■TOP
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーカブト 真骨彫版 レビュー
 



初期にSHF化されたカブトですが骨格から造形を行う真骨彫製法という製法でフルリニューアルされました。
それに合わせパッケージも変更。高級感ある箱ですが外側から塗りをチェックしたりする事は不可能になっています。
価格は5,040円と初期のカブトと比べると2倍近い値上がりです。



付属品はカブトクナイガン2モードと交換手首のみです。




オプション手首は4種あり持ち手と平手が左右分付属します。
手首は収納パーツに取り付けておく事が可能で紛失し難くなっています。



全て新規造形でリニューアルされたカブト。
前のカブトは初期のアーツだったのでかなり細身でしたが
今回は頭身バランスや手足の太さも自然で人間らしいプロポーションになっていてかなりカッコイイです。



ボディアーマーの塗装はメタリックレッド。
テカテカで美しい艶があります。
前作のカブトは足首や脚のプレートなどにダイキャストが多用されていましたが今回は使われていません。



バストアップ。
塗り分けの精度も高くメタリック塗装が美しいです。
スミ入れもされているので締まって見えますね。



頭部アップ
造形は勿論ですが複眼モールドの細かさも段違いで出来が良いです。



ボディーアーマーは黒い部分のミゾのようなディテールもクッキリ造形され
スミ入れも入っています。



手首はfigmaのようなスイング軸のある棒軸タイプになりました。
内側のレッド部分まで塗装されていて、棒軸ですが引っ掛かりがありカチっとはまるので簡単には抜けません。



ゼクターのホーンは可動式になりました。



脚のプレートは以前は別パーツ化されていましたが今回は一体成型。
足首は3軸ジョイントでつま先も可動します。



足裏も丁寧に塗り分けられていました。



肩アーマーは裏側にヒンジが組み込まれていて見た目が自然な上に可動の妨げにならないようになっています。
ボディアーマーは胸とお腹部分がそれぞれ分割され、可動するようになっていて腰や肩の干渉をある程度逃がせるような作りになっています。



可動範囲など
腰はBJの他にくの字型の可動軸があり、深く曲げられるようになっています。
肩や腰も十分動き見た目と可動範囲が両立されています。



下半身は股関節軸のスイングギミックはありませんがそれでも最新のSHF並には動きます。
足首の接地はべったりとまではいきませんが普通に遊ぶ分には十分な感じでした。




クロックアップ
腕や脚は単純な筒状ではなく、複雑なラインで造形されていました。



手首は今までのBJタイプと比べると腕との一体感はありますが、
軸は見えてしまいますし上下にスイングする事ができないのでココはいつも通りの作りでも良かったかも。





カブトクナイガンガンモード
どちらの持ち方にも対応できトリガーに指がかかる持ち手も付属しています。






クナイモードももちろん付属します。
関節の固さはどこも扱いやすい感じでストレスなく遊べます。
持ち手もしっかり合っていますし動かすのが楽しい出来です。



右手には天を指差すポーズ用の手首も付属。
この辺もしっかりフォローされていました。




旧カブトと並べて
全体的に太く自然なプロポーションになり塗装もスミ入れが入り塗り分けも細かく凝ったものになっています。



ホーンが可動するのでライダーキック直前の動作も再現できるようになりました。





ライダーキック
脚を大きく広げたキックポーズでも股関節の隙間が気にならずこの辺にもこだわりを感じる作りです。



以上SHフィギュアーツ 仮面ライダーカブト 真骨彫版 レビューでした。
価格は倍近いものになってしまいましたがプロポーションや塗装は素晴らしく
手足の細かい部分まで塗り分けられ、より自然でカッコイイプロポーションで造形され前のカブトと並べるとかなりの進化を感じます。
肩アーマーのヒンジを見えない部分に配置したり股関節の隙間が目立たない作りだったりと、可動する部分の見た目にも細かい配慮があるのが良いですね。
次の真骨彫は響鬼らしいのでどんな仕上がりになるのか今から楽しみです。
■プレミアムバンダイ コンプリート セレクション モディフィケーション カブトゼクター等が受注されています



■SHF 仮面ライダーカブト ライダーフォーム(あみあみ)

楽天市場
■TOP