■TOP
■HGBF 戦国アストレイ頑駄無 レビュー
 



HGBFに戦国アストレイ頑駄無が登場。
価格は1,890円です。



付属のホイルシールは各所のグリーンのセンサーや刀に貼る物が付属します。



付属品は交換手首4つのみのシンプルな内容。



ニルス・ニールセンがアストレイをベースに改造したガンプラ戦国アストレイ。
キットも最近発売されたHGレッドフレームをベースに新規ランナーがセットされたリデコキットです。
関節などの作りはレッドフレームと変わらず、可動部はポリキャップが使われたABSレスキットとなっています。



スタイルは名前の通りアストレイに具足を着せたようなデザインでより重装甲なデザインになっています。
背中には名前の通り鬼の顔を模した鬼の盾が装着されていて非常にインパクトある後ろ姿です。



キットはアストレイをベースにしているので色分けもなかなか良好。
ただ四肢にある緑色の球体状のモールドはシールでの再現。
できればクリアパーツを使って欲しかった部分ですね。
後は刀や盾、マスク部分の金や銀などちょいちょい足りない部分がありますがメタリックカラーの部分なので塗ってしまったほうが綺麗に仕上がりそうです。



バストアップ。
両肩のボリュームがかなり増しています。
ですが胴体はレッドフレームと変わりなし。



頭部アップ。
アストレイをベースに角が大型化され、マスク部分には面頬が追加されたようなデザインに。
より武者っぽいデザインになっていますね。



鬼の盾は1パーツながらモールドが深く立体感は十分。
バーニアは3つのノズルがある独特の形状です。



肩はサムライソードが装着されています。
黒い部分は隠し腕になるギミックアリ。



脚も肩同様大きくボリュームアップ。
膝周りが独特の形です。



膝の装甲は可動します。



足も具足をイメージしたようなデザインになりました。
足裏はつま先部分に肉抜きあり。



可動範囲はアストレイと基本的に変わりませんが肩鎧が干渉するので腕は余り開かなくなっています。



神棚に祀られていたポーズ。
アストレイ自体ガーベラストレートのせいか武士っぽいイメージでしたし違和感なく改造されていると思います。



平手は左右分付属。最近のはあまり付いていなかったので平手があるのはありがたいですね。




ベースになったアストレイと。
戦国アストレイには鞘がなく、刀は抜き身で取り付けられています。




サムライソードはガーベラストレートそのままです。
真っ白なので塗装かシールで色を補う必要アリ。




格闘特化の機体かと思いきや普通にX状の斬撃飛ばしていたり。





シールド持ち手は角度が付いているのでこちらを使えば刀を突き出したポーズもいけます。
ただしグリップは緩めでノーマル持ち手ほどしっかりは持てません。




両肩は展開して副椀になります。
展開すると4本腕に。



腕のアームは2箇所ポリキャップが仕込まれていて広い可動範囲があります。
この状態なら腕の干渉も減るのでより動かしやすくなります。



副椀にもサムライソードを持たせる事が出来ました。
セラヴィーなんかもそうでしたが隠し腕があると動かすのが楽しいですね。





背中の鬼の盾は格納されていたグリップを起こす事で手持ち武器にする事ができます。
この盾も何かトンデモギミックがありそうですね。




以上HGBF 戦国アストレイ頑駄無 レビューでした。
アストレイを重装甲にし、武者テイストを組み込んだ改造がハマっていてカッコ良くアレンジされています。
元キットの色分けが優秀なので大体の部分は再現されていますが
追加部分は金や銀、センサーの色など足りない所がちょこちょこあるので軽く補ってやると良さそうです。
ベースのアストレイ自体は最新キットと言って差し支えないので可動範囲も広く、隠し腕もあるので武装のシンプルさも気にならずグリグリと遊べます。
パーツ数もHGなので少なめですし気軽に組んで楽しめるキットでした。
■プレミアムバンダイ (HGUC シルヴァ・バレトファンネル試験型等が受注されています)



■あみあみ
■楽天で探す場合はコチラ
■TOP