■TOP
■HG ヘビーガンダム レビュー




HG ジ・オリジンのMSDシリーズで発売されたヘビーガンダム。
価格は2,376円でプレミアムバンダイでの受注品となります。



付属品はフレーム・ランチャー、専用ビーム・ライフル、シールド、シールド接続用手甲パーツ、右銃持ち手、サーベル刃が付属。
サーベル刃は2本付属していますが一本は余剰となります。



シールはツインアイなどを補うホイルシールとマーキングシールが付属。



HGで発売されたヘビーガンダム。
こちらはHGUCなどではなく、HGジ・オリジンのMSD仕様のヘビーガンダムとなっていて
成形色なども以前発売されたFSDのような濃いダークブラウンになっています。



キットは他のオリジン系同様PC001が使われています。
最初は局地型ガンダム系の関節構造などを使い回すのかなと思っていましたが
届いてみるとFSD含む局地型ガンダム系のパーツ流用は頭部のバイザーや顎、額のパーツぐらいで本体はほぼ新規。
関節構造もかなり改良が加えられていました。



もちろん特徴的な巨大武装のフレームランチャーも付属していて腕部に装備可能です。
プロポーションは細身で頭身が高かった局地型ガンダム系から若干身長が縮み、普通のMSのバランスに近くなっている印象。



頭部アップ。頭部は局地型ガンダムと同じタイプのクリアレッドのバイザーが取り付けられています。
頭部は前後分割で合わせ目あり。
形状は局地型ガンダムと似ていますが頬ダクトの形状などが異なります。



胸部ダクトのメッシュ形状はモールドで再現。
腹部の装甲は可動するようになっています。




ビームキャノンが装備されたバックパックはバーニアが全てBJで可動。
パイプパーツはプラパーツで再現されています。




ビームキャノンは砲口が2重になっていて上下スイングも可能。
左右に振る事はできません。
砲口は別パーツですが左右貼り合わせなので一部に合わせ目が出ます。



肩アーマーは合わせ目の出ない分割。
また肩のジョイントは跳ね上げと前方向へのスイングが可能になった構造に変わっていました。



腕部は肘が二重関節で手首はBJ。
上腕と前腕の合わせ目は段落ちモールド化されています。



腰アーマーはフロントとサイドが可動しオレンジ部分もしっかり色分けされていました。



股関節には軸のスイングギミック有り。
腰裏のディテールは特に無かったです。



脚部も膝のダクトなどが別パーツ化され色分けを再現。
また脹脛の合わせ目は段落ちモールド化されています。



膝は曲げると膝と脛が画像のように分離するようになっていました。



足首は足裏の肉抜きもなく細かいモールドが刻まれていました。



可動範囲など。
関節は局地型ガンダムから大きく進化。
肩周りの自由度が増しているのはもちろん、腰は画像のように深く曲げる事が可能になりました。



ただ曲げすぎると隙間が目立つ部分はあります。
肩は跳ね上げの他、前方向にも大きくスイング可能。



足回りも進化していて局地型は接地がイマイチな所がありましたがこちらはかなり向上しています。
また股関節のスイングなども変わらずあるので脚も上げやすいです。



ビーム・ライフル&シールドを装備。






専用ビーム・ライフルは銃口が別パーツでセンサー部分が可動。
左右分割なので段落ちモールド化されている所もありますが一部合わせ目が出ます。センサーは漫画のFSDが持っているものは黄色でしたが公式の作例ではグレーでした。
グリップにはピンが有り安定して持てますが銃持ち手は右手のみとなります。



またライフルはFSDにもたせても良さそうです。






シールドはFSDの流用で十字部分なども色分けされています。
接続には3mmピンのある手甲パーツに差し替える方式。
ギミックも変わらないので折り畳みもできます。




サーベル刃はクリアパーツ。グリップは背中からそのまま引き抜けます。



配色も細かいセンサー類などを除き成形色で再現されていますし合わせ目も大部分が段落ちモールド化され見栄えも良いです。







前腕を覆うように取り付ける巨大なフレーム・ランチャー。後部のフィンカバーは上下のカバーが可動します。
基本的に左右分割なのですが合わせ目は段落ちモールド化されていました。
細かい分割で配色も再現されガトリングの銃口などもきっちり開いていました。






接続は腕をさしこみカバーを取り付ける事で固定。
固定はグラつく事もなく大きい武装ですが保持に困るといった事も今の所はないです。
スタンドはいつも通り3mm軸のものが使えます。





ほぼ新規パーツなので全くの別物になっていますがガンダムFSDと。
身長は若干小さくなっています。





MGのヘビーガンダムと。
MSD版は配色がシンプルかつ渋くなっていました。




以上HG ヘビーガンダム レビューでした。
色がほぼ同じなのでぱっと見FSDなどと似た印象を受けますが実際はかなり異なった新規に近いキットです。
最初は局地型の関節構造などがそのまま使われるのかなと思っていたのですが
実際はこちらも別物になっていて腰や足首、肩などの可動がかなり広くなっているのには驚かされました。
MSD版という事でシンプルになった配色はノーマルの配色も良かったですがこちらもなかなか格好良く
オリジンキットらしく肉抜きも抑えられ、武器含め段落ちモールド化されている合わせ目も多く見栄えが良いHGとは思えない分割も健在。
完成度の高い素晴らしいキットになっていました。


■プレミアムバンダイ HG ヘビーガンダム 6月発送分などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■レビュー一覧はこちら
■TOP