■TOP
■HG ガンダムアスタロト レビュー



HG鉄血のオルフェンズシリーズにHJなどで連載されている公式外伝鉄血のオルフェンズ月鋼からガンダムアスタロトがキット化されました。
価格は1,080円です。



付属品はデモリッション・ナイフ、ライフル、ナイフ、デモリッションナイフ用ジョイントが付属。



フレームのランナーに1つだけ余剰パーツがあります。



シールは各所のグレーや黄色などを補うシールが付属。



まずはフレーム状態。
フレームランナーのタグはガンダムフレーム1でバルバトスなどのガンダムフレームと同じ作りです。



装甲を取り付けた姿。
ガンダムフレームが使われている機体ですがまだ完全な姿ではないらしく
手足が左右非対称になっているのが特徴になっています。



キットはフレーム構造がバルバトスと同じPC002仕様。
装甲の取り付け方もバルバトスと同じような感じです。
左腕には百錬の装甲などで作ったというサブナックルが装備されています。



キットの色分けですが大まかな配色は再現されているものの、
足首や脹脛などのグレーやブーストアーマーの青などが抜けています。
シールで補える所もありますが塗装が必要な部分もあります。



バストアップ。
左腕はスピナ・ロディのパーツが使われているようです。



頭部アップ。若干ですがバルバトスっぽさも感じられます。フレームがむき出しの後頭部に合わせ目あり。
ツインアイの他頭頂部のセンサーはシールで再現できます。



胸部はダクト上部にある六角形のモールドが黄色なのですが成形色では再現されず。ですがホイルシールがあります。
バックパックと腰にはそれぞれ3mm穴があります。




またフレームがガンダムフレーム系のためそれらのキットとの組み換えが可能になっていました。
小さいバックパックはもちろんリベイクのバックパックやキマリスのブースターなど大きい物も問題なく取り付けできます。



右腕は肩アーマーが前後分割で合わせ目が出ます。ですがダクト?の奥側まで真っ二つに分割されている訳ではないので処理は楽そうです。



前腕も合わせ目あり。
丸いモールドはありますが開口されていないのでサブナックルを取り付けたりはできません。



スピナロディのパーツが使われた腕部。こちらの肩アーマーは合わせ目が出ない作りになっていました。
前腕は左右分割で両側に3mm穴があり、サブナックルが取り付け可能です。



サブナックルは根本で回転できる他、指も動きます。
ただし曲がるのは根本のみ。



差し替える事でカバーの位置を選択できます。



また、手首のパーツを差し替える事で右手仕様にする事も可能です。



肩アーマーも互換性があり他の機体と交換可能な作りです。



腰アーマーはフロントとサイドが可動。



腰に取り付けられているのはブーストアーマー。
跳ね上げと回転が可能で自由度が高く、後ろにあるカバーも開閉します。
ただしナイフの収納ギミックはオミット。また左右貼りあわせなので合わせ目も出ます。
六角形モールドの黄色はシールがありますが、青やグレーは塗装が必要でここが一番色が足りない感じです。



脚部も膝などが左右非対称の作り。
脹脛側面にある丸いノズルのモールドがちょっと浅いので彫り直したりすると良さそうです。



左右非対称の脹脛横や膝。右脚の脹脛の方が本来のアスタロトに近いそうです。
右脚はモールドの内側がグレーなのですがここも色分けされていません。一応シールがありますが細かいモールドを覆ってしまうので塗ったほうが良さそうです。



足首もつま先や足の甲のブラック&グレーが足りません。ですがこちらもシールで補えます。
足裏は別パーツになっていて肉抜きナシなのが嬉しいです。



可動についてはバルバトスとあまり変わらず。
肩まわりやブースとアーマーもそれほど邪魔にならず柔軟に動きます。



下半身の可動域も十分。
ベースのフレームがよく動くので特に不満はありません。




武器を装備。
デモリッション・ナイフはジョイントを介して背中に取り付けます。
ジョイントは可動するので位置も調整可能です。




ライフルは取り回しの良さそうな造形。
構造は2パーツ左右貼りあわせでセンサーは塗装の必要があります。





ナイフは1パーツ。
刃のシールはないのでこちらも塗装が必要です。




サブナックルは第一関節が固定で本来の手首を覆うような形になります。
しっかりした握りこぶしを作りたい場合は加工が必要そうです。




デモリッション・ナイフは差し替え無しで展開。閉じている時も刃先にあるピンで固定できるのでピタっと閉じられます。



本体の長さはかなり長く身長を軽く超えます。



本来のグリップの他、サブグリップがありしっかり両手持ちさせる事が出来ます。




めちゃくちゃ長い武器なので持たせると大迫力です。



サブグリップを使わない両手持ちも窮屈ですが一応できました。



片手保持はそのままだと手首軸が負けるのできつくする調整が必要です。




これだけ大きい武器なので作りはさすがにモナカです。
ですが単色の武器なので塗装は楽そうな感じも。



最後にバルバトスと。
フレームが同じだけあってサイズも同じぐらいです。




以上HG ガンダムアストロト レビューでした。
初の外伝キットですが1080円という低価格ながら武装が多く、特にデモリッション・ナイフはその巨大さや折りたたみギミックのおかげでかなり遊べます。
心配だった保持もサブグリップでしっかり両手持ちできるのできになりませんでした。
今回は色の抜けがそこそこありシールだけでは補えない所もありますがこれだけ安いですし十分だと思います。
またサブアームやブーストアーマーなど個性的な装備も面白いキットですね。

■プレミアムバンダイ HGUC 1/144 ガンダム(21stCENTURY REAL TYPE Ver.)2次分などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場
■TOP