■TOP
■HG 局地型ガンダム(ロールアウトカラー) レビュー
 



HGオリジンMSDでキット化された局地型ガンダム(ロールアウトカラー)
価格は2,160円でプレミアムバンダイでの受注品となります。
今回の説明書は流用で北米戦仕様のものが付属し、マーキングの指示がされた白黒のペーパーが1枚付属していました。



付属品はMS用マシンガン、ショルダーキャノン、シールド、右銃持ち手、武装をバックパックに取り付けるためのジョイントパーツ
サーベル刃2本が付属します。



余剰パーツは北米戦仕様と同じでランドセルや胸ダクトパーツなどが余ります。



ホイルシールとマーキングシール。
ホイルシールは腰のV字を補うものもあり、マーキングシールは各種マーキングの他、ラインマークやターゲットマークなどが印刷されています。



オリジンMSDシリーズでキット化された局地型ガンダム(ロールアウトカラー)
全身の装甲の色が黄色に変更。シールでの再現となりますがターゲットマークなどもあり
一気に試験用の機体といった印象になります。



キットの方は以前発売された北米戦仕様の成形色変えキットとなっていて
パーツと説明書は共通。
シール以外は全て共通となり新規のパーツなどはありません。



こちらはショルダーキャノンを付けずサーベルをランドセルに2本装備した姿です。



また余剰パーツにノーマル局地型ガンダムのランドセルがあるので北米戦仕様同様ノーマルの局地型ガンダムとして組む事もできます。



頭部アップ。
造形的な違いはなく分割は前後分割で合わせ目があります。
クリアバイザーは今までと同じくクリアレッドでした。



胸部のダクトは別パーツ。
腰のV字はモールドがありますが色分けはされていません。
ですがシールで補う事ができます。



ランドセルのバーニアは中央の3つが可動。
ショルダーキャノンもスムーズに可動します。



ショルダーキャノンは一部段落ちになっていますが合わせ目もあります。



もちろんサーベルユニットに交換するのも手軽です。



腕部は合わせ目がディテールに沿った分割。
左腕にサーベル2本を装備する事ができます。



脚部も大部分はディテールに沿った文化ルですが一部合わせ目あり。



脚部ですがアンクルアーマー上の蛇腹状の部分は色分けされておらずイエローのままなので
ここは他の局地型ガンダム同様塗装が必要。
足裏は肉抜きのないいつもの形状です。



MS用マシンガンとシールドを装備。





MS用マシンガンは局地型ガンダムを含め色々な機体に流用されているもので
フォアグリップとストックが可動。
カラーは特に変わった所はなくグレー一色でした。






シールドはサーベルを取り外し腕にそのまま取り付けます。
余ったサーベルはシールド裏に装着しておく事ができます。




これまで通りシールドのスタンドギミックがあり、単体で立たせておく事が可能です。





ショルダーキャノンやサーベルユニットの代わりにジョイントパーツを取り付ける事で背中にマシンガンとシールドを装備する事が可能です。




ショルダーキャノンは上下スイング幅は大きいですが左右に振る事はできません。




ですが軸を反対から差し込めば右側にも装備できるのは変わらず。
画像では北米戦のキャノンを足して両側に取り付けています。



サーベルグリップは3本ありますが付属するビーム刃は2本。
手に持てる他腕に取り付けたままビーム刃を出す事も出来ます。



可動範囲は局地型ガンダムと変わらず。
接地はもう少し欲しい感じはありますが他は素直に動きます。





局地型ガンダム系のキットを並べて。
なんだかんだでザク並に数が増えてきました。




以上HG 局地型ガンダム(ロールアウトカラー) レビューでした。
これまでのカラーリングとは打って変わって試験用を思わせるイエローカラーでのキット化。
細かいマーキングはマーキングシールでの再現となりますが個性的なカラーリングで
黄色の色味も思ったより落ち着いていて良い色合いでした。
キットの作り自体は北米戦仕様と変わらず新規パーツも無いのですが余剰を含めたバックパックの組み換えなどが楽しめる仕様になっているので
ノーマルの局地型より遊べるキットなのは相変わらず良い部分だと思います。


■プレミアムバンダイ PG バンシィ・ノルン 最終決戦Verなどが受注されています icon

(amazon)



楽天市場


■TOP