■TOP
■HG モビルアーマー ハシュマル レビュー



HG鉄血のオルフェンズシリーズでリリースされたモビルアーマーハシュマル。
価格は4,104円です。



付属品はプルーマ、ディスプレイスタンド2種、ビームエフェクト、運動エネルギー弾、バルバトスルプス用新型太刀が付属。
右下にあるディスプレイスタンドのランナーにあったパーツは余剰パーツです。



付属のシール。
シール類は結構多めブラウン部分などを補うシールが多いです。



厄災戦時代の無人兵器、モビルアーマーのハシュマルがHGでキット化。
スタイルは人型ではなく、翼竜のような姿で00のガガのような腰から下が無いデザインが特徴的です。





無人機で人を狙い続けるという機体ですがカラーリングはヒロイック。
キットはポリキャップが使われておらず、全てプラの組み合わせとなっています。
また尻尾のような超硬ワイヤーブレードは太めのリード線が使われていて自由に角度を変えられます。




肩がかなり大きくボリュームがありますが、胴体自体は結構小ぶり。
厚みもないので意外と飾りやすい印象もあります。
キットは成形色でそれなりに再現されていますが、シールや塗装で補わないといけない所も多いです。




胴体部分はこんな感じで意外とコンパクト。
ワイヤーは後頭部に接続されています。
胸にある突起は上下にスイング可能。これらのパーツはブラウン部分が足りませんがシールがあります。




頭部アップ。細長い形状で右側にだけアンテナのようなパーツが取り付けられています。
こちらも後頭部のブラウンが足りませんがシールありです。








頭部のワイヤーが繋がっている部分は上下にスイング。
装甲が折り重なっている背面は肩周りの肉抜きがちょっと目立つ所も。



胸部は固定で捻ったりはできませんが側面のパーツがそれぞれ動くのでそれなりに表情を変えられます。




横に大きく伸びた肩。
先端の赤はシールで再現します。
作りはシンプルな左右分割なので合わせ目あり。



肩の赤い装甲は差し替えでエネルギー供給システムを再現。
内部はグレーでシールもないので塗装が必要です。



腕部も基本左右分割なので合わせ目が出ます。腕部のケーブルなど細かい所は塗装が必要です。



大型のクローは全て独立可動。上の2本はBJなので若干角度の調整もできます。
クローの内側にある歯のような部分はブラウンなのですがここもシールで補う形となります。



可動範囲など。
こんな姿なので動く所は限られています。
首はBJと軸関節の組み合わせなのでスムーズに可動します。



腕は肘と手首にあたる部分が可動。上腕にロールもあります。
肩は単純な軸関節なので引き出しギミックなどはなし。



肩アーマーは回転できますし跳ね上げる事も可能なので腕はそれなりに大きく動かせます。



スタンドは差し替えで角度を変更できます。
細かい角度調整や捻ったりはできませんがその分勝手に倒れるような事はないです。




スタンド無しで立たせて劇中のようにMSを踏みつけたりもできますが
立たせる時手の軸に負荷がかかるような感じだったので普段はスタンドを使ったほうが良さそうです。





超硬ワイヤーブレードは基部の赤がシールでの再現。
構造はシンプルな左右分割です。
保持用スタンドもありますがリード線がかなり太いのでスタンドなしでも垂れ下がったりはしませんでした。




肘を縮める事で肩に腕を収納する事ができます。





前腕の装甲を一部差し替えてフレームの中央に棒状のパーツを取り付ければ
運動エネルギー弾発射形態を再現できます。





頭部の上側のカバーを外し、側面の装甲の位置を変更
さらに下顎にあたる部分のパーツも差し替えるとビーム兵器発射形態になります。




さらに今回はビーム再現用のエフェクトパーツが付属。
クリアピンクで凝った造形ですが2左右分割の2パーツなので重さもそこまでないです。




取り付けても特に垂れ下がるような事はなかったです。




肘の関節軸が機体サイズに比べると細めでそのままだとちょっと垂れ下がってくる事もありました。
個体差もあると思いますが多少きつくする調整が必要なる事もあるかも。




バルバトスと並べて大きさ比較。
横幅はかなりありますがクローの迫力もかなりのもの。




続いて随伴する小型機のプルーマ。
劇中ではかなりの数を従えていましたが付属するのは1機のみ。
単色成形のシンプルな作りです。



色もあいまって不気味さのある姿もしっかり再現。
ハッチ部分や機体下部のブラウンはシールがあります。



モノアイは非クリアパーツですがシールあり。
ハッチのようなカバーは開閉可能です。



可動もシンプルで尻尾部分が上下にスイング



腕は付け根がBJで肘が軸可動。関節プラではないので削れやすいと思います。
それと腕の内側は大きい肉抜きあり。



バルバトスと並べて。
小型の随伴機とありましたがMSと並べると結構大きくて不気味さが強調される感じです。




こちらは付属のスタンドで浮かせて飾る事ができます。




バルバトス用の新型太刀。
以前の太刀と並べてみましたが細かい変更点があり新規造形となっています。
色はダークグレー一色なようで特に塗り分けたりする必要はなさそうです。




ルプスにばっちり合うサイズで両手持ちも可能でした。
これでバルバトスの武装がさらに増えます。
ただ太刀のみ欲しい方はハシュマルを買わないと付いてこないのが辛い所。





以上HG モビルアーマー ハシュマル レビューでした。
HG鉄血2期シリーズでは初の大型キットとなるハシュマル
大きなパーツが多くボリュームのあるキットですが基本的に左右分割のパーツが多いので合わせ目を消したい方は手間がかかると思います。
今回はクタンのようなMSとの連携ギミックはないものの、意外とギミックが豊富でエフェクトやプルーマまで付属しているので物足りなさは感じませんし
他のHGと並べると異様さが際立って良い感じです。
そしてやはり敵側の大型機がキット化されるのは珍しさももありますし、人型とは違う姿なので組み立てるのも新鮮です。


■プレミアムバンダイ HGグレイズリッターマクギリス機などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場
■TOP