■TOP
■MG トールギス レビュー
 



MGにトールギスが登場。
表記は最近出たWシリーズ同様EW版となっています。
価格は3,990円。



シール類はコーションマーク中心ですが一部の黄色部分等を補うホイルシールが付属します。



付属品はサーベル刃2本、ゼクスフィギュア、スタンドジョイント
手首パーツが付属します。



5機のガンダムとエピオンが揃った後はトールギスがキット化。
分厚い装甲に覆われた機体という設定を見事再現した力強いスタイルです。
肩や腰回りのボリュームもちょうど良く上手にまとめられていると思います。



キットはオーソドックスなポリキャップとABSが使われています。
最近だと粘りのあるプラが使われる事が多かったのですが今回はナシ。
色分けは細かい黄色部分までほぼ再現されていますがスーパーバーニアの小羽の黄色はシールで補う必要があります。




ドーバーガンとシールドを装備。
両方とも複数の可動ポイントがあるアームで肩と接続されます。



バストアップ。
MGだけあり合わせ目がほぼ出ないようになっています。
本体にはありませんがドーバーガンの砲身は一部合わせ目処理する必要アリ。



頭部アップ。
鶏冠が面白い頭部です。
カメラ部分はクリアパーツがつかわれていて、フェイスの取り付け位置は2箇所あり、好みで選択可能。
こちらは奥まった方に取り付けた場合です。



肩の懸架モジュールはカバーが開閉可能。
肩装甲の断面も厚みを感じる作りになっています。



コクピットハッチは開閉可能。
同サイズのゼクスフィギュアも付属。



カメラは設定通りリーオー風のセンサーを再現。
肘は装甲がバラけるように曲がります。



サイドスラスターは大腿部と接続されています。
肩のスーパーバーニアはアームを介して接続されています。




スーパーバーニアは連動して開くようになっています。
内側のバーニアがちょっと途切れているように見えるので何かでディテールアップしたい所ですね。



腰のバーニアも展開します。



膝部分も肘と同じように装甲が連動。
一部の装甲は微妙に隙間が開いていて中のフレームが覗くような作りになっています。



可動範囲は良好で大きな肩ブロックながら引き出し関節が仕込まれているので柔軟に動きます。
腰はBJ接続で肘も干渉するまで曲がります。



足はサイドアーマーが大腿部に接続されているのですが画像のように折り曲がるので邪魔になる事はありません。
大腿部のボリュームが凄いのですが足も十分上がりますね。



付属武器のドーバーガン。
合わせ目は砲身に下部に出ますが根本部分はカバーをかぶせるような構造で合わせ目が出ないよう配慮されています。



オリジナルのスコープは取り外し可能。
砲身はスプリングギミックがありブローバックギミックを楽しむ事が出来ます。



シールドは裏面のディテールも細かく、サーベルも収納可能です。



スタンドジョイントを差し込めばアクションベース1に接続できます。
よくあるタイプのスタンドですが保持力は十分でした。



スーパーバーニア展開。
アームの自由度が高いので腕の可動に干渉し難くなっています。
かなり動かしやすくなっているのが良いですね。




ドーバーガンは肩と接続されるぶんちょっと窮屈な感じはありますが問題なくグリップを握れます。
手首は最近のMGによくある親指意外の指を差し替えるタイプ。




フォアグリップが可動するので一応両手持ちも行けます。



ビームサーベルは緩いカーブがついたタイプ。



サーベルはダボ穴があり手首とガッチリ接続されますがちょっと肉抜きっぽく見えて気になる感じもあります。
気になる場合は手首のピンを切って穴を埋めても良さそう。




以上MG トールギス レビューでした。
フォルムが重量感を感じさせる力強いフォルムでとても格好良くまとまっていると思います。
パーツ分けも細かく各所にある縁取りのような黄色もしっかりパーツ単位で色分けされるなどMGらしい凝った仕上がり。
今回はさらに厚い装甲を感じさせるディテールやパーツの見せ方が秀逸で、MGの大きさを生かしたキットになっていると感じました。
各所の連動ギミックも面白いものでしたし予想以上に楽しめるキットになっていました。
■プレミアムバンダイ (MG トールギスIIが受注されています)

■MG トールギス(あみあみ 30%off)


■楽天で探す場合はコチラ
■TOP