■TOP
■HGBC ポータントフライヤー レビュー



HGBCで発売されたポータントフライヤー
価格は648円です。



付属品は差し替え用羽パーツとジョイントパーツが付属します。



Gポータントと同時発売されたポータントフライヤー。
単体では鳥型のサポートメカのような形状になります。
一部ポータントと同じパーツが使われていますが新規パーツも多いです。



成形色は白に近いライトグレー一色。シールなどもありません。
ただパッケージを見る限りはこの色一色のようなので配色は再現されていると思います。




可動部は3mm軸で裏面には取り付け穴が開いています。
コンテナや翼の一部はポータントと同型でした。



3mm軸の部分やコンテナが少し可動しますが普通のプラの噛み合わせなので緩くなりやすいと思います。



ポータントと並べて。
翼を広げた鳥型なので大きさは結構ありますね。





ポータントにそのまま取り付けた姿。
バックパックを外し画像のジョイントを取り付けて接続。



フライヤーは一部のパーツを差し替えてタイプを変える事ができます。
こちらは鋭い翼を取り付けたブレードタイプ。



こちらは鳥の羽っぽい翼を付けた翼タイプ。
より鳥っぽい姿になります。



背中以外にも取り付ける事はできますが大きさ的にちょっと持て余し気味です。



付属のジョイントパーツを使うことで様々な3mmに穴に対応。
位置を微調整できるので背中のドライヴを外さずに取り付ける事も出来ました。




四肢の羽を交換する事もできるのですが、ライトグレーなので成形色は違ってしまいます。



基部パーツやジョイントパーツがあるので配置の自由度も高く結構組み込みやすく感じました。




大型のMSでもそこそこいけますが18mぐらいのMSが一番しっくりくる大きさです。



以上HGBC ポータントフライヤー レビューでした。
今回のフライヤーは武器セットではなくウイングパーツのセットとして使える内容です。
ポータントのウイングを手軽に変更&大型化できますし背中に背負わせる事が簡単にできます。
もちろん3mm軸でジョイントは統一されているので様々な機体に手軽に取り付ける事ができると思います。
同じウイングパーツのビルダーズパーツHD MSウイングはディテールが細かいもののウイングバインダーのような形で固定だったのに対し
こちらはディテールはシンプルですがそれぞれのパーツやジョイントを組み合わせる事ができる自由度高めのウイングでした。

■プレミアムバンダイ MG レッドゼータなどが受注されています



■HGBC ポータントフライヤー(あみあみ)
■TOP