■TOP
■HGBF ハイモック レビュー



HGBFにハイモックが登場。
価格は864円です。



付属品はビームライフルと手首ジョイントパーツが付属します。



シールは目の部分と肩の側面に貼るシールが付属しています。



練習などに使用する無人機のハイモックがHGBFでキット化。
価格は1,000円を切る864円とリーズナブルな価格設定になっています。
その分ランナー構成はシンプルでプラランナー2枚+ポリキャップという構成。
ポリキャップはPC001が使われていて最新のAGPフォーマットではありません。



プラランナーが2枚なので組み立てには時間がかからずサクサクと組み上げる事ができます。
色分けは成形色がグレーとグリーンなので上腕や太腿などのライトグリーンが省かれていますがグリーンな事はグリーンなのでそれほどイメージは崩れていません。



練習用の無人機なのでとてもシンプルなディテール。
腕や手首が大きく結構特徴あるプロポーションです。




頭部アップ。
頭部も半円状でかなりシンプルな造形。
目はシールで補います。



頭部は1パーツなのですが首が回転しすぎないようにストッパーが設けられています。
ランドセルは側面や上面にも3mmジョイント穴が開けられていました。



大きい手首が特徴的な腕は装甲を外す事で3mm穴が露出します。



サイドアーマーも同様に外せばポリキャップが露出し3mm軸のパーツが使えます。



脚部はカバーを取り外す事で両面の3mm穴が使えるようになります。



付属武器は本体と違い結構ディテールが多めのビームライフル。
足は最近のキット同様肉抜きがありました。



可動範囲など。
PC001ですが基本的にAGEや00二期〜のキットに近い構造なので最新キットに負けず劣らずの可動範囲があります。
肩は大きくスイングできますし肘も二重関節です。



接地も良く膝も十分曲がるのですが、股関節の装甲が腰のパーツに干渉気味なので開脚はそれほどできません。




シンプルな外装なので動かしやすくはあるのですが
武装はビームライフルのみなので単体での遊びの幅はそれほどありません。



ジョイント穴を塞ぐパーツを取り払ってみるとこんな感じです。




シンプルな作りではあるのですが各所にある無数の3mm穴に色々武装を繋げられるので
好みの武装形態を作りやすくなっています。




パーツ数が少ないので各所に合わせ目はでますがディテールがあまりないですし挟み込み関節でもないので合わせ目消しは楽そうです。



ランドセル以外にも腕や脛にも穴があるので大抵の武装は違和感なく組み合わせる事ができそうです。




手首接続パーツを使う事で1/100キットの手首パーツを取り付ける事が可能です。
これを使う事で大柄なMGサイズの武装を持たせたりする事ができました。
一般的なBJ径の手首は取り付けられそうですが説明書によると推奨される手首は1/100エクシア&ストライクなそうです。
画像はMGビルドストライクのものを使っています。



安価ですしクラッシュモデルなどにも使いやすそうです。



ビルドバーニングやライトニングと並べて。
身長は小さめですが横のボリュームはあるのでそこまで小さい感じはしないです。




以上HGBF ハイモック レビューでした。
武装はシンプルで大きなギミックもありませんがキット価格は864円と安価で手に取りやすい価格です。
ディテールも構造もシンプルですがその分手を加えやすそうですし
各所のジョイントを使って手軽に武装を取り付ける事のできる拡張性の高いキットとなっていました。
■プレミアムバンダイ HGUC ペイルライダーなどが受注されています



■HGBF ハイモック(あみあみ)
■TOP