■TOP
■ROBOT魂 ドラグナー3 レビュー
 



ドラグナー2カスタムに続き立体化されたドラグナー3。
D1.D2と違いこちらはweb受注品となっており価格は5,940円です。



ハンドレールガン、手首オプション(平手、銃持ち手、持ち手)、スタンドジョイント、交換アンテナが付属します。
光子バズーカは他の2機同様省かれています。



電子戦用のMAでレドーム状の頭部が特徴的なドラグナー3.
ROBOT魂版では他の2機同様アレンジが入り小顔で腰が細く、足首の小さいメリハリのある体型で立体化されています。



リフターの翼は折りたたみが可能です。
作りは他のドラグナーシリーズと変わらず白は成形色メイン。青や赤いラインが塗装で再現されていました。
成形色の白はドラグナー1カスタムと違いややグレーが入ったような落ち着いた白です。



バストアップ。塗装精度は相変わらず良くラインの塗り分けも綺麗です。




レドーム状の特徴的な頭部は正面のセンサー類にクリアパーツが使われています。
交換アンテナもありますがどちらも硬質パーツでした。



レドームの外側は360度回転します。



胸部のセンサー類もクリアパーツが使われていて良い質感です。



前腕は結構ボリュームが有ります。
肩アーマーは側面のパーツなどが分割されていて動かしやすくなっています。



リフターの翼にはミサイルを装備。
ただし取り外しはできません。



背面のバーニアは展開します。



装甲がない大腿部はカバーのようなパーツが取り付けられ太めにアレンジされていました。



足の大きさなどは他の2機と同じバランス。
アサルトナイフはふくらはぎにセットできます。




翼を展開して。
スタンドジョイントはいつも通り股関節に取り付けますがちょっと外れやすいのも変わらず。



頭部を一度取り外す必要がありますがリフターは簡単に着脱できます。



ハンドレールガンは成形色で再現。持ち手は左右分あります。




スコープが可動しマガジンが取り外し可能になっていました。




可動範囲は関節が共通なので概ね変わらないものの、頭部がレドームになっているのでやや干渉します。



武装はシンプルですが特徴的な頭部レドームの外側が回転できたりしますし他の2機にはない魅力があります。




これで3機揃いました。統一されたアレンジなので並べても良いですしドラグナー2がリリースされてすぐ3も出たのが嬉しいです。



以上ROBOT魂 ドラグナー3 レビューでした。
基本的な作りは他の2機と変わりませんので可動範囲や扱いやすさも文句なしです。
武装は一番シンプルなのですがレドームやリフターの可動ギミックがあるのでそれほど寂しい感じはしません。
特徴的な胸のセンサーや頭部の大きいセンサーはクリアパーツが使われていて質感は良いですし
アレンジももちろん統一されているので3機並べるとかなり格好良く感じる物になっていました。

■プレミアムバンダイ (7月発送分は20日23:00で締切です)




■TOP