■TOP
■HG ガンダムフラウロス(流星号) レビュー



HG鉄血のオルフェンズシリーズの新作として発売されたガンダムフラウロス(流星号)
価格は1,512円です。



付属のホイルシール
レールガンのピンクやノーズアートなどを補うシールが付属。



余剰パーツはフレームの肩部分のみ。
今回は本体以外の付属品はありません。



まずはフレーム。
今回のガンダムフレームはガンダムフレーム4が流用されています。
ルプスのように前腕を伸ばしたりするパーツはなくプロポーションはガンダムフレーム4そのままです。



新たなガンダムフレームの機体としてキット化されたフラウロス。
ガンダムフレームは流用なので使用するポリキャップはPC001。
大型のバックパックには巨大なレールガンが装備されているので
近距離戦がメインだった今までの鉄血MSとは違った雰囲気の機体です。



機体カラーは流星号という事でピンクがメインカラー。
アンテナやバックパックには目のようなノーズアートが描かれているのも変わりません。
背面のボリュームがかなりありますがカカトが後ろに伸びているのでコケやすいといった事も無く安定して自立できます。



バックパックなしだとこんな感じです。
全体的に角ばった装甲で4脚になる砲撃モードへの変形ギミックが備えられています。



バストアップ。
ノーズアートはシールで再現します。モールドはないですし、アンテナのシールはピンク部分まで覆う形なので
全塗装する方はカットするなりシールを型紙にしてマスキングする必要がありそうです。



頭部アップ。額のセンサーやアンテナの先などもシールで補います。
マスクの形が特徴的ですね。



胸部は細かいグレーのラインを塗装する必要があります。



余剰パーツで肩のジョイントも補えるのでこれまで通り互換性があります。
ただしバックパックは装甲の厚みがありピンの長さが足りずしっかり固定できない物が多いです。



肩アーマーは前後分割ですが合わせ目が後ろから見なければほぼ目立たない作り。
前後の黄色部分は別パーツ化されていますがその下はグレーなので塗装が必要。
サイドの装甲は可動しますがその部分にある黄色はシールです。



腕部もいつも通り前腕は挟み込みですが合わせ目がほとんど目立ちません。
またガントレットのようなパーツのツメ部分はグレー塗装が必要です。



腰まわりは干渉の少ないデザイン。
脚部は黄色部分が別パーツ化され配色も再現されています。




足首はつま先が可動。
足裏はそこそこ大きい肉抜きがあります。




バックパックはかなりボリュームのある造形で
レールガンの長さもかなりのもの。



レールガンとマシンガンはピンで接続されていてそれぞれ可動します。
ただBJなどはないので、上下にスイングはできますが左右に振ることはできませんでした。
また取り付ければさほど目立ちませんが肉抜きも大きめです。




レールガンは合わせ目がディテールに組み込まれていたり段落ちモールドになっているのでほとんど目立たない作りです。




フラウロス専用マシンガンはシンプルな作りなのでレールガンと比べると合わせ目が目立ちます。
グリップ部分はそのまま引き出せます。



背面のノーズアート部分もやはりモールドはなし。
黒いスリット部分はシールがありますが反対側のスラスター部分はグレー塗装が必要です。



可動範囲など。
ガンダムフレーム4がベースですし腰なども干渉するパーツがないので相変わらず良く動きます。
肩周りも若干バックパックのフレームに干渉気味な所はありますが、逃がせるので特に動かし辛さは感じません。



下半身も腰アーマーが干渉しないので大きく動かせます。
また足首の接地も良好です。



レールガンは巨大ですが保持力は問題なし。
角度も自由に調整できます。




バックパックのマシンガンは手に持たなくても使えるようです。



マシンガンをバックパックから外して手持ち武器に。




レールガンは膨らんでいる部分のピンクが足りないのですがシールで補う事ができます。



武装及び保持用アームのピンは3mmなのでカスタムなどもしやすくなっていると思います。




続いて砲撃モードへの変形ギミック。
まずはバックパックのレールガンを接続。



その際砲口パーツを180度回転して取り付ける事で伸びた状態になります。



前腕の装甲を画像のように展開。



腰を180度回転させ膝を曲げて後ろ脚にします。



バックパックのフードを前方にスライド、胸の突起を起こし頭部に被せるように取り付けます。






レールガンを連結し、4脚になった砲撃モードの完成。
ノーズアートのせいかちょっとコミカルな印象もある姿になります。



このモードでは二基のリアクター出力を集中させる事で特殊弾丸が発射可能になるようです。



手足は基本そのままなので極端に可動範囲が狭まるような事はなし。
砲口は一度取り外す必要がありますが他は完全変形です。



MS形態で使うかはわかりませんがこちらでもレールガンの連結が可能でした。



サイズは一般的な鉄血MSと同じぐらいですがバックパックのせいか結構ボリュームあります。




以上HG ガンダムフラウロス(流星号) レビューでした。
キットのフレームはガンダムフレーム4です。
色分けは一部足りない所がありレールガンのピンクなど大きめのシールで補う所もありますが
HGとしては十分な色分けで大きいバックパックを背負っていますが可動も良好で扱いやすいです。
鉄血シリーズでは珍しい遠距離戦タイプの機体かつ変形ギミックで4脚になるのが特徴的で
今までの鉄血キットとは違う魅力のあるキットだと思います。

■プレミアムバンダイ HGグレイズリッターマクギリス機などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場
■TOP