■TOP
■HG ガンダムキマリスヴィダール レビュー
 


HGで発売されたガンダムキマリスヴィダール
価格は1,512円です。



付属品はドリルランス、刀、右ランス持ち手、ドリルニーパーツが付属。
今回余剰パーツはありませんでした。



ホイルシールはシールドのボードウィン家のマークもあります。



まずはフレーム状態。
こちらはガンダムフレーム2が流用されていました。



装甲を取り付けた姿。
ガンダムヴィダールが偽装目的のリアクターをパージし、決戦仕様に換装された姿です。
装甲は全て新規でヴィダールとの共通部分はなし。
ほとんど別物のような姿になっています。



カラーリングも独特で上半身がキマリス、下半身がヴィダールような色合いになっています。
フレームは流用なのでポリキャップもいつもと同じPC002でした。



配色ですが黄色部分のほとんどが別パーツで再現されています。
特に黒の上に黄色を塗るのは大変だと思うのですが、本体だけを見た場合腰のフロントアーマー以外の黄色は別パーツ化されていたので
部分塗装したい方もだいぶ楽できる分割になっていました。
ただドリルランスの黄色は一部足りないのでそこは塗装が必要です。




頭部アップ。ヘルメットはキマリストルーパーに近いイメージですが角などは別物。
またヘルメット横の黄色ラインも別パーツになっていました。
ツインアイと額部分はシールがあります。
合わせ目は後ろ側に少しでますがほとんど目立ちません。



胸部は前に突き出たような形状。
腰アーマーはフロントの黄色が足りませんがシールあり。



腰アーマーはリアとサイドのボリュームがあります。



黄色が別パーツになっているので裏側にもある程度ディテールがあるのですが
裏面も黄色なのでこだわる場合塗る必要があります。




腕部は前腕と肩が挟み込み。
前腕のグレーとパープルはシールで補えます。
また右のみ角度のついた持ち手あり。



肩やバックパックはある程度互換性があり。




背面のシールドは差し替えで伸縮を再現。
伸びた部分は塗装の必要があります。
家紋部分は外側のモールドがあります。家紋自体はシールで補えます。




裏面にも適度にディテールが入っていました。



背面にはアームでつながれたシールドが2枚装備されています。
こちらのアームはかなり自由に動き、シールド基部がBJなので微妙な角度付けも可能。
収納時はシールドにあるツメでロックできるのできちんと揃えられます。



ドリルニーがあるためボリュームがある膝まわり。
足首も独特な形状でした。
膝下は挟み込みで合わせ目が出ます。



足裏は肉抜きがありますがつま先が可動します。



可動範囲など。
ガンダムフレームが流用されているので動かした感じも他のガンダムと大きく変わらず。



サイドアーマーは回転もできますしそれなりに開くのであまり邪魔になりません。
もちろん背面のシールドも自由度が高いのでこちらも干渉は気にならなかったです。



武器をフル装備。
刀はサイドアーマー内側に取り付ける事ができます。




刀は1パーツで再現。
3mm穴でサイドアーマーに取り付けられる事以外特にギミックはありません。



刀の配色も単色のようなので色が足りないという事もありませんでした。



シールドは自在に動き、アームの長さも十分のため前方に展開させる事も可能。
また保持力も十分でした。




ドリルニーパーツ。
工具のドリルそのままの形状が面白いです。
こちらは一本付属し左右どちらの膝にも取り付け可能。




ドリルランスは大ボリュームの武器でデストロイヤーランス並。
黄色い砲口部分も色分けされています。
ただし砲口の周りも黄色なのでそこを補う場合塗装が必要です。




分割はモナカで回転ギミックはありません。
付属の角度付きの持ち手のおかげで寝かせて持たせる事もできますが、ルプスレクスほどの保持力はないので
自分の物は関節を太らせたりしない限りポーズによっては支えが必要でした。



グリップは短めですが両手持ちもできます。
グリップエンドは肉抜きがありそこそこ目立つ印象。




ダインスレイヴ発射体制の再現ギミック。
シールド側を伸ばし、収納されていたダインスレイヴを取り出しランスに組み込みます。




そしてランスとシールドをつなげれば発射形態の完成。
左右どちらのシールドも繋げる事ができます。





ヴィダールと並べて。造形はガンダムフレーム以外で似ているような所はなく全くの別物になっていました。



全てガンダムフレームですがつま先立ちなのもありますし膝や腰アーマーなどもごついので一番ボリュームがある印象です。





以上 HG ガンダムキマリスヴィダール レビューでした。
ヴィダールが換装された機体ですが姿はガラリと変わり、武器もドリルランスやドリルニーと今までのキマリスにはない武装になり
サーベルではなく刀があるのも何か新鮮です。
背面のシールドは良く動き、ドリルランスとの接続ギミックなどもあり遊びの幅も広いのも良いですね。
装甲は挟み込みが多いので合わせ目を消したい方はちょっと大変そうですが黄色パーツの分割も細かく良い出来のキットになっていました。

■プレミアムバンダイ HGレギンレイズ(一般機)などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場
■TOP