■TOP
■PBM! 仮面ライダーディケイド 激情態 レビュー
 


メディコムプレミアムクラブで受注されたディケイド激情態。
価格は19,950円です。



付属品はライドブッカー3種、ギガント、ディケイドライバー差し替えパーツ、手首オプションが7種。
あとはいつものスタンドも付属しています。



アタックライドカードは6枚付属。ちょっと印刷が荒い感じがするかな。



MOVIE大戦2010に登場したディケイド激情態がPBMで立体化。
今回は以前発売されたディケイドをベースに頭部やギガントなどが新規造形されています。



スーツやアーマー類は光沢のある塗装。
色味も派手でインパクトある姿ですね。
スタイルも申し分なく上半身のボリュームが良い感じです。



バストアップ。ディケイドはデコボコしたアーマーがあり塗装が大変そうですが溝の部分も綺麗に塗られていました。
スーツの質感も相変わらずの素晴らしさでシワの付き方もリアルです。




頭部アップ。
激情態特有のうねったディメンションヴィジョンを忠実に再現。
フチにシルバーのグラデが施されていて抜群の仕上がりです。
額上部分にある紫に変化したシグナルポインターもクリアパーツで再現されていますがちょっと色が濃くて分かり辛いかな。



胸部のアーマーは肩が別パーツ。



腰にはライドブッカーと取り付け可能。
半回転させて取り外すタイプなので勝手に外れる事はありません。ただし開閉が不可能なのは残念。
ここは是非開けるようにして欲しかったですね。
尚いつものようにベルトは取り外し可能です。



ディケイドライバーは中央部分がマグネット接続。
基部パーツを交換すれば開いた状態を再現できます。



脚部はスーツの上からアーマーをかぶせる作りです。
仕上がりは抜群ですけどやや可動に干渉する部分アリ。



可動範囲など。
素体はいつものRAH301改。
肩アーマーは独立していますし腰部分も意外と柔軟に動きます。
ただし肘はアーマーとスーツの兼ね合いもあり90度ほど。



下半身は太もものアーマーのボリュームがあり、干渉するので最近のフォーゼーやブレイド等と比べると若干狭い感じです。



付属のカードを手に持たせる事ができますが、紙製であまり厚みがないカードなので傷みやすいです。



スーツと太ももの干渉で派手なキックポーズはちょっと厳しいですが他は無難にこなします。
ただし足首の保持力が弱めで、靴底に微妙なアールが付けられているのでとにかく不安定。
素立ちさせるにも大変な部分があります。




ライドブッカーガンモード。ディケイドマークもプリントされています。
可動部位はありません。




こちらはソードモード。
先端の塗り分けもビシっと決まっていて気持ちのよい仕上がりです。



持ち手は右のみなのでできれば左手も欲しかったかな。




ディケイドライバーは実際にカードを装填する事が可能。
中央の窓もクリアパーツなので見え辛いですがカードのロゴも透けるようになっています。



ディメンションキック




そして劇中で使用していたギガントまで付属。
1/6ならではの圧倒的なボリュームです。
ミサイルは全て取り外し可能。塗装もなかなか凝っていて細かくシャドーが吹かれているので重みを感じる仕上がりです。




持たせるとこんな感じです。
サイズがサイズなので重く、保持が心配でしたが腕関節はしっかりしてますし持ち手も問題なく、キチンと持たせる事が出来ました。
ただし足首が不安定なのでスタンドなしではかなり怖いです。
上手く立たせても2,3分でコケてしまうので写真を撮るだけでも結構苦労しました。



以上PBM! 仮面ライダーディケイド激情態 レビューでした。
各所の塗装やスタイルは素晴らしく、サイズも大きいのでまるで本物のような出来。
新規造形された頭部も独特のうねりのある複眼を雰囲気バッチリに再現しています。
ドライバーも実際にカードを装填できますし、ギガントはこのサイズで立体化されると見応えあって嬉しいオプションですね。
武器類も充実していますし可動もそこそこなので飾るだけではなく、動かしても楽しめるようにはなっているのですが足首の不安定さだけは残念な所でしょうか。
自分のものは立たせるのも一苦労だったのでもう少し踏ん張りが効く感じだと良かったですね。

■あみあみ


■楽天で探す場合はコチラ
■TOP