■TOP
■コトブキヤヘキサギア ガバナー パラポーン・イグナイト レビュー




コトブキヤヘキサギアシリーズに新たなガバナー、パラポーン・イグナイトが登場。
価格は2,376円です。



付属品はスタニングランス、アタックバックラー、持ち手、平手が付属。



センチネルやポーンA1がベースキットになっているので多少余剰パーツがあります。



コトブキヤヘキサギアシリーズで新たにキット化されたガバナー、パラポーン・イグナイト。
こちらは以前発売されたセンチネルタイプをベースに開発され、より戦闘に特化した装備なそうです。
キットの方もガバナー第一弾だったパラポーン・センチネルとポーンA1の一部が流用されたキットです。
全長約80mmとかなり小さいキットですが主要な関節は全て可動するフル可動モデルです。



基本的な作りはセンチネルなどと共通なので頭身バランスなどは大きく変わらず。
ただより騎士風になった頭部や厚い胸部&肩アーマーなどより戦闘に特化されたというスタイルを再現しています。
素材はABSメインですがPOMやPVCも使われています。
一部塗装済みのパーツが使われていますが
配色は各所にあるブルーグレーがだいぶ足りないので設定通りに再現したい場合は塗装する箇所も多めです。



頭部アップ。
頭部は騎士風のマスクでスリット部分は塗装済み。
接続はBJです。



胴体周り。肩含めた細かいモールドや胸部の一部などはブルーグレーなので塗装が必要。
背面にはスタンド穴にもなるヘキサグラムがあるのは変わりません。



また背面にはセンチネルなどの武装を取り付けたりする事もできます。



腕部は肩アーマーが新規で他はセンチネルと共通。



腹部は塗装済みPVCパーツで弾力があり干渉しても凹んで逃がせる構造になっています。




脚部は太腿や膝装甲がポーンA1などと同じパーツが使われていますが脛や足首は新規。
分割などは変わっていないので左右分割で合わせ目が出るのは変わりません。
また膝や脛の前面はブルーグレーでこちらも塗装が必要。
足首は鋭いデザインになり膝下は丸みのある細めの形状になりました。



可動範囲など。
関節構造は変わらないため可動範囲もほぼ同じですが
肩アーマーがゴツくなったためやや腕が上がりにくくなった印象。



下半身は邪魔になるものがないのでこれまで通り小さいながらも良く動きます。



武器を装備した姿。
今回は両肩にマウントアームが装着されスタニングランスとアタックバックラーが装着されています。







スタニングランスは先端部分がメタリックの成形色でかなりの長さ。
アームは軸可動で動かせます。ランスは一部合わせ目あり。







アタックバックラーは一部塗装済みパーツが使われています。
こちらもアームで接続されアーム部分には可動ポイントあり。
どちらもグリップが可動し持ち手で握らせる事ができます。



基本的にセンチネルなどと変わらないので手首の外れやすさはそのままでした。



スタンドは3mm軸のものが使えます。



手首の規格は変わらないので他のガバナーの武装をもたせる事ももちろん出来ます。



またアームの流用も3mm軸なのでもちろん手軽に行えます。



ランスやバックラーの接続部分は六角タイプのジョイントでした。



余剰パーツにあるポーンA1などの装甲も入れ替えられるのでこのキットのみでも多少のカスタム要素もあります。




ヘキサギアと組み合わせて。
サイズは今までのガバナーと共通なので無理なく乗せる事ができます。




単体では長すぎるような印象もあったランスですがヘキサギアと組み合わせるとぴったりで格好良いです。





流用元のポーンA1やセンチネルと。
頭部や胸部など印象的な部分は変更されていますが共通部分も多いです。




以上コトブキヤヘキサギア ガバナー パラポーン・イグナイト レビューでした。
一部新規パーツが使われていますが関節構造などは以前発売されたポーンA1やセンチネルなどと共通。
体型などもほぼ変わらないためヘキサギアとの相性も良く、長いランスも大きいヘキサギアに乗せると良く似合います。
ただ設定通りの配色にしたい場合色々と足りない部分も多いので塗装は手間のかかる方ですね。
センチネルなどはいかにも一般兵といった感じでしたが、イグナイトを含めキャラクター性を強めた個性的なガバナーも多くリリースされるようで
これからどのようなガバナーが出てくるのが楽しみです。


(amazon)



楽天市場


■レビュー一覧はこちら
■TOP