■TOP
■MG メガ・バズーカ・ランチャー レビュー



MG百式に対応するメガバズーカランチャーがプレミアムバンダイで受注されました。
価格は3,024円です。



付属品はメガバズーカランチャーを支えるスタンドパーツが付属。
アクションベース1に追加パーツを取り付けたものです。
成形色はブラックスモーククリア。



パイプパーツは1コマ1コマ繋げていく方式。
余剰パーツがあるので数個無くしても平気です。



付属のシールはセンサーなどを補うホイルシールと水転写デカールが付属。
水転写デカールは百式Ver2.0本体も補えるので水転写デカールが欲しかった人にも嬉しい仕様です。



MGサイズで完全新規でキット化されたメガ・バズーカ・ランチャー。
1/100サイズなのでかなりの大きさがありますが
パーツは意外とシンプルで本体のランナーは4枚。部品数が手頃なのでサクサク組み立てられます。




付属のスタンドがあれば収納形態でも飾っておけます。
MG化されるにあたり適度にディテールも加えられ、百式2.0に合う物になっていました。



ノズル部分は別パーツで再現。
モールドも複雑です。



センサーパーツはジュエルシールで再現。綺麗に光り目立つパーツになっています。
パーツが分割されている所は段落ちモールドになっていたりして合わせ目が出ないように工夫されています。



色分けは大体再現されていましたが、砲身横にある赤い丸モールドはシールまたは塗装で補います。
砲口パーツなどは筒状のパーツで合わせ目が出ません。



この前発売された百式と。
1/100で百式を超える長さなのでかなり大きいです。




百式にグリップを握らせる事で高速移動シーンを再現。
この状態で飾るにはアクションベース1がもう1つ必要です。



変形は差し替えなしの完全変形です。
まずはセンサー部分を起こして伸ばし、ステップアームも伸ばします。



グリップ部分を下げたら2つに割り回転させてグリップを引き出します。



胸当てのアームを伸ばしセンサー部分を曲げて固定。
このセンサーは色分けされておらずシールで再現します。できれば別パーツにして欲しかったですね。



そして砲身を伸ばして完成。
パイプはBJで可動するので動きに追従します。



スタンドは専用の保持アームがあります。
ベースの追加部分はステップをぴったりはめ込めるようになっていました。



グリップには溝があるのでここに百式の手首ピンを差し込み固定します。




スタンドで固定できるのでこちらの形態でも単体でディスプレイが可能になっていました。




百式と組み合わせて。
持たせる時は一度手首だけグリップに取り付けてから百式に取り付けると楽です。
手首以外に固定できる所はないのですがピンでしっかり接続されるのでストレスなく構えられます。



ただ構造上スライドする所が多いので塗装には気を使いそうです。



スタンドを使えば一応空中に浮かせた状態でのディスプレイも可能でした。




元々巨大な武装ですが実サイズが27.5センチほどあるので場所は取りますが
ディテールも適度に入っていますし百式と組み合わせるとかなり格好良いです。



ステップアームは伸縮可能ですし手首のみで持たせる方式なので百式以外のMSとも組み合わせる事が可能です。



以上MG メガ・バズーカ・ランチャー レビューでした。
受注とはいえMGサイズのメガバズーカランチャーがリリースされたのは嬉しいです。
ディテールも適度に追加されていて完全変形しますし目立つセンサーもジュエルシールで綺麗に再現されていました。
一部シールに頼る所はありますが分割も合わせ目が目立たないよう配慮されています。
後は本体にも使える水転写デカールがあるのも地味に嬉しい付属品だと思います。

■プレミアムバンダイ HGUCジムII セミストライカーなどが受注されています




■TOP