■TOP
■ヘキサギア ガバナー パラポーン・エクスパンダー レビュー




コトブキヤヘキサギアシリーズで新たにリリースされたガバナーのパラポーン・エクスパンダー。
価格は2,376円です。



付属品はガトリングブレード、ハンドガン、バックパック&弾倉ベルト、ジョイントピンパーツ、ハンドキャノン収納パーツ、平手、持ち手が付属。



ヘキサギアシリーズの新たなガバナー、パラポーン・エクスパンダー
人工筋肉で覆われているという設定でまるでアメコミの悪役のようなデザインかつムキムキのプロポーションになっています。
これまでの男性型ガバナーは一部のパーツを共用している関係でプロポーションに大きな違いはありませんでしたが今回は四肢がかなり太めなのが特徴的です。



今回もおおまかな作りは今までのガバナーと同様で一部塗装済パーツが使われ
腹部や手首などはPVC。大部分はABSですが関節の一部にはPOMが使われたキットとなっています。
配色は大まかには再現されていますが、背面ケーブルの赤や手足の細かい配色などは再現する場合塗装が必要です。



頭部アップ。
頭部はガスマスクを付けたような形状で目は塗装済。
デザイン的に埋まっているような作りなので左右にはあまり動かせません。



四肢同様胴体も厚く背面のヘキサグラムのまわりにはケーブルがあるのが特徴的です。



腕部は肘部分でロールが可能。前腕は左右分割で合わせ目あり。
手首はPVCで握り手の他平手や持ち手もあります。



腹部のパーツは一部塗装されています。
太腿は3mm穴がありハンドガンジョイントなどを取り付ける事が可能。



脚部もかなり太めの造形。
股関節は一部BJで膝は軸可動。足首はセンチネルなどはBJタイプでしたがこちらは3軸のジョイントタイプになりました。



足裏もモールドがきちんとあります。



可動範囲など。デザイン的に首があまり動かないのですが肩や腹部は十分動きます。
肘は90度ほど。腹部はもっと曲げようとすれば曲がるのですがPVCの弾性で戻ってしまいます。



腹部の関節はこんな感じになっていて胸部との接続はBJ。
腹部のPVCパーツですが塗装部分が胸アーマーと干渉しやすいので傷を付けたくない方は一応気をつけたほうがいいかも。



下半身は開脚や接地がかなり良いのですがボリュームアップした関係で膝は90度ほどでした。




腿にはハンドガン収納パーツ、背面にはバックパックパーツを取付可能。
ピンは3mmなので他の武器にも使いやすいと思います。



バックパックパーツにはガトリングブレードを取り付けられます。
さすがに背面が重くちょっと転びやすいですが自立は可能でした。





付属武器のハンドガン(公式サイトではハンドキャノン表記)
こちらは二挺付属し1パーツで再現されています。
小さいながらモールドはシャープですが銃口は開口されていません。






ガトリングブレード。ガトリングガンとブレードを一体化した複合兵装でブレード部分は非常にシャープ。
若干合わせ目は出るもののあまり気になりませんし銃口も開口されています。
刀身の刃部分はシルバーなのでこちらは塗り分ける必要があります。




こちらも二挺付属し付属の弾倉ベルトを取り付ける事ができます。
弾倉ベルトは非常に柔らかいPVCパーツで可動の妨げにはなりません。




これまでの男性型ヘキサギアはちょっと手首が取れやすく(ただ武器自体がかなり軽かったので困るほどではなかったのですが)
この大型武装を保持できるのかなと思いましたが
今回はキツめに調整されていてパチンと手首のボールがハマる感じになり十分保持可能でした。
ただ手首はPVCのため、何度か付け外しをしていると緩くなってきたのでそのうち調整が必要になるかも。





付属のピンパーツを取り付ける事でガトリングブレードのドッキングが可能です。



ガトリングブレードの上側にあるグリップはちょっとポロリしやすかったので自分は接着しました。



ヘキサギアとの組み合わせ。
サイズが極端に大きくなった訳ではないので乗せられる事は乗せられますが
シートがバイクタイプのものは膝が90度しか曲がらなくなったためステップにちょっと合わせ辛くなっています。




バルクアームは一応乗せられる事は乗せられるのですが、胸板がかなり厚くなったためハッチがきっちり閉じられませんでした。




パラポーンセンチネルと並べて。身長は若干高くなり四肢がかなり太くなったのでボリュームは一気に増しました。




以上ヘキサギア ガバナー パラポーン・エクスパンダー レビューでした。
これまでの男性型ガバナーとは大きく違う力強いプロポーションが印象的で
ガスマスクをしたような頭部や武装の凶悪なデザインがかなり悪役チックです。
ガトリングブレードはシャープな造形はもちろん、弾倉ベルトは可動に配慮されていますし
手首も改良されたため問題なく保持可能で遊びやすくなっていました。(ただ付け替えているうちにポロポロと取れたりはまだしませんが緩くなってきた所はあります)
武装はもちろん、本体の方も非常に個性的なガバナーで単体でも十分遊べるキットになっていました。


(amazon)



楽天市場


■レビュー一覧はこちら
■TOP