■TOP
■HG MSオプションセット9 レビュー
 



HG鉄血のオルフェンズに対応したオプションセット9
価格は648円です。



セット内容はグシオンリベイクフルシティ用ライフル✕2、ランド・マンロディ脚部、陸戦型グレイズ用ホバーユニット&マルチラックバックパック
シャルフリヒター用頭部、バルバトスの採用されなかった改修プラン用パーツ、ブースター用ジョイントが付属。
今回はグレーの他にホワイトやグリーンの成形色も使われていました。



シャルフリヒター頭部のセンサーシールもあります。




まずはこのセットの中で唯一の武器となるリベイクフルシティ用ライフル。
2本付属し分割は左右分割のモナカ。可動部位はありません。




上が今回のライフル、下がグシオンリベイク付属の最フルです。
基本的には同じような造形ですがマガジンの間が広がり成形色も若干変わっています。



マガジンの間が広がった事によりフルシティでもライフルをしっかり持たせる事が可能になりました。



ただし付属するのは2本のみなので4本装備にしたい場合は2個買いが必要です。



続いて陸戦型グレイズへの換装。1/100グレイズの場合グレイズ改があると換装できましたがこちらのオプションを使う事でHGでも陸戦型への換装が可能になりました。
本キットの他に、ノーマルのグレイズ、グレイズリッター、MSオプションセット4が必要となります。
足裏のフタパーツがあるので肉抜きがなく見栄えはとても良いです。




まずはノーマルのグレイズにマルチラックバックパックを取り付け、
MSオプションセット4に入っているバトルブレードを取り付けます。



足首をホバーユニットに換装。
差し替えるだけなので交換は手軽です。



最後にグレイズリッターの大腿部ブースターを取り付けて陸戦型の完成。



くるぶしのパーツなどを塗装する必要がありますが成形色のグレイズでもバックパック&足パーツはそこまで違和感はありません。



足首のポリキャップはなくなっていますが関節プラなので保持力は良好。
構造は同じなので可動も十分です。



バックパックは2穴タイプなのでガンダムフレームなどにも幅は合っていますが
そのままだとちょっと差し込みが甘く取れやすい感じです。




続いてランド・マンロディへの換装。
こちらは脚パーツが付属。この他にマンロディ本体が必要となります。
成形色は緑とグレーで脛の分割は左右分割で合わせ目が出ます。



取り付けは簡単で股関節ジョイントから下を取り替えるだけ。



ランド・マンロディの完成。
オレンジ&ホワイトのカラーが印象的ですが成形色でも緑系に統一されているのでこちらもチグハグな感じはしません。
ですがオレンジ&ホワイトの機体色を再現するためには全塗装が必要です。



可動は接地がいまいちですが
ほかは十分動きます。



脹脛のバーニアは別パーツ化されていますが横のスラスターは塗り分けが必要です。



続いて採用されなかった改修プランのバルバトスを再現するパーツ。
このパーツの他にバルバトス第4形態、バルバトスルプスレクスが必要です。




まずはルプスレクスの左腕を外し、第4形態に付属する第1形態の腕部を装着。



上腕の装甲と肩の装甲を交換します。
肩の装甲は流用ではなくガンダムフレームに合わせたジョイント穴になっています。



これで採用されなかったというバルバトス改修プラン形態が完成。
左腕は第1の腕になり肩の装甲はレギンレイズのものに。




右腕だけが巨大になっていて元々特異なバランスだったルプスレクスがさらに人型を崩したようなバランスに。
肩ジョイントはルプスレクスのものなので保持力は十分でメイスも持てました。





ランド・マンロディの脚部はジョイントを取り付ける事でレッグブースターに。
バルバトスのバックパックを外して取り付けます。




丸軸なので回転可能ですし膝や足首の可動もあるので微調整もしやすいです。
また軸は3mmなので色々な機体に取り付ける事ももちろん可能でした。



続いてシャルフリヒターへの換装。
画像のパーツの他、MSオプションセット8を2つ&HGゲイレールが必要です。



股間の装甲を差し替えて



肩の装甲をMSオプションセット8の肩アーマーに交換。
このパーツは2セット必要です。



後は頭部をまるごと交換すればゲイレール・シャルフリヒターの完成。
こちらもグレー系の色でまとめられているので完全に再現する場合全塗装が必要ですが
そのままでもそれなりに統一感のある仕上がりになります。




そのままだとかなり首が浮いて見えるのですがデザイナーの海老川さんが改修方法を紹介していたので同じような加工をしてみました。
ドリルで開口したあとフチを薄くしてポリキャップがより深く入るようにしています。



こちらが加工後です。




頭部は上下分割でフチに合わせ目がくるのでさほど目立たない作り。
マスク正面は別パーツでセンサーのモールドもあります。




オプションセットが合計3つ+ゲイレールが必要なので1から組むにはそれなりにかかりますがこういったMSが再現できるのは嬉しいです。




以上HG MSオプションセット9 レビューでした。
9まで発売された鉄血オプションセットですが今回は武器が少なめで換装パーツが中心のセットになっています。
しっかり持てなかったフルシティのライフルや1/100でしか再現されなかった陸戦型グレイズパーツ
活躍の多かったランド・マンロディに加え未採用プランのバルバトス、シャルフリヒターなど
最近だとプレバン行き、一昔前だとBクラブの改造パーツになりそうな機体が手軽に再現できるキットです。
ただこのキットだけで再現できる訳ではなく、他のオプションセットなども必要になってしまうのでそのあたりは若干面倒ですが
それでもこういった機体が再現できるのはとても魅力的だと思います。

■プレミアムバンダイ HGガンキャノン最初期型(ロールアウト1号機)などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場
■TOP