■TOP
■MG ガンダムアストレイ ブルーフレームD レビュー
 



MGで発売されたブルーフレームD。
価格は5,184円です。




付属品は叢雲劾とエルザ・ヴァイスの同スケールフィギュアとスタンド&スタンドジョイントが付属します。



付属するシール類。
マーキングシールにはアストレイノワールのエルザ機を再現するためのパーソナルマークもセットされています。




全身にドラグーンが装備されたブルーフレームDがMGでキット化。
ヴィーヴルストライカーというエールストライカーをベースにしたストライカーパックのシルエットも相まって全身トゲトゲで攻撃的なシルエットです。




キットはMGアストレイシリーズがベースで非常に細かいディテールがあるのは変わりません。ドラグーンや一部の装甲が新規造形です。
ヴィーヴルストライカーはランナーがストライクRMのものでほとんどの部分が流用されていました。



ストライカーパックを外した姿。
ドラグーンの刃はオレンジなのでだいぶ派手な印象です。



バストアップ。
MGアストレイは元から分割が細かいので配色もほとんどの部分が再現されています。
シールで補うのは腕のブレイドガンの刀身のみです。





頭部アップ。メインカメラやツインアイはもちろんクリアパーツ。アンテナも薄くそのままでもシャープです。
こめかみに取り付けられているのは情報収集を行うセンサードラグーン。



コクピットはもちろん開閉可能。
各所のダクトモールドもシャープで密度があります。



肩に4基装備されているのはミラージュコロイド搭載のステルスドラグーン。
腰に装備されているのは大型剣になるソードドラグーンです。



ヴィーヴルストライカーに装備されているのはビーム砲搭載タイプのビームキャノンドラグーン。
腕に装備されているのはブレイドガン。
2つの砲身の間に刃があります。



脚部はお馴染みの装甲スライドギミックがあります。



ストライカーパックはストライクRMの流用なので内部ディテールも再現され翼のフラップも可動します。



翼の折りたたみももちろん可能です。




以前発売されたセカンドリバイと並べて。
ヴィーヴルストライカーを背負っても自立は問題ありません。




付属のスタンドは2段階の角度変更しかできませんが普通に飾る分なら十分ですし勝手に外れたりする事もありません。



ドラグーンは全て分離可能で画像のように手持ち武器にできます。



センサードラグーンやステルスドラグーンは小ぶりなのでダガーチックです。




大型のソードドラグーン。
どの武器も手首のピンに合わせるミゾがあるので保持は安定します。



全てのドラグーンを浮かせて飾れるベースはプレバン限定で受注されています。



腕のブレイドガンも取り外しグリップを起こす事で手持ち武器に出来ました。




続いてドラグーンの合体ギミック。
全てのドラグーンを組み合わせ合体させる事によりシペールソードと言う合体剣にできます。


手にもつのではなく腕のジョイントに接続して保持する構造です。
合体剣ですがそれほどバラけやすい事もなく本体の保持力も良いので意外と遊びやすいと思います。




剣の名前はlepis(鱗)を逆さ読みにして逆鱗という意味を持たせたんだとか。




以上MG ガンダムアストレイ ブルーフレームD レビューでした。
パーツの分割が細かくて組むのは結構肩が凝る感じですが相変わらずの情報量でとても見応えのあるキットです。
全身にドラグーンが装備されている刺々しい姿ですが全てのドラグーンを手持ち武器にできたりさらにドラグーンを合体できたりとギミック面も充実しています。
とは言え基本剣状のパーツなので、長い物以外は持たせてもあまり印象が変わる感じはしない部分も。
ドラグーンを浮かせるベースはweb限定になってしまいますが、合体剣のシペールソードも大きさのわりに腕に取り付ける関係で扱い易いので動かしてもストレスのない物に仕上がっています。

■プレミアムバンダイ PG ユニコーン用FA拡張ユニットなどが受注されています



■MG アストレイブルーフレームD(あみあみ)

■TOP