■TOP
■HG ガンダムキマリストルーパー レビュー



HGで発売されたガンダムキマリストルーパー
価格は1,512円です。



付属品はデストロイヤー・ランス、キマリスシールド、キマリスサーベル、右持ち手
それにクリアスタンドが付属。



付属品の他はフレームのランナーに一部余剰パーツがあります。



ホイルシールは細かい色分けを補うものですが数は少なめ。



まずは内部フレームから。
こちらのランナーはガンダムフレーム2となっていますが脛などの一部が新規造形されていました。



装甲を取り付けた姿。
トルーパー装備を使い決戦仕様に換装されたガンダムキマリストルーパー。
外装は色こそ似ているもののノーマルのキマリスとは全く違った姿になり頭部の形状まで変わっています。
下半身を覆うようなリアスカートのボリュームのせいか意外とどっしりとした印象もあります。



関節構造はガンダムフレームなので従来のキマリスと同じ作り。
使用されているポリキャップはもちろんPC002です。
ディテールも多く、HGですが密度感のあるキットでした。



バストアップ。
ノーマル同様そこまで複雑な配色ではないので色分けも大体は成形色で再現されています。



頭部アップ。
頭部もガラリと形状が変わり口のへの字なども無くなりました。
頭部はブレードのようなパーツが付きモールドも多数あります。合わせ目は後頭部に少し出るぐらいで目立たないようになっていました。
(頭頂部の安全フラッグを切り忘れていたのでアップの写真のみ切り取ったものに変更)



上半身は肩まわりがシンプルな装甲になりました。
ポリキャップの向きなどはノーマルキマリスと変わらず。



バックパックは変形ギミックの関係上バーニアの角度を調整できます。



前腕の装甲は前後分割。
側面に合わせ目があります。一部紫が足りませんがシールで補うことが出来ます。



腰アーマーは全て可動。
サイドアーマーはサブアームになっているためこちらも大型化。
股間部分の色分けが足りませんがシールがあります。



巨大なリアスカート。表側の紫などが足りませんがシールあり。
ただ裏面基部の白は塗装が必要です。



脚部はブースターの展開ギミックがなくなりましたが4本脚になるギミックが追加。
足首横にあるバーニアは抜きの関係かモールドが浅めです。



足首もだいぶ形状が変わっていました。
脚部の装甲は裏側に合わせ目が出る所があります。
足裏はつま先部分をぐるっと囲むような肉抜きがありました。



可動範囲は関節構造が共通なので良く動くようになっています。
肩や首の上下スイングなどはノーマルキマリスより動かしやすくなっています。



下半身は接地なども優秀でつま先に可動ポイントあり。
大型化された腰のスカートは全て可動するので邪魔になりません。



デストロイヤー・ランスとキマリスシールドを装備。



今回はスタンドも付属しているのでアクションベースなどがなくても浮かせて飾れます。





デストロイヤー・ランスはノーマルキマリスのランスを超える長さとボリューム。形状もランスというよりは鈍器のような太さで迫力あります。
140mmの機銃がある他、姿勢制御用のスラスターも内蔵されているそうです。
ノーマルキマリス同様グリップにピンがあり手首パーツにはめ込んで固定できます。



グリップが長いので両手持ちも楽々。
ランス自体は3パーツのモナカなので合わせ目は派手に出ますが重量はそこそこ軽め。




今回はさらに手首を寝かせた右手パーツが付属。
突き刺すようなポーズが非常に取りやすくなっています。
手甲パーツは使い回す必要がありました。



ノーマルキマリスにも流用可能でした。
このパーツがあるだけでだいぶ構えやすくなります。




保持力は結構しっかりしていてランスの片手保持も可能。
ただ動かしていると手首が負けてくる感じもあります。
それとノーマルキマリスで感じた肩の抜けやすさはやや改善しているように感じました。
ただ抜けやすいと言えば抜けやすいので個体差かもしれません。



サイドスカートは展開する事でサブアームに。
基部がBJで可動。手首にあたる部分が回転します。
裏側は肉抜きがあります。



サブアームは武器をつかめるようになっていてランスの補助アームとして使う事ができるようになっています。




シールドは結構無骨なデザイン。
三角モールドの色分けはシールで補う事ができます。
グリップの他、前腕のジョイント穴に差し込んで固定します。





キマリスサーベル。
刀身の形が特徴的です。
シールド裏にマウントできるようになっていました。




サブアームには付属の武装全て持たせられるので結構遊べます。



続いてトルーパー形態への変形ギミック。
まずはバーニアの角度を変更、リアスカートを上げ突起部分を回転させます。



足首を折りたたみ



脛から前足になるパーツを展開。




これでトルーパー形態の完成です。



地上ではホバー移動を想定された形態との事です。
そこまで複雑な変形ではなく脚のパーツは差し替え無しで展開します。



説明書によるとリアスカートには機雷が内蔵されているそうですがさすがに機雷パーツなどは付属しません。




武器は細かいノズルやモールド、シールドの▼部分などを除けばダークブルー一色なようなので塗装の手間はかからないと思います。



フレームがほとんど共通なのでキマリスのブースターも無改造で取り付けできました。




4つ脚といっても膝下から分かれているので完全な4本脚といった感じではないですがこれだけでもだいぶ印象が変わりますね。




最後にノーマルキマリスと。
同じキマリスですがここまで違います。




以上HG ガンダムキマリストルーパー レビューでした。
フレームは大体共通なのですが他は武装含め共通部分が見当たらないほどガラリと姿が変わっています。
ランスも中世っぽさを感じる形状からスラスター機構がついたメカニカルな形状になりシールドも追加。
ギミック類も一新されていて脚のブースターギミックが廃されサブアームとトルーパー形態への変形ギミックが追加。
サブアームは付属する武装も持たせられますしサイドアーマーから出てくるので扱いやすく
トルーパー形態は4本脚になるというインパクトのあるギミックでノーマルキマリスとはまた違った魅力のある機体になっていました。

■プレミアムバンダイ HGBF Ez-SRフォックスハウンドなどが受注されています
(amazon)



楽天市場
■TOP