■TOP
■HG ガンダムダンタリオン レビュー
 


HG鉄血のオルフェンズ月鋼シリーズでキット化されたダンタリオン。
価格は1,728円です。



付属品はTブースター、ベイオネットライフル、ジョイントパーツ、ブースター保持用スタンドが付属。



フレームはガンダムフレーム4ですが肘下や膝のパーツが一部変更されているのでその部分のパーツが余剰となります。



ホイルシールは各所の色分けを補うものが付属します。



フレーム状態。
膝などの造形が変更されていて前腕もフレームが無くなっています。



装甲を取り付けた状態。厄祭戦終結間際に完成したというガンダムフレームでTブースターを使った換装が特徴の機体です。
こちらはブースターを装備していないネイキッドと言われる状態で装甲が少なめでスマートな機体です。



キットの作りは今までの鉄血ガンダムシリーズと基本的に同じです。
色分けですが本体の配色が結構複雑なためシールや塗装で補う箇所もそれなりにあります。



頭部アップ。結構変わったデザインの頭部でアゴの赤やアンテナは別パーツで再現されていますが
頬の黄色が足りないのでシールもしくは塗装で補う必要があります。
分割は細かく合わせ目がフレームの後頭部にしかでないようになっていました。



胸部は襟元のグレーがシール。
グレーのトラス状フレームもこだわる場合塗装する必要があります。



背面は装甲がなくスッキリした姿。



ガンダムフレーム4がベースなので手軽に換装する事ももちろん可能でした。



腕部は肩のフレーム状ディテールが別パーツ化されているものの、内側は黒く塗る必要があります。
また前腕のフレーム状ディテールは単色なので塗装の必要があります。
前腕は左右分割で合わせ目あり。



腰中央の黄色はシールでの再現。
角ばった形状の脚部はAのような形状のフレームの内側が開口されています。
太腿の下側はホワイトなので塗装が必要です。



ディテールが細かい脚部。装甲の分割はディテールに沿った分割でした。
膝中央の黄色はシールで補う事ができます。
こちらも膝周りにあるフレーム状のディテールは単色なので塗装が必要です。



足首はつま先あたりに肉抜きあり。
つま先の一部はライトグレーなので塗装が必要です。



可動範囲など。
上半身は細身でかさばる装甲などもないので柔軟に動きます。
変形ギミックの関係で新しく作られた肘なども深く曲がります。



下半身もよく動き足首の接地なども完璧。
新造された膝も180度近く曲がります。





唯一の手持ち武器、ベイオネットライフル
構造はシンプルなモナカ割りで銃口などもモナカでした。



大きいですが保持は十分可能。
変形後の刃にあたる部分はライトグレーなので塗装が必要です。






折りたたまれた銃身を伸ばしグリップを外す事でベイオネットソードに。
かなりの長さがあり厚みもある武装です。




続いて背面に接続するTブースター
大型のブースターで変形機構が組み込まれています。




一部色分けはされているのですが、ノズルの内部や細かい赤色の部分はシールで補います。
またブースターのカバーになっている赤い手にあたるパーツも一部グレーで塗り分ける必要があります。
一部のパーツはモナカなので合わせ目もあり。



ブースターを接続した状態では自立ができないので補助スタンドも付属。
差し替えで高さを調整できます。




Tブースターを取り付けた姿。
後方に突き出た巨大なブースターで機体のボリュームが一気に増します。




スタンドを使わなくても一応支えられない事もないですが腰の軸に負担がかかるので長時間はやめた方が良いかも。
それとスタンドを使えばロックできるのですが自分の物は使わないと左右のユニットがパカパカ開きます。



軸の規格は共通なので他の機体にももちろん取り付けできます。



続いてハーフカウルTへの変形。
まずは左右のユニットを開き、ダンタリオン本体の腕を画像のように曲げます。



左右のユニットのカバーを一度分解し画像のように腕を包むように取り付け。



後は腕にあたるユニットを引き伸ばして完成です。





ハーフカウルT状態の完成。
細身だったダンタリオンの上半身が一気にボリュームアップ。まるでゴリラのような力強い体型になり
重機のような巨大なアームも魅力的です。



ダンタリオンの腕を包み込むので本体側の肩可動はほぼなくなりますが腕自体は回転が可能。



また横のカバーが開き腕を横に上げる事もできますし肘も可動します。




指は上の3指、下の2指が一体化されていてそれぞれがまとまって動きます。
指先には肉抜きあり。



MGの一部の手首のように切り離す事で独立可動しますが
保持力が弱くなりプラプラするので軸の調整は必要でした。



この姿は一気に印象が変わって面白いです。




肩を跳ね上げたりはできませんが必要十分な可動範囲は確保されています。
ブースター状態とは違い自立も可能。







ジョイントパーツを使う事でこの状態でも武器が持てるようになります。



アスタロトと。
ハーフカウルTだとボリュームがかなりありますがガンダムフレームなので身長は大きく変わりません。




以上HG ガンダムダンタリオン レビューでした。
大型のブースターを接続したり着込んだりする事でシルエットを大きく変えられるという機体で
鉄血MSの中でもかなり特徴的なギミックなあるキットです。
特にハーフカウルTはかなりの存在感で巨大な腕になるギミックは触っていて楽しい部分です。
武器も可変式で色々詰め込まれたキットになっていますが
反面配色の細かい部分は結構塗装が必要なので、きちんと配色を再現したい場合はそれなりに手間もかかるキットだと思います。

■プレミアムバンダイ MG ガンダムTR-1 ヘイズル改などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■TOP