■TOP
■HGBF すーぱーふみな レビュー



HGBFで発売されたすーぱーふみな
価格は1,944円です。



付属品はビームマシンガン、シールドのエフェクトパーツ、モールドありの目パーツ、右銃持ち手と左右持ち手
それにスタンドが付属。スタンドは延長パーツがあり支柱が長くなっていました。



一部パワードジムカーディガン系のランナーが使われているのでアームパーツが余剰となります。



ホイルシールはピンク部分や目などを補うホイルシールが付属。
目と睫毛のシールには予備があり、数回失敗しても平気なようになっていました。
睫毛のシールはこめかみあたりまで余白があるので切って使ったほうが良さそうです。



フィギュアではなくガンプラとして発売されるとは思わなかったすーぱーふみな。
キットはHGですが使用されているポリキャップはPCF-6Aなのでどちらかというとフィギュアライズ&スターウォーズシリーズに近い作りとなっていました。



足首部分にあるポリキャップを組み合わせるジョイントが不安定でコケやすいので、塗装したりする方はスタンドを使って飾ったほうが良いと思います。
キットはスパッツ部分の黒とピンクなど一部がシールなのですが、他は大体色分けされています。
胸や足裏など細かい部分のグレー&黒を補うぐらいで良さそうなので部分塗装の手間はそれほどかからないと思います。



バストアップ。
胸のリボンはクリアパーツで再現。ポリキャップは成形色が白なので違和感がありません。



頭部アップ。今回は結構変わった作りになっていて
目はクリアパーツを被せる構造でレンズのようになっています。
眉毛部分も開口され色分けされています。ただ眉毛の茶色のパーツが浅く、へこんでしまっています。
基本的にHGフォーマットなので睫毛や目はシールでの再現。
造形自体は悪くないと思うのですがHG基準なので髪の毛も丸いですし、シールなどの厚みもやはり気になってしまいます。
一応横の余白は切ってから貼り付けましたがここはシールではなく塗装した方が良いと思います。



目パーツは塗装用なのかモールドがあるタイプも付属していました。



髪の毛は基部で回転が可能。多少動きが付けられます。
一部に合わせ目や肉抜きがあります。



胸部はエプロンのような白いパーツが軟質樹脂。先端のスカートパーツをある程度逃せる構造になっていました。
背面はパワードジムカーディガンと同じような武装が装備されています。



肩部はBJと軸関節の組み合わせで見た目以上の可動範囲があります。



腕にはサーベルやガトリングガンが装着されています。
ただガトリングガンの展開ギミックはありません。



腕のガトリング取り付け部分は3mmのピンでパワードジムカーディガンとは逆の構造になっていました。



バックパックは3mm穴です。
取り付け部分は2ピンタイプ。



大腿部は色分けされている所にロール軸があります。



腕や脛部分は前後分割なので正面から見ればあまり合わせ目が気にならない作りです。
足裏はディテールがあり肉抜きも最小限でした。



可動範囲など。腰のスイング幅は少なめですが360度回転可能。
肩はかなり柔軟に動き肘も二重関節です。



脚部はスカートがある程度逃せる構造になっています。
膝も十分曲がります。
接地はそこまで良くないですが地面に踏ん張って立つタイプの機体でもないですしそこまで気にならないと思います。



スタンドはバックパック下部分に取り付けます。




ビームマシンガンはパワードジムカーディガンと同じパーツ。
持ち手は右手のみなので左手ではもてません。



肩の可動範囲が広く、持ち手兼握り手もあるので登場時のポーズも再現可能になっていました。




ガトリングは展開しませんが、サーベルは取り外し可能。
ただし刃は付属しないのでパワードジムカーディガンの物を使っています。



ダミーバルーン?のような武装もありましたがこちらも付属せず。



バックパックと武器を繋ぐアームは基本的にカーディガンと共通なのですが、長さが短めになっています。



シールドは形状が小ぶりになりましたがクリアグリーンのエフェクトが付属。



コケやすいですが保持力自体は良好。大きい機体ですがそのまま組んでも垂れ下がるような所はありません。




大型ライフルはカーディガンと共通パーツ。
モナカ割りですがアームのおかげで自由度は高いです。



表情は一種類のみ。差し替えでもう一つぐらいあると良かったですね。




武装は共通なのでパワードアームズパワーダーの交換パーツも無改造で取付可能。
アームが短いと感じた場合も手軽に延長が可能です。



スタンド穴はバックパックにあるので浮遊するようなポーズで固定するのも楽です。



パワードジムカーディガンや以前作ったフィギュアライズ6のファイズと並べてみました。
かなりサイズは大きめでフィギュアライズ6より大きかったです。
説明書を見ると設定身長は24.5Mとかなり大きいMSになっているようでした。




以上HGBF すーぱーふみな レビューでした。
今までのHGBFシリーズとはかなり異なる構造でどちらかというとフィギュアライズに近いです。
可動範囲も意外と広く、パワードジムカーディガンと同じタイプの武装なので拡張性も有ります。
フィギュアライズ系の関節なので、膝や肘など一部ポリキャップがむき出しだったりするのですが白成形で違和感ない仕上がりになっていました。
頭部は目がクリアレンズを嵌めこんだり眉毛が分割されている面白い構造になっているのですが
HG基準の作りなので色々丸く、シールだとどうしても厚みが気になります。
なのでモールドもある事ですし睫毛などを塗ってつや消しを吹くなどすると良さそうですね。

■プレミアムバンダイ HG グレイズ アーレス所属機などが受注されています




■TOP