■TOP
■1/100 ガンダムキマリス(ブースター装備) レビュー



バルバトス第6形態と同時に発売されたキマリス。
価格は3,240円ですが箱は大きめのMGによくあるサイズでした。



付属品は高機動ブースター、グングニール、コンバットナイフ、持ち手、軸が太い持ち手パーツが付属します。



一部バルバトスと共通のパーツが使われているためフレームのパーツが余剰となります。



シールは最低限でフレームに貼るシールを除けば後頭部のセンサーとダクトやスラスターの奥に貼るシールのみです。



まずはガンダムフレーム。
フレームはガンダムフレーム1のランナーが使われていてほとんどバルバトスと共通パーツです。




頭部や足のフレームなど一部は新規造形。
これまで通りツインアイは別パーツ化されています。



装甲を取り付けた姿。
キマリスらしい重装甲はそのままに1/100ならではのディテールが各所に追加されています。
バルバトス同様持ち手兼握り手の他平手も付属。



色分けはHGよりだいぶ進化していて肩の三角モールドなども別パーツで再現。
ダクトなどの奥はシールですがほとんどの配色が成形色で再現されているので
部分塗装するにしても細かいモールドのグレーや黒を補うぐらいで良さそうです。



バストアップ。
全身にはびっしりとモールドが加えられサイズが大きくなったにも関わらず密度は増している感じです。



頭部アップ。
ツインアイは別パーツ。前後分割なので合わせ目があります。
バルカン部分も奥まっていますが銃口のモールドもきっちりありました。



胸部の装甲は上手な分割で合わせ目がモールドに組み込まれています。



バックパックは取り外し可能。ブースターを取り付ける際は外してから取り付けます。



肩はスラッシュディスクのギミックが再現されています。



フレームはバルバトスと共通なのですが、装甲のボリュームがありバルバトスのように分割されていないので
肩アーマーフレームの回転が制限されてしまいます。



肩アーマーは前後分割。
合わせ目がでますが横の装甲が可動します。



肩アーマーは互換性がありました。
ただ物によっては胸に干渉気味だったりします。



腕部は前腕に合わせ目が出ますがモールドは精密です。



腰アーマーは全て独立可動。



リアアーマーはコンバットナイフを取り付けるジョイントが差し替え無しで展開。



フロントアーマーにはありませんでしたがサイド&リアアーマー裏には裏打ちパーツがあります。



ボリュームのある脚部。太腿の横に合わせ目が出ます。
こちらもやはりモールドが沢山追加されています。



足裏は肉抜きなし。つま先が可動します。



可動範囲など。
バルバトスと同じフレームを使っているのですが、肩アーマーフレームの回転が制限されているためあまり腕を上げられなくなっています。
肩の前後スイングもほとんどできません。



これ以上上に上げると肩アーマーは上からかぶせる構造のためスッポ抜けてしまい
動かしていると結構気になります。



下半身はカカトの装甲が干渉するのでバルバトスより接地が悪くなっていますが普通に立たせる分には十分ですし気になりません。
股関節や膝は十分曲がります。





付属武器のグングニール。
ピンは二箇所にあり手首と接続できます。
HGでも長かったですが1/100もとんでもない長さです。



今回持ち手が2種類あり、軸が太く腕にしっかりはまるものが付属しています。
こちらを使う事で手首のBJがランスの重さに負けないようになっていました。




明るい紫部分も色分けされていますが作りはモナカなので合わせ目が出ます。
スタンドは違うものを使っていますが、アクションベース1とアクションベース1に付属するコの字型のジョイントに対応しています。



肩のスラッシュディスクは別パーツ化されていました。
肩の内部に収納できます。





コンバットナイフは腰に取り付けられる他差し替え無しで展開します。



ただ刃の塗り分けはさすがにないので塗装の必要があります。




脚部ブースターの展開ギミック。
差し替え無しで大きく展開し、バーニアが可動します。




つま先もたためるのでブースターを使った突撃が再現できます。



そしてバックパックを換装。高機動ブースターを取り付けた姿です。
HGではオプションセットとして別売されていましたがこちらはキットに付属しています。




ブースターは中央部分で折れ曲がるように可動するほか、基部がBJになっています。



先端の紫色も別パーツ化され成形色で再現されています。



ブースターはモナカで合わせ目がありますが変に小さくなる事もなく見栄えがする大きさです。



ブースターとランスもですが、脚にもギミックが詰まっているため全体的に重さがあり関節がちょっと負けてくる印象があります。
手首は付属の手首でしっかり保持できますが触っていると腕のロール軸などが重さに負けるようになりました。




グリップに余裕があるので両手持ち自体は楽にできますが
肩に制限があるので腕を大きく上げたポーズは厳しいです。




脚部ブースターを展開すると後ろ姿の迫力が凄いことに。




バルバトスと。
キマリスを触った後にバルバトスを触ると結構軽く感じます。




HGと比べて。
左が1/100 右がHGです。
色分けがよくなりましたがモールドもかなり増えていました。



以上1/100 ガンダムキマリス レビューでした。
今回も他の鉄血1/100キット同様多数のモールドが追加され
サイズは大きくなっているものの密度感がぐっと増したキットになっていました。
色分けもほとんど成形色でフォローされていますし肉抜きなども最小限です。
また内容も充実していて、各種武装の他に高機動ブースターがセットされているのが嬉しいです。
フレームはバルバトスとほとんど共通なものの、デザインのせいか肩まわりが窮屈で触っていると重さに負けてくる所もありました。
一応手首パーツなどは重さに負けないパーツが用意されていますが腕のロール軸などはややきつめに調整した方が遊びやすいと思います。

■プレミアムバンダイ  ROBOT魂 KaSignature フルアーマーガンダムMk-IIなどが受注されています icon

(amazon)



楽天市場
■TOP