■TOP
■バンダイ1/12 ハン・ソロ ストームトルーパーVer. レビュー




バンダイスター・ウォーズシリーズにストームトルーパーに扮したハン・ソロを再現したキットが登場。
価格は3,240円です。



付属品はヘビーブラスターライフル、ブラスターライフル、ショートレンジコンバットピストル、ベース、ストームトルーパー頭部パーツ
左右持ち手、右握り手、左指さし手が付属します。



デカールはストームトルーパーと同じもので水転写とマーキングシールの2種が付属。



ホルスターを右側に入れ替えるパーツが余剰となります。



今回は顔パーツに塗装済みのパーツが使われています。
こちらはトリアキシャルジェットフィニッシュという技術で正面と左右の3方向からインクジェットプリントされているそうです。



EP4でデス・スターに侵入した際、ハン・ソロがストームトルーパーに扮した姿を再現した本キット。
こちらは以前発売されたストームトルーパーに新規のハン・ソロヘッドパーツを付属させたキットです。
今までのバンダイSWシリーズのキャラクターラインはヨーダを除き、マスクキャラ&ドロイドでしたが
今回初めて役者の顔をそのまま再現しています。
頭部と首以外は以前発売されたストームトルーパーと共通となります。



アーマー類はグロスインジェクションが使われ今までのトルーパー同様ツヤのある仕上がり。
顔は塗装済みパーツですが髪の毛や首は普通のプラパーツで特に塗装はされていませんでした。




頭部アップ。インクジェットプリントされた頭部は陰影も付けられていて非常にリアルに仕上げられています。
細かいシワなどもきちんと造形されていました。
尚表情オプションは付属せずこちらの表情のみとなります。


瞳のハイライトなども細かく印刷されています。
ここまでアップにするとドットが目立ちますが肉眼で見る分にはかなりリアルに感じます。



髪の毛も複数のパーツで構成されていて分割はディテールに沿った分割。



首部分も新規パーツですがこちらは塗装なし。
胴体はストームトルーパーと共通で一部の色分けはシールで補います。



ホルスターはブラスターを収納可能。



腕部もアーマー類はディテールに沿った分割です。




脚部も通常のストームトルーパーと変わりなし。
左右非対称のディテールも再現されグロスインジェクションで美しいツヤがあります。



ベースはシリーズ共通で人型タイプに付属するディテールなどのないシンプルなベースが付属。




腰のパーツを外せば3mm軸のスタンドが使えます。




続いて武装の紹介。まずは一番小型なSE-14r ショートレンジ・コンバット・ピストル
こちらもストームトルーパーと共通のパーツで銃口部分が別パーツになっている2パーツ構成。





E-11ブラスター・ライフル。
こちらも銃口部分などは別パーツですが基部は1パーツで合わせ目の出ない作り。
どれも銃持ち手でしっかり持たせられます。




DLT-19 ヘビー・ブラスターライフル
こちらは大柄な武装で銃口などは別パーツですが左右分割なので一部合わせ目あり。




またストームトルーパーのヘッドパーツも付属するのでマスクを被った状態も再現可能。
こちらは通常のストームトルーパーと共通のパーツなので口のスリットなどがシール再現となります。



首パーツを外せば手に持たせたりしてもそれっぽくなり便利なパーツですね。



指差し手も変わらず付属していました。



表情は1種類のみなのでそのうち表情セットでもキット化されると嬉しいですね。




ベースキットのストームトルーパーやアーツのハン・ソロと。
身長は若干プラモの方が大きめです。
プラモはさすがに髪の毛がプラ地そのままなので軽くウォッシングやスミイレをするとよりリアルになりそうです。



以上バンダイ1/12 ハン・ソロ ストームトルーパーVer. レビューでした。
今までのSWプラキットシリーズは役者の顔を再現した物がなかったのですが、ついに印刷済みフェイスパーツを使う事でキット化されました。
インクジェットプリントによる印刷は陰影や瞳のハイライトなども細かく再現されリアルな出来で驚かされます。
ただ表情は1種類なのでオプションセットか何かで別表情が欲しくなってしまいますね。
首から下は流用なのでこの辺はストームトルーパーと変わらずこちらも完成度の高い作りです。
まずはハン・ソロからでしたがルークの方もキット化されますし、これを機に色々な役者のキットをリリースしていって欲しいですね。

■プレミアムバンダイ HGUC イフリートなどが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■レビュー一覧はこちら
■TOP