■TOP
■SDBF 紅武者アメイジング レビュー



SDBFでキット化された紅武者アメイジング
価格は1,080円です。



付属のシールや肩や頭部の黄色を補うシールや刀などのシルバーを補うシール
目線は4種類のうち2種類の選択式です。
今回は正面と左目線を貼っています。




鎧パーツは取り外し可能で軽装状態にする事も可能です。
足裏の他、脚部の後ろも1パーツのため後ろから見ると肉抜きが目立ちます。



目線パーツはお馴染みの方式で反転させて目線を変える構造。
レジェンド武者のカブトなども取付可能でした。



レディ・カワグチの紅武者をベースにしたガンプラ、紅武者アメイジングがSDBFでキット化。
作りはレジェンドBBなどと同じタイプで膝以外の主要な関節は可動するようになっています。



キットは小さなランナーも含め5枚(ポリキャップ除く)
一部のパーツにはスモークのクリアパーツが使われています。
赤色は2色ありますが武者系のデザインのため色分けは厳しく、完璧に再現したい場合シールを使っても結構な部分を塗装する必要があります。



頭部アップ。
アンテナが苦無になっているデザインで造形も格好良いと思います。
額の三角モールドや側頭部のダクトなど一部はシールが付属しますが
金の縁取りや炎のモールドは塗装の必要があります。



胴体はダクトやフロントアーマー&肩の一部を補うホイルシールがありますが炎の模様や金の鋲モールドなどの一部は塗装で補う形になります。
腕に取り付けられているのは炎輪甲(ホイールアーマー)
1パーツなのでタイヤ部分は塗装が必要です。接続は3mm軸。



腰には名刀・紅葵が装備されています。



髪の毛は1パーツでボリュームのある形を再現。裏から見るとスカスカですがその分軽いです。
根元のBJで可動します。



脚部はBJで可動。脚部もおおまかに色分けはされていますが膝やシリンダーなどは塗装する必要ありです。
足裏は肉抜きもありますがディテールも作られています。
スタンドを使う場合股関節部分に接続します。



炎輪甲は腕に接続しますが逃がせる構造ではないので動かしているとちょっと干渉気味。



頭部の苦無は取り外して手持ち武器として使う事も出来ます。
刀身は銀シールもありますが本来はマルイチモールド部分も銀色なのできっちり再現したい方は塗装が必要です。



可動範囲はレジェンドBBなどとほぼ同等。
炎輪甲は気になりますが髪の毛は思ったほど干渉せず動きも付けられます。




頭部はバイザーパーツが付属。
クリアパーツで再現されています。



名刀・紅葵は腰の鞘から引き抜けます。
こちらも1パーツで細かい配色は再現されていませんが刀身部分に貼る銀シールがあります。



髪の毛がかなり大きいのですが軽いので広げても首が重さに負ける事はありませんでした。



バックパックに装備されているハイパー大筒
接続は3mm軸でスイングできます。




砲口は反転する事により西洋新式連発銃モード(ガトリング砲)にすることも。
バックパックの軸は両側にあるので左側に装備も出来ました。



ハイパー大筒は鎧や炎輪甲と合体ギミックがあり
画像のパーツを本体から分離させ組み合わせます。



合体させる事で武者クロスカノンに



砲台状の大きな武器になりますがグリップなどはなし。
本体は添えるだけです。



タイヤパーツと肩アーマーの4点で接地するので単体で自立可能。
一部頭部のパーツを取り外す必要がありますが組み替え自体はスムーズに行えます。



レジェンド武者&SDBFのスターウイニングと。
足や炎輪甲が大きいので実際手に取るとボリュームが結構あります。




以上SDBF 紅武者アメイジング レビューでした。
同じSDBFのスターウイニングやスナイバルほどの派手なギミックはありませんが
髪の毛や武装のボリュームがありシンプルながら大筒のガトリング化&組み替えギミックなど遊べるギミックもしっかり搭載されています。
後はバイザーパーツで結構イメージが変わるのも面白いですね。
ただ複雑な配色の機体のため色がたいぶ足りませんし、炎輪甲や脚部の後ろ側など派手な肉抜きもあるので
そういった所を埋めつつきちっと配色を再現したいという場合手間がかかりそうなキットです。

■プレミアムバンダイ MG ジェスタキャノンなどが受注されています



■SDBF 紅武者アメイジング(あみあみ)
■TOP