■TOP
■MG Hi-νガンダム Ver.Ka レビュー
 



νに続きHi-νもVer.KaとしてMGでキット化されました。
価格は7,560円です。



付属品はビームライフル、ニューハイパーバズーカ、シールド、サーベル刃2本が付属します。



ディスプレイスタンドはνガンダムverKaと同じタイプのものが付属していました。



デカールは水転写式。他にはセンサーを補うホイルシールが付属しています。



こちらはフィンファンネルとプロペラントタンクを取り付けていない状態です。
キットフォーマットは以前発売されたν VerKaと似ていて関節なども似たような構造です。
最近のガンプラらしくスタンドの支柱以外にABSは使われておらず、ポリキャップとプラが併用された関節です。
■追記
腰アーマーのジョイントがミスで出っ張っていたので修正して差し替えました。申し訳ありません。
そして教えてくださった方、ありがとうございます。




以前普通のMG Hi-νで大きなリファインが施され、細身で軽快さを感じる姿で立体化されましたが
VerKaはまた元に戻ったようなどっしりとしたスタイリング。
タンクも巨大になり背面のスタビなども旧タイプのデザインになっています。




赤が使われず、黄色もごく一部なのでスッキリとしたカラーリングにまとめられています。
配色はMGだけあり細かい部分まで再現されていますがさすがにフィン・ファンネルのグラデはデカールです。
合わせ目も肩の股関節の関節ジョイントなどごく一部の目立たない部分にあるのみで後はディテールに組み込まれています。



バストアップ。
肩ジョイントや胸の突起などにνVerKaとの共通点が伺えます。
パーツはMGだけありどれもシャープでアンテナの細さなども良い出来です。



頭部アップ。
前後に長いヘルメットもバランスよく立体化。
目はクリアパーツで三本の口スリットも開口されていました。



胸部はコクピット開閉ギミックがあります。



手首パーツはνと同じフル可動タイプ。
右腕にはビームガトリングがあり差し替えなしで展開します。



左腕にはビームサーベルが収納されています。
尚こちらはもちろん、右腕のガトリングにもビームサーベルが取り付けられトンファー状にする事ができます。



ファンネルハンガーは基部が左右スイング、重さ対策のためか上下には可動しません。
ファンネル取り付け部分は上下左右に可動します。



背面のスタビは上下に可動。
バーニアは内部コーンが別パーツ化されています。



今回は肩などにバーニア展開ギミックが仕込まれていて、サイコフレーム展開ほどのインパクトはありませんが微妙にシルエットが変わります。
こちらは肩部分。



腰アーマーの展開ギミック



脹脛の展開ギミック。
隠れていたバーニアが露出します。



腰アーマーは当然すべて可動します。
手足のアポジモーターも別パーツ化され色分けを再現していました。



脹脛のダクトも凝った分割で立体感十分。
膝にはお馴染みのシリンダーギミックがあります。



足裏のクローは可動式になっていました。



同スケールのアムロ立ちポーズフィギュアも付属しています。



可動範囲など。
作り的にはνと似ているので触った感じも似ています。
肩ジョイントは大きく引き出し可能で腕周りの自由度は高いですが、ファンネルの重さ対策か腰のスイングはほとんどできません。
その分ファンネルを背負っても安定しています。



下半身は接地があまり良くないですが他は良く動きます。
腰アーマーも大きいですが邪魔になりませんでした。



大きさはνより少し小さめです。






武装をフル装備させて。バズーカは背面のラッチに固定できます。
一応S字立ちさせれば自立はできますが、画像のようにスタンドのパーツをステーとして使うことでより安定して立たせる事が可能です。



キットはアンダーゲートが多用されていました。
ゲート痕が目立ちませんし、チタニウムフィニッシュなどが出ても見栄え良さそうです。






付属武器のビームライフル。
巧みな分割で合わせ目がでない構造です。
シールドは迷彩がなくなりシンプルな配色になりました。




展開する装甲部分はストッパーなどがなく、触っていると戻ってしまいがちなのがちょっと気になるかも。
とは言え保持力は十分あるので勝手に閉じる事はありません。





ニューハイパーバズーカは砲身の伸縮が可能でこちらも筒状のパーツで合わせ目が出ない構造。
細かい部分まで別パーツ化されています。



グリップが可動するので担ぐのも楽ですが、砲身のクリアランスがギリギリなので塗装する方は要調整ですね。




ガトリングもキッチリ開口されていますし各所のフレームが覗くスリットなども精密感を高めています。
ただ色々な部分が長かったりするので干渉する部分も多く、首などはちょっと動かし辛い感じです。



ビームサーベルはクリアブルー成形。
胸部にはLEDを仕込める構造になっており、別売のLEDセットを使う事で簡単にカメラの発光表現が可能です。



トンファー状態
ガトリングからも出るのが面白いですね。



フィンファンネルは一部のパーツがνの流用でした。



付属のスタンドに支柱を加える事で射出状態のディスプレイが可能。
支柱にはクリックがあるので保持力は抜群です。



白は2色使われているのであっさり目のカラーリングですが良い感じに引き締まって見えます。




以上MG Hi-νガンダム VerKa レビューでした。
今回はかなりどっしりとしたスタイリングでキット化され、マッシブでカッコイイHiーνとなっています。
もちろん最新のMGだけあり各所のディテールも高精度で細かいモールドや開口された装甲が密度感を高めてくれます。
VerKaのνから引き継がれたスタンドがあるのでファンネルなども飾りやすく、このサイズだととてもありがたいですね。
プレバン限定でHWSパーツも発売されますし装甲展開ギミックなどもあるので色々と楽しめるアレンジだと思います。

■プレミアムバンダイ MG Hi-νガンダムVerKa用HWSパーツどが受注されています





■MG Hi-ν VerKa(あみあみ)

■TOP