■TOP
■HG レギンレイズジュリア レビュー
 


HG鉄血のオルフェンズシリーズで発売されたレギンレイズジュリア
価格は1,512円です。



付属品は交換足首パーツとジュリアンソードの刀身



それにディスプレイスタンドも付属。
こちらはいつものスタンドに中継パーツを取り付けたもので身長に合わせられています。
また差し替える事で角度変更も可能。



ホイルシールはブースターのグレーと頭部、それにリアクターを補うシールが付属。



レギンレイズのランナーが使われているので一部余剰パーツがあります。




フレームは大部分がレギンレイズのフレームですが手首や足首などに変更が加えられています。



レギンレイズのフレームをベースに作られた機体で全高29.9mとかなり高さのあるMSです。
かなり巨大化していますが、基本的にレギンレイズの足首に下駄を履かせたような作りなので胴体や腕の大きさは普通です。
高機動&高出力化を実現したという事で全身にはバーニアが多数取り付けられ
肩や太腿には巨大なブースターが取り付けられています。



キットの方もレギンレイズのバリエキットですがかなり形状が変わっているため新規部分も多いです。
ポリキャップはPC002でABSは使われていませんがジュリアンソードは柔らかいプラが使われています。



つま先がこのような形状なので自立は不可。
ただ脚のフレームを変形させる事で立たせる事が出来ます。
色分けはダクトなどの細かいグレーや黄色が足りませんが、他は概ね再現されていました。




頭部アップ。アンテナ基部の黄色などはシールで補えます。
四角いセンサーもシールで再現。アンテナが長く鋭いイメージになりました。



頭部の球体センサーも再現されていてカバーも軽く開く事ができます。



胴体も前後に長く鋭い形状になっています。



腰アーマーも大きく形状が変化。バーニアが多数取り付けられています。
またリアアーマーは跳ね上げる事ができます。



肩のブースターはBJ接続。裏面にはグルっと肉抜きがあります。
中央の一部のグレーはシールがありますが
細かいダクトは塗装が必要です。



腕部は手首がクロー状に変更されたのが大きな特徴。
腕にはジュリアンソードが装備されています。



サイドアーマーもBJ接続でした。



脚部は足首がかなり長い作りになっています。




太腿のブースターも中央部分はシールがありますが細かいダクトは塗装が必要。
裏面の肉抜きも同様です。



このブースターは腿と足首の2点で繋がれているため、そのままだと膝はほとんど動かなくなります。
片方を外せば普通に動かせるようになりました。



つま先やカカト部分のカバーは開閉可能。



トゲトゲしい足首にも大きいバーニアが仕込まれています。
裏側のクロー?のようなモールドはグレーで塗装する必要があります。




可動範囲など。
上半身はトゲトゲしいデザインになっていますが
ブースターはBJで逃がせますし腰アーマーも良く動くので可動範囲はそれほど狭まった感じはしません。



下半身は先に書いたようにブースターを接続すると膝が動きませんが外す事でレギンレイズ並に動かせます。
この形態では足首が動きませんが接地状態なら動かせます。



足首の変形ギミック。まずは足首を外しその足首をブースター側に取り付けます。



そして足首側に画像の足首パーツを接続。
また裏側にバーニアが仕込まれています。






こうするとブースターが後方に向き、脚の長さも普通になるので異形さはありますが普通のMS体型に近くなります。



足首をもう一種類の方に交換すれば接地状態の再現も可能。
ブースターのブレードも接地するので安定します。






どちらの形態でも背面から見るとバーニアだらけで高機動を感じさせるデザイン。
迫力もかなりあります。





付属武器のジュリアンソードは差し替えでウィップモードを再現。
軟質プラなので曲げて表情を付ける事ができます。




ただし先端の黄色はシールもないので再現する場合塗装が必要です。




合わせ目はほとんど目立たない作りになっていました。
可動も思ったより動かしやすかったのですが肩のBJだけは抜けやすかったです。



足首のブレードはHGなので先端はあまり尖っていません。




また手首はレギンレイズのものを取り付ける事もできます。
サイズも合っているのでガントレットなどの武器などもしっかり取付可能。
箱書きではレギンレイズのものが使われていましたが余剰の握り手がそのまま使えます。
またオプションセットの平手も使えました。





ノーマルの手首でも一応武器を持つ事ができます。
ただし開いたりはできないのでグリップエンドに突起があるものは不可。






ベースになったレギンレイズと。
緑の成形色は暗めになっていました。
接地状態だとそれほど高さに差はありませんがボリュームは段違いです。




以上HG レギンレイズジュリア レビューでした。
レギンレイズがベースキットになっているのですが形状は非常にトゲトゲしいデザインになり
全高も一気に高くなっていて異形の姿を上手く再現しています。
パーツ分割も優秀でほとんど合わせ目が見えない分割なのも良いですし全身に配置されたバーニアのおかげで後ろ姿も格好良いです。
ただ全身のシャープ化や肉抜き埋めをきっちりやりたい方は大変だと思います。
武装はシンプルなものの、ウィップ形態も再現できますし脚の組み換えギミックが思った以上にシルエットが変わるのでそういった部分も面白いキットでした。

■プレミアムバンダイ RGガンダムエクシアリペアII(再販)などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場
■TOP