■TOP
■MG 百式Ver.2.0 レビュー



Ver2.0として再びMGでキット化された百式。
価格は7,344円です。



付属品はビームライフル、クレイバズーカ、サーベル刃、クワトロフィギュア、交換カメラアイパーツ、スタンドジョイント
それにバリュートパックジョイントが付属。



ランナーの都合でパイロット一式、バズーカ弾頭パーツ、アンテナパーツが余ります。



付属のシールはカメラやセンサーを補うホイルシールとマーキングシール&転写式のガンダムデカールが付属します。



Ver2.0としてリニューアルされた百式。
完全新規のキットで金色はメッキ仕上げ。
関節の一部は関節プラが使われているABSレスキットとなっています。



キットのメッキはつや消し気味のメッキで淡いゴールドになっています。
高級感もあり極端なギラつきもないのでかなり格好良い色味に感じました。
金色のパーツは大部分がアンダーゲート。サーベルなど一部を除きゲート跡がかなり目立たなくなっているので見栄えも良いです。



スタイルは腰や足などが細身になりスラリとした姿。
ディテールも増えていてバインダー周りなどはより密度が増しています。



頭部アップ。
カメラアイはクリアパーツで上からシールを貼ります。
ダクト類は開口され合わせ目も出ない凝った分割でした。



カメラアイは交換する事で走査線が入ったものやデュアルアイの目パーツもあります。
走査線パーツはノーマル同様クリアパーツの上にシールですが
デュアルアイパーツはクリアパーツで後ろ側にあるデュアルアイが透ける形。
どちらのパーツもモールドがありました。



カメラアイは頭頂部のパーツを外して交換するので簡単に差し替えできます。
立ちポーズのクワトロフィギュアも付属。



コクピットは両脇の金色の装甲を開いてから開閉します。



バックパックはノズルの内側まで別パーツ。
バインダーは複合ジョイントで接続されています。
サーベルラックは上下に可動しサーベルを2本セットできます。



バインダーはジョイントのおかげで自由度が高く、開くような動きも可能。
もちろんバインダー自体も中央部分で曲げられます。



肩はジョイントのせり出しが可能。球体ジョイントなので見栄えも良いです。
腰アーマーは全て独立可動し裏側のフレームパーツも再現されています。



メッキパーツは個体差もあると思いますが自分の物はウェルドライン?のようなものが所々にあり、角度によっては結構目立ちます(左の写真だと肩部分です)
それと上腕など一部のパーツはメッキが薄めになっている所がありややムラも見受けられました。
手首は指の付け根がボールジョイント可動。親指以外の4指の第一関節も可動します。



股関節は軸が上下に動くギミックがあります。



足は膝の装甲が独立しています。
ムーバブルフレームも一部開口されディテールが細かくなっていました。



フレームのシリンダーは可動します。
説明書によると脚部はデルタガンダムの設計案通りの構造なそうで画像のように折りたためるようになっていました。



脹脛のカバーは可動。
足裏などの目立たない所にもディテールがしっかりあります。



可動範囲は柔軟で肩と腰は引き出し可能。
腕も肘の他に前腕部分でも曲がり腰も前後左右にスイングできます。
バインダーの軸もずらせるのでかなり動かしやすいです。



脚部も股関節軸のスイングギミックのおかげで脚も上がりますし
膝も180度近く曲がります。接地性も十分でした。



バックパックにはライフルとバズーカを取り付けできます。



人差し指の付け根はトリモチランチャーが別パーツで再現されています。




ビームライフルは複雑な分割で合わせ目も出ませんし色分けも完璧。




武器類は武器と手双方にあるピンで接続するので安定した保持が可能です。





クレイバズーカはマガジンが取り外し可能。
中の弾頭も造形されています。



MGでパーツは多めですが特に外れやすい所もなくメッキキットですがつや消しメッキなので指紋なども気になりません。




ビームサーベルはイエローのクリアパーツ。
2本付属していてこちらもピンがあり手からポロリする事はありません。



MG百式は積んでしまっているので以前組んだMk-IIのVer2.0と
同じ2.0でも頭身は結構違う印象があります。



ジョイントパーツを使えば百式&バリュートパックセットやプレミアムバンダイで受注されているバリュートパックを装備できます。
こちらは百式&バリュートパックのバリュート。
一部ジョイントを交換する必要があるので接着しているような場合交換は厄介かも。




以上MG 百式Ver2.0 レビューでした。
自分の物はややメッキにムラがある所がありましたが色味自体は落ち着いた上品なメッキで凄く格好良い色だと思います。
可動範囲も凝った構造で肩の引き出しや前腕の可動などより動くように工夫されていました。
各所の開口され中のフレームや銀のパーツが覗く装甲やより複雑なディテールが加えられたバインダーなども見応えあります。
もちろん金色のパーツの大半はアンダーゲートになっていますしMGならではの凝った分割で合わせ目も出ないのでそのまま組んでも見栄えの良い出来でした。

■MG百式用メガバズーカランチャーなどが受注されています




■TOP