■TOP
■HG ガンダムバルバトスルプスレクス レビュー
 



最近登場したバルバトスの新形態、バルバトスルプスレクスがHGでキット化されました。
価格は1,512円です。



付属品は超大型メイス、メイス取り付け用ジョイント、股関節に取り付けるスタンドジョイント、持ち手
それにテイルブレードのワイヤーが付属。



付属のホイルシール。
爪やテイル部分などもあるので量は多め。



ガンダムフレーム4が使われているので一部余剰があります。




まずはフレーム状態。
ガンダムフレーム4が使われているのですが手がかなり長くなったため四肢のバランスは大きく変化しています。



装甲を取り付けた状態。
バルバトスルプスが改修された姿で腕が脚部並に巨大化、テイルブレードも装着されるなどより獣じみた姿に生まれ変わっています。



腕の巨大化と尻尾の追加が目立ちますが、装甲もそれなりに細かく変更が加えられていました。
脚部はルプスとあまり大きな違いは無いですが足首はより爪を強調したような形になってカカトにも装甲?が取り付けられています。



腕部のフレームは当然新規ですが、胴体部分のフレームも新しくなっている部分があり、保持力が強化されていました。



バストアップ。
胸の鉄華団マークはパーツ分割で色分けを再現。



頭部アップ。アンテナの形状が変わり、4本角のようなデザインになりました。
マスク部分や黄色いダクトなどは相変わらず別パーツで細かく再現されています。



胸部は首元や胸下のグレーがシール。
肩はポリキャップではなく、プラ同士のかみ合わせになりボールジョイントも大径になっていました。



バックパックも形が一新されています。横には3mmジョイント穴があります。
こちらは大部分が白色なので配色を再現する場合結構な部分を白く塗る必要があります。



背面に取り付けられたテイルブレードは上下にスイング。
作りは左右分割なので一部に合わせ目が出ます。
また黄色部分は省かれていますがシールがあります。



リアアーマーにはジョイントを取り付ける事でメイスを取付可能。



肩アーマーはルプスと比べるとシンプルな作りに。
白いパーツは一体成型で合わせ目が出ません。また青い装甲も可動します。
青い部分はルプス同様黄色いスリットがありますがこの部分はシールで補えます。



バックパックと肩アーマーはこれまで通り互換性あり。



巨大化した腕部。
手首もそれに合わせてかなり大きくなっています。
レクスネイルは黄色なのですが手首が1パーツでシールもないので塗装が必要です。



劇中では前腕の外側に銃口がありましたがキットではモールドがありません。
段差はあるので開口してパイプを埋め込んだりしても良さそうです。
それと腕部のパイプモールドがちょっとだるめだったので置き換えたりすると引き締まりそうです。
前腕は挟み込みなので合わせ目が出ます。



サブアームは差し替えなしで展開。
根本と中央の関節が可動。
根本でロールも出来ます。



フロントアーマーもデザインが変わっていました。
サイドアーマーはかなり小型化されています。細かいグレーが足りませんがシールあり。



太腿や脛はルプルと大差なしでした。
膝のマークや脹脛のグレーなどはシールがあります。
ただし膝下のグレーはないので塗装が必要です。



足首は爪が大型化。爪の黄色やカカトの赤が省かれていますがシールがあります。
肉抜きは爪部分だけなので埋めやすそうです。



可動範囲は基本的にルプスと大差なし。
首や腰は今まで通りで新造された腕部も十分動きます。



肩のBJも良く動きます。



下半身もルプスとほとんど変わりないのですが、サイドアーマーのブースターがかなり小型化され動かしやすくなっていました。




メイスはかなり大型なので大きく腰を捻ったりすると腕などに干渉しやすいですがそこまで気になりません。



レクスネイルはかなり迫力がありますがHGなので先端は丸いです。
少し尖らせてやるとより格好良くなりそう。




テイルブレードは差し替えで伸ばした状態を再現。
リード線が太くどんな角度でも保持可能でした。





超大型メイス。
柄は差し替え無しで伸縮可能。左右分割で合わせ目が出るので消したい場合ちょっと面倒そう。
ノーマルのメイスと比べるとその巨大さがわかります。



先端の他、柄の底部にもパイルバンカーがありますがキットでは伸縮がオミットされていました。




今回肩や手首、肘の保持力がとにかく高く、画像のように水平に持たせてもしっかり保持できます。
経年でどうなるかはまだわかりませんが、片手で持たせても肩が垂れ下がったり手首がクルンと回る事はなかったです。



グリップに保持ピンなどはありませんが滑り落ちるような事もなくかなり扱いやすいです。




柄が伸縮可能で余裕がありますし肩も動かしやすいので両手持ちも問題なしでした。



サブアーム展開。
サブアームをロールさせる場合90度ずつ回さないとカバーが閉まらなくなりますが
こちらの保持力も強くメイスも持たせられます。



グリップがカチっとはまるようになっているので他の大型武器でも余裕で保持可能でした。
見た目に反して遊びやすいです。






ルプスと並べて。
ルプスも前腕が延長されていましたが今回は比較にならないぐらい巨大になっていて今までのバルバトスの中では一番個性的な姿だと思います。




アンテナ中央のリング状の部分が割れたような形になりこちらも今までとはだいぶ違う印象になっていました。




以上HG バルバトスルプスレクス レビューでした。
ガンダムフレームはルプスと同じガンダムフレーム4が流用されていますが腕部は大きく変更され
今までにない巨大な腕が特徴になっています。
配色はそれなりに再現されているものの、爪先やバックパックは濃いグレーの上から白と黄色を塗らなければいけないので
部分塗装する方はちょっと手間がかかると思います。
超大型メイスもありますし手に取る前は武器の保持はスタンドが必要かなと思っていたのですが
肩にも変更が加えられ保持力が高められていてサブアーム共々非常に扱いやすくなっていたのは驚きました。
武装自体もテイルブレードや巨大な腕部&メイスと迫力のある武装ばかりでとても面白いキットだと思います。

■プレミアムバンダイ HGガンダムフラウロス (厄災祭戦時)などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場
■TOP