■TOP
■EXモデル ヒルドルブ レビュー
 


EXモデルで発売されたヒルドルブ。
少し前に再販されたのを購入し積んでいたものを組んでみました。
価格は7,344円で2007年発売のキットとなります。



付属品はモビル形態用差し替えパーツ、フィギュア5体
銃持ち手左右分、左握り手、ザクマシンガンが付属。



デカールは水転写デカール。
ヒルドルブ本体の他に、HGUCザクを劇中で対決したセモベンテ隊仕様にできるデカールも付属します。





機動戦士ガンダム MS IGLOOに登場するモビルタンク ヒルドルブ。
こちらはEXモデルでキット化されていてスケールは1/144。
フィギュアの一部は接着が必要ですが基本的には接着剤不要でサクサク組み立てる事ができます。




キットは差し替えで変形が可能でこちらはタンク形態。
車高が低く長大な30サンチ砲が目を引きます。
キットのボリュームもなかなかのもので車体の長さは25センチほど。
1/144サイズとは思えない巨大さです。




履帯は6つに分かれています。
配色はリアパネルの一部など細かい所の塗装は必要ですが大部分の配色は成形色で再現されていました。
履帯はゴムパーツのベルトで組みやすい作りです。




モノアイ部分の上にある主砲の30サンチ砲。
上下にスイングが可能です。



モノアイ部分は開き具合を調整する事が可能でモノアイはクリアパーツ。
砲身は先端は筒状のパーツですが基本モナカで合わせ目のでる作りでした。



転輪は現実の戦車のような作りでナットのディテールなどもシャープ。
履帯はベルト式ですが転輪の一部にはめ込むような作りなので可動はしません。



スイングアームはボディと一体成型なので高さなども揃っています。
後ろ側の4本の履帯はくの字に曲がっているのが特徴的。



リアパネルはフックのようなディテールなど一部が別パーツになっています。


各所のディテールはメリハリのある作りでエッジもシャープ。



機体右後方にはマシンガンが固定されています。
左後方にあるクレーンもしくはウインチ?のようなパーツは一部にゴムパーツが使われています。



サイドスカートと30サンチ砲基部にはスモークディスチャージャー。



サイドスカートなども大きめのパーツで一体成型されていますが反りなどもなくディテールもくっきりしていました。




車高が低く30サンチ砲もかなりの大きさでこの形態でも迫力あります。




フィギュアは3種5体入りで手を上げているフィギュアは接着が必要。
好きな場所に置いて飾ります。



パーツの合いは良いですが
変形の都合でばらせるようになっている車体の接続がちょっと抜けやすかったので若干きつくした方が良いかも。



モビル形態への変形ギミック。
まずは車体を画像のようにばらします。
接続は基本ポリキャップなので脱着はスムーズ。



シールド裏に収納されているマガジンを取り外し、手持ち用ザクマシンガンに装着。
手持ち用のマシンガンはフォアグリップも可動します。作りはHGと同じ感じのモナカ構造でした。
その際収納用のザクマシンガンは外しておきます。



ショベルアームを後ろ側に回すとシールドとショベルアームに隠されていた腕が出てきます。



胴体部分はモビル形態用に交換し履帯パーツを取り付け。



車体側についていた一部のパーツを胴体に取り付け車体を再度合体させ残ったパーツを取り付ければ




モビル形態の完成です。
胴体部分が起き上がり腕が現れる事でガンタンク的な機体になります。




胴体が起き上がる事で砲身位置も上がり高い視点での射撃が可能に。
また両腕が使えるようになり対MS接近戦もある程度こなせる形態です。



手首は銃持ち手が両手分ありますが握り手は左手のみ。




前腕はザクに近い形状ですが上腕は独特のフレーム構造。
腕は回転可能で肘も大きく曲がります。



胴体は回転のみでスイングはできません。ですが360度回転できます。



合わせ目が目立つのは前腕や砲身、マシンガンやクレーンのようなパーツぐらいで大部分はディテールに沿った分割でした。




銃持ち手は両手分あるのでHGUCザクなどのザクマシンガンがあれば奪い取って装備した状態も再現できます。




ショベルアーム展開ギミック。
肩に装着されたショベルアームをぐわっと展開する事ができます。
それぞれの節で可動し基部である程度角度をつける事も可能。



ウネウネ動いて楽しいのですが、ショベルアームや手首などは普通のプラ同士の関節なので余り動かすとへたるのは早いかもしれません。



HGUC量産型ザクがあればよかったのですがないので以前作ったHGUCガルマザクと大きさ比較。
高さはそれほどないですが車体のボリュームはかなりのものです。






以上EXモデル ヒルドルブ レビューでした。
EXモデルというとマイナーメカをキット化するためその分割高なイメージがあるのですが今回はだいぶボリュームがあるキットで
変形ギミックなどもありますし配色も十分再現されていてあまり割高な印象はありませんでした。
車体のディテールも密度があるものでモールド自体もシャープでカッチリとしていました。
履帯などもガンプラらしく組みやすいもので変形ギミックやショベルアームなども個性的で面白いキットでしたし
ヒルドルブ本体とセモベンテ隊1~6号機をフォローできるデカールが付いているのも嬉しいですね。

■プレミアムバンダイ MGヘイズル改などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■TOP