■TOP
■HG オブシディアン・フューリー レビュー



HGジプシー・アベンジャーやブレーサー・フェニックスと同時に発売されたオブシディアン・フューリー。
価格は2,484円です。



付属品はツインプラズマチェーンソーが2種類と握り手が付属。



付属のマーキングシール。全身の細かい発光部分はシールで補う方式です。



HGパシフィック・リムシリーズでキット化されたオブシディアン・フューリー。
どういった機体なのかはまだ分かりませんが、予告を見る限りジプシー・アベンジャーなどと戦う敵側のイェーガーのようです。
フレームや発光部分以外全身黒という不気味なイェーガーになっています。



プロポーションはアベンジャーに近くスラリとした脚長の機体です。
ですがメカメカしさは他のイェーガーより少なめでどちらかというとパワードスーツのような印象もあり
実際どうなのかは分かりませんがアベンジャーなどよりさらに世代が進んだような洗練されたデザインです。



黒一色なので機体の配色はほぼ再現されているのですが、各所に細かい発光部分があり
そちらは全てシールでの再現となります。
今回もポリキャップは使われていませんでした。



頭部アップ。他の2機は普通のプラパーツでしたがこちらのバイザーはクリアパーツになっていました。
相変わらず小型の頭部なのですが額の下にある細いフレームなどもきっちりパーツ分割されていました。



全体的に曲線が多いフォルムですが細かいディテールが入っています。



背面には脊椎のようなフレームがあり別パーツで再現されていました。



腰の後ろのカバーを外すとスタンド穴がありアクションベース2が使えます。
こちらも長方形のジョイントで3mm軸には対応していません。


肩アーマーは可動に合わせて逃がせる作りになっていました。
合わせ目は出ない構造です。
予告ではミサイルを出していましたがそういったギミックはありませんでした。



腕部は上腕に若干合わせ目が出ます。
手首は平手と握り手があり爪先はかなりシャープに成形されていました。



アベンジャー同様スラリとした脚部。
こちらも黒一色です。
合わせ目は正面からなら目立たず脹脛などの裏側にあるぐらいでした。



脹脛のカバーは可動します。
太腿の内側は開口されていて内部にはシリンダーのようなディテールがあります。



つま先は2つに分かれているデザイン。
今回も足裏に肉抜きはなくモールドもしっかりありました。




可動範囲など。作りはアベンジャーと似ていて腰なども大きく反らす事ができます。
ただ腰の回転はある程度制限があります。
肩はBJなのでスイング可能。



下半身は他のイェーガーと足首の構造が違っていて
アベンジャーなどはBJだったのですがこちらは軸関節になり接地性が向上。
脚も大きく開くので下半身は一番可動範囲が広い機体になっていました。





接地が良いので安定性も良好。
また各所の関節も適度な固さで保持力もあり他の機体同様安定していました。





付属武器のプラズマチェーンソー。
2種類付属しこちらは黒いプラパーツのもの。
腕の装甲を一度外して取り付けます。



刃が発光しない状態があるのかどうかはちょっとわかりませんがチェーンソーの刃は非常にシャープかつ細かく成形されています。




続いてクリアパーツのもの。
こちらも取り付け方法は同じです。




刃やバイザーのクリアパーツは蛍光樹脂で明るく見えるので黒い機体の中で良いアクセントになります。




ただチェーンソーが発光するのは刃のみで中央部分は黒かったので再現したい場合は塗装が必要です。




ジプシーアベンジャーと。
敵役が同時に発売されるのは良いですね。



ジプシーアベンジャーやHGのガンプラ(ストライク)と並べて大きさ比較。
今回はアベンジャー以上に身長があり同時発売された中では一番大きいイェーガーになっていました。




以上HG オブシディアン・フューリー レビューでした。
全身が黒く機体のディテールも独特でおそらく敵役という他のイェーガーにはない格好良さのあるキットです。
HG枠ですが対象年齢が15歳以上になっているためチェーンソーの刃や平手の先端などは非常にシャープ。
蛍光素材のクリアパーツも真っ黒な機体の中で良いアクセントになっていました。
また下半身の可動範囲も広めで派手なポーズなども付けやすく遊びやすさも良好で組みやすくおすすめのキットです。


■プレミアムバンダイ HGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート] などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■レビュー一覧はこちら
■TOP