■TOP
■HG ブグ(ランバ・ラル機) レビュー



HGオリジンシリーズで発売されたブグ。
今回は青いカラーリングのランバラル機となっていて価格は1,836円です。



付属品はMS用マシンガン、シールド、ヒートホーク2種、スタンドジョイント
右銃持ち手、左平手が付属。



ザク系の関節パーツが流用されているので若干余剰パーツがあります。



シールはマーキングシールのみ。
モノアイもこちらのシールで補います。



ヴァッフに続いて開発されたブグがHGオリジンシリーズでキット化。
今回はランバラル機という事で青いカラーリングになっています。
姿は動力パイプが露出しているのでだいぶザクIIに近い印象になりました。



キットは今までのジオン系MSと同じくザクのランナーが一部流用されています。
使われているポリキャップはPC001でこのあたりも変わりません。



全身がほぼ青というシンプルなカラーリングなのでキットでもほぼ完璧に配色が再現されています。
バーニアの奥や武器の一部ぐらいしか塗り足す必要はなさそうです。



バストアップ。
頭部はどちらかというとヴァッフに近いような形状。
額にはアンテナが取り付けられています。



頭部アップ。
モノアイはシールで再現されモールドはありません。



モノアイは可動ギミックがあり頭部を回すと連動して動きます。
首はプラパーツで見栄えが良いです。



余剰パーツ扱いですがアンテナの取り付け穴のないパーツがあります。



胴体もほとんど青色。動力パイプは柔らかいプラで切れ込みもあまり目立ちません。
ランドセルのバーニアはBJで若干可動します。



肩アーマーはハシゴのようなディテールもしっかり内側が抜けています。
ただ合わせ目を消すにはちょっと苦労しそう。



腕部は段落ちモールドになっていたりして合わせ目が出ない作りです。



腰アーマーはフロントとサイドが可動。
サイドアーマーはザクと同じくスライドもできる作り。
股関節は他のオリジンキット同様スイングギミックがあります。



脚部もディテールはそこそこ多め。合わせ目も出ない凝った分割です。
ザクに比べると若干角ばった印象があります。



膝は曲げても隙間がでない作りになっていました。



足裏はつま先が若干可動。足裏の肉抜きはありません。



可動範囲など。
オリジンザク系の構造なので動力パイプなどがありますが腰もよく動きますし
肩や肘も特に窮屈な印象はありません。
ただ肩のポリキャップはザクIIと90度変わっているので肩部分の引き出しはザクIIと比べると控えめ。



また胸部分も可動するギミックも組み込まれていました。



下半身の可動。
こちらも開脚はザクIIほど出来る訳ではありませんがポーズを付ける分には十分な可動範囲があります。



武器を装備してみました。
ヒートホークは収納タイプのものが腰に取り付けられます。




股関節にはアクションベース2に対応するジョイントを取り付けられますが
腰にある3mm穴を使えば3mm軸のスタンドも使えます。




MS用マシンガンはサンドカラーのプロトタイプグフなどに付属していたものの流用です。



フォアグリップやストックなどの可動も変わらず。





シールドは腕と手首2点で保持します。
裏面のディテールも細かく再現されていました。




ヒートホークはザクと同じタイプ。
刃が展開した手持ち用も付属していますが1パーツなので刃部分は塗装する必要があります。



劇中で食らっていたのは101の隊長機でしたがガンキャノンに膝蹴り。





ヴァッフや旧ザク&ガンキャノンと。
こうして並べてみるとプロポーションのせいか妙に強そうな感じがします。




以上HG ブグ(ランバラル機) レビューでした。
今回もオリジンキットらしい見た目を重視したような作りで目立つ肉抜きはありませんし
合わせ目も肩やランドセルに少しあるぐらいで、モノアイや胸の可動ギミックなど細かい所ですが良く出来ていました。
ヴァッフやザクと並べて飾ってもそれぞれ似た部分があるので面白いです。
武装はシールド以外流用なのでそこまで新鮮味はありませんでしたが
機体色もシンプルなので配色の再現度も文句なしですし完成度の高いキットだと思います。


■プレミアムバンダイ RGダブルオーセブンソード3次分などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場
■TOP