きされているのも変わりません。



パーツは全8パーツ構成で今までのモビルワーカーと比べるとやや複雑な作りになっていました。



可動部位は前輪が基部で回転。砲塔も回転します。
砲塔左右にあるユニットも回転可能でした。




今までに発売されたモビルワーカーと並べてみました。
サイズは一回り大きくなっていて形状もより戦闘車両っぽいデザインです。



大きくなったと言ってもグレイズなどと並べるとやはり小さい事には変わりません。




続いてグシオンチョッパー。
セットの中では一番小さい武器で2パーツの左右貼りあわせのシンプルな構造。
カラーガイドやパッケージ仕様だと成形色より明るいグレーなので
再現したい場合は全塗装が必要です。



こちらはグシオンの腰ラックに取り付ける事ができます。




続いてグシオンアックス。先端にハンマーが取り付けられた斧です。
前後の刃は1パーツ。柄のパーツで刃パーツを挟み込むような構造です。
少しだけ肉抜きがあるものの、柄の合わせ目が出る所は限定的なので処理に手間はかからないと思います。



こちらもグシオンの背中部分に取り付ける事ができます。



刃のパーツは1パーツですが厚みも十分ありペラさは感じません。
柄も長めでグシオンのような機体でも両手持ちは十分出来ました。




先端のハンマーは差し替えが可能でチェーンを取り付ける事でモーニングスターになります。
このチェーンは組み立ての必要がなくランナーから切り出すだけです。




先端の鉄球は2パーツ。
チェーンは何か支えがないと垂れ下がりますが普通のチェーンと変わらないのでリアルです。



こちらも明るいグレーやチョッパーで使うグレーで塗り分ける必要があり、色を再現したい場合は全塗装が必要です。
とは言っても成形色が真っ白だったりする訳ではなく、暗い色なのでそのままでも武器らしい雰囲気はありますしあまり気になりません。




続いてハルバード。
こちらはアックスとは反対で刃部分が2パーツの左右貼りあわせになっていました。
アックスより合わせ目を消すのは手間がかかりそうです。




こちらはグリップの一部や刃を塗り分ける必要がありますが刃部分を補うシールが付属しています。




グリップパーツを交換する事でショートアックスに組み替え可能。
ジョイントパーツを使う事で3mm穴に取り付けられるようになります。
説明書によると鹵獲したグシオンで使われるようです。




名前にグシオンとある武器もありますが特に専用ジョイントを使ったりする訳ではないので様々な機体に持たせて遊べると思います。




以上HG MSオプションセット3&ギャラルホルンモビルワーカー レビューでした。
いつも通りモビルワーカー+武装というセットです。
今回は3つの武器のどれもが斬撃系の武器で、似たような武器もあるので若干寂しい所はあります。
ですがモーニングスターやショートタイプに出来るギミックがあり、多少なりとも遊べるようになっていますし
鉄血のオルフェンズのMSには良く似合う武器だと思います。

■プレミアムバンダイ MG V2用光の翼4月発送分などが受注されています
(amazon)



■HG MSオプションセット3(あみあみ)
■TOP