■TOP
■HG 水中型ガンダム レビュー



オリジンのメカニカル考証企画MSDから水中型ガンダムがキット化されました。
価格は2,160円です。



付属品は偏向ビームライフル、ワイヤーパーツ、ビームピック刃、右銃持ち手が付属。
今回は余剰パーツはありませんでした。



シールはマーキングシールとホイルシールが付属。
ホイルシールはセンサー類の他一部の色分けも補います。



以前発売された局地型ガンダムをベースにキット化された水中型ガンダム。
各所に水中用MSらしいディテールがあり青ベースの機体に白とオレンジが散りばめられた複雑な配色の機体です。



キットベースは局地型ガンダムなのですが、外装はかなりの変更が加えられていて関節や腕、太腿以外はほとんど別物です。
局地型ガンダムはかなりスッキリした姿でしたがこちらは両腕に武装が取り付けられていますしバックパックなども大型化しているのでボリュームもだいぶ増しています。



プラモで再現するには非常に面倒そうな配色をしているのですが
シールを使わない状態でここまで色分けされています。
細かいオレンジも大部分が別パーツ化されていて塗装したい方もマスキングの労力が減りそうな作りでした。



バストアップ。
オリジンキットなのでポリキャップはPC001が使われています。



頭部アップ。水中型らしさのあるパイプのようなパーツが取り付けられています。
バイザーは局地型同様クリアパーツで再現。奥のツインアイも再現されています。
後頭部の鉄アレイ状のパーツやパイプ基部などの色は塗装が必要ですが
頬ダクトやトサカ部分はシールでも補えます。



首のパイプが邪魔そうですが回転は十分可能でした。
胸部は組んだだけでここまで配色が再現されています。
ダクト内部の黒はさすがに塗装が必要ですが胸部中央のオレンジまで再現されていました。



水中型らしい造形のバックパック。一部に合わせ目は出ますが大部分はモールドに沿った分割です。
鎖骨部分の接続が外れてしまいますが一応左右のユニットは可動します。
左右のユニットの白ラインとフィン部分はシールが付属。小さいオレンジのモールドやダクトの一部は塗装が必要ですが
オレンジの大部分は別パーツ化されています。



肩部は前後分割で合わせ目があります。大きいダクトは別パーツ化されていますが小さいダクトは塗装が必要。
腕部分は合わせ目が出ない作りです。



右腕にはハンドアンカー、左腕にはハープーン・ガンが装備されています。



腰アーマーはV字まで別パーツ化されています。ただしグレーはシールがないので塗装の必要があります。
また股関節のスイングギミックもありました。



サイドアーマーにはビームピックが装備されています。
ビームピックのオレンジや左サイドアーマーのグレーは塗装が必要です。



他の部分と同様かなり複雑な配色の脚部ですがこちらもかなり色分けは頑張っています。
膝下のグレーや脹脛のオレンジ&ブルーなどは塗装が必要ですが膝のオレンジはシールで補うことが可能。
脚部の合わせ目は裏面に少し出るだけでほとんど目立ちません。



細かいフィン状のディテールも別パーツ化されていました。



足首はつま先側面のブルーが足りませんがシールで補えます。
足裏の肉抜きは最小限でした。



偏向ビームライフルを装備した姿。




偏向ビームライフルはスコープ部分が別パーツになっている左右貼り合わせの3パーツ構成。
水中ではビームを収束させる必要があるためかなり砲口が細くなっています。





またライフルカバーを取り付ける事が可能。画像のように挟み込みますが分解も簡単です。
これを取り付けるとより水中用っぽい形になりますね。




ビームピックはピックというよりサーベルのような長さ。
クリア刃が2本付属しています。








右腕に装備されているハンドアンカーはリード線で射出を再現。
また中央の爪がわずかですが可動します。




裏側には肉抜きがあるので埋めるとより見た目が良くなりそうです。
リード線は曲げて短くした状態なら保持は出来ましたが、まっすぐ伸ばした状態だと何か支えが必要でした。




左腕に装備されているハープーンガンは取り外しグリップを引き出す事で手持ち武器に出来ます。
こちらも左右分割なので合わせ目が出ます。
砲身中央あたりの青はシールがありますが、砲口や後端のオレンジは塗装が必要です。



可動は局地型ガンダムとほとんど変わりない感じです。
全体的に良く動きますが、足首の接地だけは他と比べるといまいちなのも変わらず。





局地型ガンダムと。
ディテールもですが配色もかなり派手になりました。



以上HG 水中型ガンダム レビューでした。
オリジン系キットは元々パーツ分割が細かい印象がありますが、今回はさらに気合が入っていて
各所のオレンジや白の大部分が成形色で再現されています。
元デザインが滅茶苦茶複雑な配色なので足りない所もあるのですが
腰のV字やバックパック&脚部のダクトなど面倒そうなところまで細かくパーツ分割されているのは嬉しいですね。
また局地型ガンダムと比べると武装のバリエーションが増え、水中型らしい特徴的な武装は組んでも面白いですし
カバーパーツやアンカーの射出などギミックも豊富でとても良いキットでした。

■プレミアムバンダイ HG水中型ガンダム 11月発送分などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場
■TOP