■TOP
■HG ガンキャノン最初期型(ロールアウト1号機) レビュー
 


HGオリジンシリーズにガンキャノン最初期型のロールアウト1号機が登場。
こちらは以前のガンキャノン最初期型と違いプレミアムバンダイでの受注品となっていて価格は1,944円です。
説明書は新規ですが白黒で機体説明などは無かったです。



付属品はライフル、シールド、銃持ち手が付属。



配色を再現するため同じランナーが複数入っているので余剰パーツも多めです。



付属するのはマーキングシールのみ。
センサーや各種ラインを補います。



HGオリジンシリーズにガンキャノン最初期型ロールアウト1号機が登場。
こちらは以前発売された鉄騎兵中隊機のカラバリキットとなっていて
一部付属しない武装がありますが、それ以外は共通です。



カラーリングはロールアウトしたてという感じのほとんど真っ白なカラーリング。
ですが配色パターンが若干異なっているため成形色違いの同ランナーを複数セットするプレバンキットでおなじみの内容となっています。



武器を装備させた姿。
手持ち武器はライフル&シールド。
肩部には低反動キャノン砲とガトリング砲が取り付けられています。



頭部アップ。センサーはマーキングシールで補えますがバルカンは塗装の必要あり。
耳にはエンブレムモールドがそのまま入っていました。



がっしりとした胸部。
兵装プラットフォームの作りは共通なので左右入れ替えたりする事もできます。



キャノン砲はシリンダーギミックあり。



腕部は肩に合わせ目が出ますがそれ以外は筒状のパーツで作られています。
マニピュレーターは3本指で変わりなし。



腰部は良くスイングできますが大きく曲げても隙間が目立たない作り。




カラーは白とグレーですが太腿の力強さなどもそのまま。
もちろん肉抜きはありません。




配色はセンサーなど細かい部分を除き成形色で再現されています。
可動範囲は造形的な違いはないので他の初期型と共通です。




ライフルは固定具があるガンキャノンシリーズ共通のライフル。
ピンがあるのでしっかり保持可能です。





シールドもグリップと前腕で固定するタイプで造形は共通。
カラーリングは真っ白になっています。




基本的な仕様は鉄騎兵中隊機と変わらないのですが、そちらに付属していたミサイルランチャーはオミットされていました。





以前発売された鉄騎兵中隊機(左)&火力試験型(右)と。
色のせいで鉄騎兵中隊仕様よりマッシブに見えますね。



ジョイント類は共通なので武装の入れ替えは可能。
また余剰パーツを使う事で一部の装甲の色を変える事もできます。




以上HG ガンキャノン最初期型(ロールアウト1号機)レビューでした。
基本的に鉄騎兵中隊機のカラバリなのですが、
同じランナーを成形色違いで複数セットするプレバンキットによくあるタイプのキットで配色の再現度は高いです。
ただしミサイルランチャーはオミットされていますし機動試験型/火力試験型のような豊富なオプションパーツもないので
前に発売された2機と比べるとプレイバリューは控えめでした。
出来はオリジン物らしくHGですがよく作り込まれているので、作りやすい優秀なキットなのは変わりません。

■プレミアムバンダイ HGBFハンブラビスバンなどが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■TOP