■TOP
■MG 戦国アストレイ頑駄無 レビュー
 



HGに続きMGでもキット化された戦国アストレイ。
価格は5,250円です。



付属品はストライク用ジョイント、スタンドジョイント、ニルス立ちポーズフィギュアが付属。



シールはクリアパーツの裏側に貼るホイルシールとマーキングシールが付属。
今回もドライデカールはありませんでした。



MGアストレイをベースに立体化された戦国アストレイ。
こちらもHG同様アストレイシリーズのリデコキットになっています。
膝や肩に装着された戦国鎧はクリアパーツが使われ、HGより存在感が増しています。



プロポーションはスマートなMGアストレイに戦国鎧が付いたのでメリハリのあるプロポーションになっています。
色分けはMGだけありほぼ完璧。ホイルシールで胸の赤を補う以外は全てパーツ分けで配色を再現しています。



バストアップ。ベースがMGアストレイなのでディテールがビッシリ入っていて密度感のあるキットです。
合わせ目はほぼ無いものの、膝上のパーツは左右貼り合わせなのでそこだけ目立つ感じでした。



頭部アップ。1/100だけあって精悍な顔つきです。
ダクトや面頬まで立体感ある仕上がりで金色部分も別パーツ化されています。



コクピット開閉ギミック
パイロットはビルドストライクだと流用でしたが今回はニルスが新規造形されています。



背面の鬼の盾は目がクリアパーツで口の開閉が可能なMGならではの凝った作り。



巨大なバーニアのノズルも別パーツ化されています。
肩アーマーは分割されていて下側が跳ね上がるように可動します。
各所の円形モールドはHGと違い全てクリアパーツ。内部に貼るホイルシールも付属していますが
一度はめ込むと取り外しが面倒そうなので塗装のためにバラす予定のある方は仮組み状態でははめ込まない方がいいかも。



肩の隠し腕は鎧接続部が回転、さらにボールジョイントで繋がっているので柔軟に可動するようになりました。



さらに拳部分が伸縮しここも可動するようになります。



脚部は装甲スライドギミックあり。



足も新規設計でつま先が可動します。
足裏もびっしりモールドが入ってますね。




サムライソードは鍔なども別パーツ化されていました。
柄は左右貼り合わせなので合わせ目が出ます。



刀はメッキされているので綺麗な光沢があります。
MGなので刃も十分シャープ。




可動範囲はアストレイがベースなのでほぼ変わりませんが肩と頭部のアンテナが干渉しやすいです。
破損防止のためかアンテナもちょっと抜けやすい感じでした。



スタンドはT字型のジョイントを股関節に取り付けるいつもと同じタイプ。
アクションベース1に対応しています。



HGと比べるとディテールの細かさが段違いなのはもちろんですが
足や腕が細めなのでよりメリハリのあるプロポーションになっていました。




隠し腕の関節は柔らかめのプラが使われているので保持力は十分。
自由度もかなり上がっていてBJのおかげで微妙な捻りなども加えられます。



MGアストレイは武装によっては肩が緩めだったりするんですけど武器は刀しかないので保持力不足は特に感じません。
新規パーツは本体に負けないディテールがあり裏側にもしっかりモールドがありました。




付属するジョイントを使えばビルドストライクに鬼の盾を装着できます。



鬼の盾は角がよりシャープになり裏側の肉抜きもありません。
持ち手に対応するダボがグリップにあるので保持も問題なしです。



手首がMGフォーマットの可動手しかないので粒子発剄の再現はイマイチ。
固定形状の手首でもあれば良かったですね。




以上MG 戦国アストレイ頑駄無 レビューでした。
ビルドストライク同様リデコキットではありますが、
MGアストレイ自体かなり細かいキットなのでパーツのシャープさやディテール量はHGを大きく上回っています。
特に円形のモールドが全てクリアパーツ化されているのは素晴らしいですね。
元が細身でスラリとしたアレンジがストライクと同じ方向性なのでビルドストライクと並べてもしっくりくる感じです。
武装はシンプルですが隠し腕があり可動範囲も広く、ビルドストライクとパック交換なども可能な遊べるキットでした。

■プレミアムバンダイ (HGUCジェガンD型が受注されています)




■MG 戦国アストレイ(あみあみ)


楽天市場
■TOP