■TOP
■ガンプラエース付録 210mm対物ライフル&パイルバンカーシールド レビュー



ガンダムエース12月号増刊ガンプラエースが発売されましたが
付録としてガンダムアスタロトに対応する210mm対物ライフルとパイルバンカーシールドが付属します。
価格は840円です。



ランナーは1枚で単色成形。シールなどもないシンプルなものです。
ただ色は雑誌の塗装例だと砲身基部の一部がライトグレーに塗られていたりしていましたが
基本的にガンメタ一色っぽいので特に色が足りなくて見栄えがイマイチといった事はないと思います。



キットは対物ライフル、シールドパイルバンカー、ウェポンラッチ、フレキシブルアームを組む事ができます。



こちらはシールドパイルバンカー。
両側に3mm穴があるシールドでパイルバンカーが内蔵されています。




パイル部分は伸縮可能。
グリップの他に腕に取り付けるピンがあります。



アスタロトに取り付ける時はサブナックルを取り外し取り付け。
ピンの穴に差し込むので右腕にはしっかり取り付けできません。



手首の他前腕にも接続するので保持は安定しています。
パイルもストッパーがあるので抜け落ちたりする事もないです。




合わせ目は大部分が段落ちモールドになっていました。




フレキシブルアームを使う事で背面にマウントする事もできます。
フレキシブルアームは3mm軸のジョイントなので様々なパーツに取り付け可能。





ウェポンラッチは2つ付属。
3mm穴に対応していてパイルバンカーシールドなどに取り付け、武装を取り付ける事ができます。
武器やグリップの大きさにもよりますが、1つで2つの武装を取り付ける事もできました。



背面にとりあえず色々つけてみたり。
材質は関節などに使われるプラなので保持力も十分でした。



他の機体に取り付けられるかなと思いましたが
ピンが邪魔になりますし、グリップも丸くクルッと手の中で回ってしまうのである程度加工が必要だと思います。



3mm穴が3つあるのでカスタム性も確保されていました。
画像はガンプラエースで紹介されていたユーゴーの武器と組み合わせた弓状の兵装。



そしてこちらは対物ライフル。
かなりの長さがあるライフルです。



アスタロトの武装と並べて。
長さはデモリッションナイフより少し長いぐらいです。




画像中央あたりにあるピンはアームパーツに接続するピンパーツですが
左右入れ替える事で左側にも装備する事が可能になる作りです。



グリップは固定です。
分割はモナカで合わせ目がでます。
この長さなので消すのは結構手間がかかりそう。



マズルブレーキは別パーツになっていました。
こちらは上下分割です。




アスタロトへの取り付けですがまず腰のブーストアーマーを外し、フレキシブルアームの一部を取り付けそこにライフルを接続します。




アームが派手に動く訳ではないのでちょっと角度が制限される感じはあります。
サブグリップはBJで若干角度の調整が可能。



ピンを反転させて左側に装備。
モノポッドは差し替え無しで可動します。



もちろん様々なキットに持たせる事もできます。





鉄血シリーズ以外の機体でもグリップさえ合えばもちろん取り付け可能。
構造がモナカで軽いため保持の困る事もあまりないと思います。



アスタロトの武装が一気に充実しますし色も合わせられているのでそのままでも違和感はありませんでした。
身長を超える武器が2本もあるとかなりの迫力。



以上ガンプラエース付録 210mm対物ライフル&パイルバンカーシールド レビューでした。
今回は2つの武装にフレキシブルアーム&ウェポンラッチというセットです。
どれも3mmジョイントなので使い回しもしやすく、他のパーツとも組み合わせやすい作りになっていました。
ライフルは長さがあるので派手ですし、パイルバンカーもパイルがしっかり伸縮可能だったりと付録ではありますがしっかりした作りです。
また極端にクセのある形でもないので他の機体にも使いまわしがしやすそうですし、ウェポンラッチなども便利なパーツになっていました。

■プレミアムバンダイ RGダブルオーセブンソードなどが受注されています icon
(amazon)



楽天市場
■TOP