■TOP
■ROBOT魂 ブリッツガンダム レビュー
 


ROBOT魂初期GAT-Xシリーズ最後の1機となるブリッツが登場。
価格は4,410円です。



付属品はトリケロス、グレイプニール、グレイプニール差し替えパーツ、サーベル刃、交換手首(平手、持ち手、銃持ち手)が付属。
スタンドはシリーズ共通のデザインでクリアパープル成形になっています。



5機の中で最後発となったブリッツ。
他のシリーズ同様にお腹などが細めに作られたメリハリのあるプロポーションで立体化されています。
他は一般発売でしたがブリッツのみweb受注での販売。



黒い部分はほぼ成形色での再現。
他の赤色などは塗装されている部分が多いです。
モールドも適度に入っていて間延びはあまり感じません。



バストアップ
今回は赤色が2色使われていて胸などの朱色に近い部分はツヤありの塗装になっています。
結構目立つ感じで面白いアクセントになっていると思います。



頭部アップ。
塗り分けは綺麗で不満なしの出来。
目はいつも通りメタリック塗装です。



各所のダクトも綺麗に塗り分けられ、腕にはジョイント穴が開いています。



バックパックは上のスラスターが軽く可動。



股関節は他のSEEDシリーズと同じ作り。
脚のフレームは塗装されています。



可動範囲など。
上半身は胸のボリュームがありますが十分なスイング幅があります。
肩はBJでせり出し幅はそこそこ。



普通に脚を広げるとサイドアーマーが干渉してしまいますが、クランク状の股関節を前に出せば大きく脚を開けるようになります。
接地性も文句なしですね。



膝は二重関節で膝パッドも独立しています。




トリケロスは白いラインなども細かく塗装されています。



グレイプニールの閉じた爪は固定で動きません。



装備させた状態。
自分のものはグレイプニールのジョイントパーツが欠品していました。
仕方ないのでワイヤーがついているジョイントのワイヤーを無理やり引きぬいて使っています。



ギミックがあり、大きさもあるトリケロスですが重さに負ける事なく保持できます。
ですが肩アーマーが動かしていると胴体やトリケロスに干渉し、簡単にポロリしてしまいます。
もう少し外れにくい構造にして欲しかった所。



スタンド穴は股関節後ろにあり、ジョイントを介さず直接差し込みます。
ただ後ろの腰アーマーが固定なのでスタンドのポールが干渉しやすく、ちょっと扱いづらいです。
ココが動けばポーズの幅も広がりますしもったいない感じですね。



今回はちょっと変わったギミックがあり、トリケロスのシールド部分が画像のように開くようになっています。




ビームサーベルはクリア刃で再現。
ただしサーベルを引き抜いたりはできません。



ランサーダートはロックを外す事で取り外しできます。



それぞれ取り外し可能で手に持たせたりして遊べます。




グレイプニールは差し替えで射出状態を再現。
ワイヤーが細いので不安でしたけど保持は十分できる感じです。



先端の可動式タイプの爪。
限界に閉じてコレなんでピッチリと閉じる事はできません。




差し替える事でグワっと開いた状態を再現可能。
ピッタリ閉じられないのがちょっと残念ですけど大きく開けるのは良いですね。



以上ROBOT魂 ブリッツガンダム レビューでした。
腰後ろのアーマーが固定でスタンドが扱い辛かったり肩が取れやすいなど若干の不満はありますが
スタイルのアレンジは他の機体と合わせられカッコイイ物に仕上がっていました。
武装も過不足なく再現され、ランサーダートのロックなどもキッチリしているのでごちゃっとした武器ながらストレスなく遊べます。
SEEDシリーズがどこまで続くのかはわかりませんけど是非このバランスで色々な機体を立体化していって欲しいですね。
■プレミアムバンダイ (6月発送分は4月9日23:00までです)

■あみあみ


■楽天で探す場合はコチラ
■TOP