■TOP
■1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプス レビュー



1/100でも色々発売されてきた鉄血のオルフェンズシリーズですが
二期では1/100フルメカニクスという名称になりました。
ナンバリングも01からになっています。
価格は3,240円です。



付属品はソードメイス、腕部200mm砲、握り手兼持ち手、バックパック用ジョイント&アームが付属。



シールはフレームに貼る金のシールと肩アーマーの黄色、膝部分とブースターのダクトを補うシールが付属。



またガンダムフレーム1が使われているのでいくつか余剰があります。



ガンダムフレーム。
こちらは以前から使われているガンダムフレーム1がベースとなっていて一部新規パーツが組み込まれています。
流用フレームをベースに一部新規というHGと同じような形になっていました。



前腕を伸ばすためのパーツや脚部などに新規パーツが使われています。



装甲を取り付けた姿。
1/100でもキット化されたバルバトスルプス。大きく変わった装甲のデザインや前腕が長くなったプロポーションなどもしっかり再現されています。
またフルメカニクスという事でモールドも多めに追加されていて、
元々ディテールが追加される事が多かった1/100ですがさらに密度感の増したキットになっています。



色分けもHGからさらに細かくなっていてバックパックの両サイドやブースター、膝に足首などもしっかり別パーツ化され
HGではパーツ分割で再現されていなかった所も再現されていました。
塗装が必要なのはバックパックの中央部分や足裏、細かいダクトぐらいだと思います。



両腕に200mm砲、背中にソードメイスを取り付けた姿。
取り付け方法はHGと同じで差し込むだけです。



頭部アップ。
今回もツインアイまで別パーツで再現。
正面からだと目立ちませんがヘルメットは左右分割で合わせ目が出ます。



胸部も装甲にモールドが多数追加されています。



肩アーマーの鉄華団マークももちろん再現。
また赤い部分も独立可動します。
肩アーマーにある黄色はシールでした。



腕部は細かい分割で合わせ目がでない作りになっていました。



ただ手首は流用なので鋭く尖った指先は再現されず。
できれば新規パーツが欲しかったです。
ガンダムフレーム1なので肩やバックパックは互換性あり。



バックパックはノズル部分が可動。



また差し替えでアーム展開を再現。
アームの自由度も高く良く動きます。



腰アーマーの黄色も色分けを再現。
ブースターの青色もフォローされていました。
ブースターは基部で回転できますがモナカなので合わせ目が出ます。



ブースターはディテールの真ん中をあわせ目が通っているので消すのはちょっと面倒そう。
股関節軸はスイング可能です。



膝の黄色い部分などもより複雑なディテールに。
モールドも追加されていますが脹脛部分の色分けも再現されています。



足首も細かい分割で色分けを再現。
またつま先の装甲裏にもディテールがあったりして凝っています。



脚部はフレームの目立たない部分ぐらいしか合わせ目が出ません。
また足裏の肉抜きも最小限で埋めるのは楽そうです。




可動範囲はガンダムフレーム1なので他のバルバトスとあまり変わらない感じですが
肩アーマーの可動で干渉を逃がせますし首も良く動きます。
ただ肩の前後スイングは控えめで腰もシリンダーのパーツが腰アーマーの装甲に干渉するのでやや制限されます。



下半身は接地も良いですし膝なども十分曲がります。
ブースターも普通にポーズを付ける分にはそれほど邪魔にはなりませんでした。





1/100(左側)とHG(右側)で比較。
ディテールが増えているのはもちろん合わせ目も目立たなくなり色の抜けもだいぶ少なくなっています。





腕部200mm砲ですが回転できる他に
砲身がスライドするようになっていました。




砲身部分はモナカで合わせ目が出るのですが、パーツ分割が細かくなっているのでHGよりは合わせ目が目立ちません。





ソードメイスは左右2パーツのモナカなのでこちらも合わせ目あり。
本体同様ディテールはだいぶ増えています。ただ肉抜きはちょっと目立つ印象も。



保持ピンがあるので手の中でクルクル回ったりする事は無かったです。
片手保持は十分可能ではありましたが、そのうち手首のBJが負けてくるかも。




グリップの長さに余裕があるので両手持ちも楽でした。



最後に他の1/100バルバトスと。
大きさは第6形態と同程度でした。



以上1/100フルメカニクス ガンダムバルバトスルプス レビューでした。
フルメカニクスという名称になりましたがフレームは流用なので作り自体はこれまでの鉄血1/100とそこまで変わらない印象でした。
1/100ならではの細かいパーツ分割によりHGでは再現できなかった部分も別パーツ化されていて配色の再現度はかなりのものです。
ただできれば手首は新規パーツで欲しかったですね。
またディテールの追加もかなり多めになっていて元々ディテールが多めな事が多かった1/100ですがさらに密度感のあるキットになっていました。
大きさのわりに組みやすいのも良いですね。

■プレミアムバンダイ PG ユニコーンガンダム3号機 フェネクスなどが受注されています icon
(amazon)



楽天市場
■TOP