■TOP
■HG ドム試作実験機 レビュー



HGオリジンMSDシリーズで発売されたドム試作実験機。
価格は2160円です。



付属品はビームバズーカ、ヒートサーベル、右銃持ち手、左平手、宇宙仕様パーツとなります。



シールはマーキングシールが付属。
全身の白ラインはこちらで補います。



オリジンMSDシリーズでキット化されたドム試作実験機。
後のプロトタイプドムなどに繋がる機体でドムの特徴である十字のモノアイスリットやボリュームのある脚部などが見て取れます。
今回は地上戦用と宇宙仕様に組む事ができますが最初は地上専用からの紹介です。



キットはPC001が使われているABSレスキット。
関節機構はオリジンザクがベースになっていて同じような作りになっていました。



成形色も安っぽさはなく良い色をしていると思います。
本体の色分けですが大部分は成形色で再現され各所の小さいモールドやダクト内部などを軽く補うぐらいで良さそうです。
膝のマルイチは開口されて色分けされているのも素晴らしいです。



バストアップ。
モノアイカバーはクリアパーツで再現されていました。
胸のダクトモールドもシャープです。



頭部アップ。ドムにグフのパイプを付けたような形状です。
動力パイプはお馴染みの柔らかいプラでした。



モノアイカバーを外せばモノアイを動かせます。
BJなので左右の他、上下にも多少動かせます。
モノアイはシールで再現する形ですが球面にシールを貼る仕様で浮いたりしわになったりするのでここは塗ってしまったほうが良さそうです。



地上戦用はコクピット部分にクリアパーツが使われています。
モノアイカバーと同じランナーなので無色透明。ですが赤色を補うシールも付属しています。
オリジンザク系の作りなので胸部も若干可動します。



腰アーマーはフロントとサイドが可動。
股関節には軸のスイングギミックがあります。



ランドセル中央にはマウントラッチがありヒートサーベルを取り付けられます。



オリジンザク系に似た腕部。
前腕や肩アーマーには合わせ目がでます。



脚部はどっしりとした太さがあり色分けも細かいです。
脚部の合わせ目はモールドに組み込まれていました。



足裏には肉抜きがありません。埋める手間がかからないのは嬉しい所です。
脹脛部分の両側にはスラスターがあり別パーツで再現されていました。



バーニアはポリキャップで若干可動します。



可動範囲ですがオリジン系の関節構造なので見た目以上に可動範囲は広いです。
特に上半身はグリグリと動かせます。



肩の引き出し幅も広く、腰は横にも大きくスイング可能。



脚が太いデザインですが下半身もよく動き、この大きさながら接地性も良いです。



武器をフル装備。





巨大なビーム・バズーカ。
HGなので銃口は別パーツなものの、基本モナカで合わせ目消しは手間がかかりそう。
ただセンサーがクリアパーツでかっこ良く仕上がっています。




グリップが可動するので持たせやすく
担ぐのはもちろん脇にはさむようにしても持てます。



ただモナカといってもこの大きさですから結構重量があり、よく手首ごと外れる事がありました。




ヒートサーベルは刀身が別パーツで色分けされています。
個体差でランナーが反っていたので自分のものは刀身が若干曲がってました。




続いて宇宙仕様。
胸の中央部分を組み替える事で胸部形状がザクの形状になった宇宙仕様を再現。




宇宙仕様といっても違いは胸のみなので大きく変わった印象はありません。



股関節には3mm穴がありスタンドを使うのも楽です。
バズーカも見た感じ単色のようなのでこのへんも手間がかかりませんね。




オリジンシャアザクと並べて。
腕部にザクのデータが使われているという事でよく似ています。




以上HG ドム試作実験機 レビューでした。
オリジン版ザク&グフの関節構造が使われているので可動範囲は広く
太めの機体ながら様々な動きが付けられます。モノアイが動くのも微妙な表情が付けられて良いですね。
武装はシンプルですがやはりビームバズーカの存在感はとんでもないですし
キット自体の色分けも素晴らしく、モノアイカバーなどにクリアパーツが使われていますし本体の合わせ目は腕ぐらいしか目立ちません。
可動とパーツ分割共々とても良く出来たキットだと思います。

■プレミアムバンダイ HG 高機動試作型ザクなどが受注されています
(amazon)



楽天市場
■TOP