■TOP
■HG ガンダムバルバトスルプス レビュー



そろそろ二期が始まる鉄血のオルフェンズから新しくガンダムバルバトスルプスが発売されました。
価格は1,080円です。



付属品はソードメイス、バックパック用ジョイント&アーム、スタンドジョイント、持ち手左右分が付属。



ホイルシールはそこそこありバックパックやカカト、脹脛、襟元などを補います。



フレーム流用の都合で一部余剰パーツがあります。




使用されているフレームはガンダムフレーム4なのですが全て流用という訳ではなく
腕部や腰の一部が新規。また手首側には延長フレームが取り付けられ前腕の長さが伸びています。



オルフェンズ二期で三日月が乗る事になるガンダムバルバトスルプス。
今回は第〜形態という名称はつかないのかルプスという名前になっています。
フレームは大体流用ですが装甲部分は新規。
装甲の形状やディテールなどは第6形態から大きく変化しています。



以前のバルバトスは色々装甲などを奪っていたので、形態によっては継ぎ接ぎした感じがありましたがこちらは統一感のあるデザインになりました。
プロポーションも前腕が伸び頭部もやや大きくなったので今までのバルバトスとは結構変わっています。
フレームが共通ランナーなのでポリキャップはPC002でした。



背面には新しい武装、ソードメイスを取付可能。
肩のマークは今までのものではなく鉄華団のマークになっていました。



バストアップ。
シールで補う所もあるのですが、細かい所まで別パーツ化され成形色で色分けされている所も多いです。



頭部アップ。
耳の黄色や頬のグレーまで別パーツ化されています。
これなら塗装も楽そうですね。



頭部は全体的に装甲に覆われているためか今までの頭部より少し大きめのバランスになった印象。



胴体の黄色部分なども色分けされていました。



肩アーマーは画像のように引き出して赤い部分を跳ね上げる事ができます。
肩のイエローはシールがないので塗装が必要です。



肩の鉄華団マークはパーツ分割で色分け。
前腕には3mm穴があります。



また肩やバックパックはこれまで通り互換性があります。



腕部は前腕に合わせ目あり。
指先は白なのですがさすがにここはフォローされていないので塗装の必要があります。



腰アーマーはフロントとサイドブースターが可動。
股関節にはアクションベース2に対応出来るよう延長ジョイントを取り付ける事ができます。



バックパックは側面や中央部分の色が足りませんが側面だけはシールで補えます。
また中央のスラスターはこれまで通り可動します。




差し替えでアーム展開時も再現可能です。バックパック側の接続部と中央部分は軸可動、先端部分はBJで可動します。
一期の滑空砲が一応装備できました。



腰部のブースターは根本で可動。パーツ分割は簡素なので合わせ目が出ます。
青い部分の色が足りませんがシールで補う事が可能です。



脚部も形状が変化しています。
膝や脹脛まわりの色分けは黄色部分が別パーツになっていますが他はシール。
足は第6同様ヒール状でカカトの一部の色はシールで補います。
ただつま先の爪はグレーなのでここは塗装が必要です。



足首はつま先とつま先の装甲がそれぞれ可動。
カカト部分とつま先に肉抜きがあります。



可動範囲は他のバルバトスとそこまで変わった感じはしません。



肩周りも自由度が高く、肘もシンプルな作りですが十分曲がります。



また下半身も柔軟で接地の良さも相変わらずです。




バルバトスルプスの新しい武装となるソードメイス。
ソードの形をしていますが厚みは鈍器のようです。
パーツは2パーツ構成のモナカなので合わせ目が出ます。



レンチメイスに比べるとシンプルな武器なので軽く、保持力不足を感じる事もないです。




また角度のついた手首が付属しているので突くようなポーズもできます。



両手持ちも出来ますが手首の角度が2種類あるのでより柔軟に対応できます。
ソードメイスは単色のようなので特に塗装で色を補う必要はなさそうです。



動かしていると腰のブースターがちょっと外れやすいです。



合わせ目は前腕、ブースター、武器ぐらいしか目立つ所はありませんが
前腕は挟み込みなので処理がちょっと面倒そう。




一応クタンに組み込む事も可能でした。




第6形態のバルバトスと。
大きさは大体同じですが腰の装甲や前腕のせいかスタイルも結構変わっている感じを受けます。




以上HG ガンダムバルバトスルプス レビューでした。
武装はソードメイスのみですが持ち手が角度違いで2種類あり、より構えさせやすく遊びやすくなっています。
指先が鋭く特徴的な形状なのでそのうち平手なんかもバリエキットやオプションセットに入れてくれると嬉しいですね。
(平手はオプションセット5に入ってました)
キットの作りは今までのバルバトスと大きな違いはなく、フレームパーツはガンダムフレーム4ですが
分割はさらに進化している印象で肩の鉄華団マークが別パーツで再現されていますし頭部の分割は特に力が入っていました。
もちろんHGなのでシールや塗装で補う所もあるのですが、複雑な配色かつ小さいパーツがこれだけ再現されているのは嬉しいです。
今までバルバトス系のキットは塗装して作った事が無かったので、キマリスが終わったら塗装したりしてみようと思います。

■プレミアムバンダイ MGνガンダムVer.Ka用HWSなどが受注されています icon
(amazon)



楽天市場
■TOP