■TOP
■HG ガンダムアスタロトリナシメント レビュー
 


HG鉄血のオルフェンズシリーズでキット化されたガンダムアスタロトリナシメント。
価格は1,944円です。



付属品はデモリッションナイフ、バスタードチョッパー、ショートナイフ2本、アスタロト用ライフル、
各種マウントパーツ、角度付き右手首、サブナックル、アスタロトのバックパックが付属。


シールは脹脛のスラスターや腿の黄色、それに家紋マークなどを補うものが付属。



アスタロトやアスタロトオリジンのランナーが使われているため余剰パーツは多め。
いくつかのパーツはカスタムパーツ扱いになっているサブナックルと同様に入れ替えたりする事もできます。



まずはフレーム状態。
今回もガンダムフレーム4が使われていて肩やバックパックなどは手軽にシリーズのものと交換する事ができる作りです。



装甲を取り付けた姿。
月鋼からキット化されたリナシメント。
一度強奪され再度闇市場で発見されたため、82%まで戻っていた装備もまた色々なMSから集めた左右非対称の姿になっています。



キットは新規ランナーもありますがアスタロトとアスタロトオリジンのランナーも使われています。
右肩にはシールドアームが装着され、左腕には一回り大きくなったサブナックルを装備。
また頭部のアンテナは左側が大型化されこちらも左右非対称になっていました。



付属する装備は全て本体に装着する事ができます。
全て取り付けるとなかなかのボリューム。



頭部アップ。
雰囲気はアスタロトですがアンテナの片方が大型化しているのでより特徴的な形状になりました。
額の赤色部分はシールで補えます。



胸部やフンドシ部分&サイドアーマーの装甲はオリジンと同じ。



バックパックは新規で3mm穴があります。
1パーツで正面から見ると結構隙間が目立つので見える所だけプラ板などでフタすると見栄えが良くなりそうです。



リアアーマーは新規です。



右腕はオリジンに近いですが前腕の装甲などは新規。ケーブルはありません。
左腕はアスタロトと同じで左右に3mm穴があります。
右肩や両腕の前腕には合わせ目あり。




右肩に装着されているシールドアームは差し替えなしで展開。手首や付け根部分でロールも可能。
手首の形状は武器持ち手の状態で固定です。



またこちらのパーツは腕の取り付けジョイントが2箇所あり、入れ替える事で左肩仕様にする事もできます。



シンプルな作りなので内側はスカスカ。
こちらもプラ板かなにかでフタをすると見栄えが良くなりそう。



左腕のサブナックル。
こちらも手首部分がBJ接続で可動します。
3mmピンと手首で固定するので保持はしっかりしていますし、シールドアーム同様手首に左右はないので右腕に取り付けても違和感のない形状です。
表側にある家紋マークはモールドこそありませんがシールが付属。



脚部は左右非対称で左脚はオリジンに似ているものの腿や膝の形状が違います。
足首はつま先側がオリジン、カカト側がアスタロトの形状。
太腿にある台形のモールドは黄色ですがシールで補えます。



脹脛はどちらも合わせ目が出ます。
左脚のバーニア付け根や右足のフィンは色分けされていませんがシールあり。



足首はつま先が可動します。
足裏の一部には肉抜きあり。



可動範囲は他のアスタロトなどとほぼ変わりなし。



足首の接地もよく柔軟に可動します。




武器はジョイントを介してマウントしますがポロリはなかったです。




アスタロト用ライフル。
こちらはアスタロトの流用パーツでモナカ構造です。



シールドアームで持つ事ももちろん可能。





ショートナイフは2本付属。
刃部分は塗装の必要があります。





新規武装のバスタード・チョッパー
本体は2パーツ左右貼り合わせのシンプルな作りですが火薬式ダインスレイヴが再現されていて射出状態の再現が可能。
また右手首は角度付きの物も付属しているのでより構えやすくなっています。



シールドアーム自体の保持力は問題ないのですが
展開して武器を持たせると肩のBJが重さに負けます。
若干瞬着などできつめに調整した方が扱いやすいと思います。





デモリッションナイフ。
こちらもアスタロトの流用です。




サブナックルも武器の保持が可能なのでそのまま持たせられます。
相変わらずとんでもない長さの武器ですがサブグリップが可動しますし構えやすいです。





バスタードチョッパーとデモリッションナイフは合体させる事が可能。
グリップまわりは変わらないので両手持ちなどももちろん可能です。



配色はシールで補う所とダクトノズル内部などの細かい所を除けばほぼ成形色で再現されていました。




カスタマイズ要素としてアスタロトのバックパックやサブナックルも取付可能です。
この他にも余剰パーツがあるのでカスタマイズ性の高いキットになっています。





アスタロトやオリジンと並べて。
オリジンに近いパーツも多く装着されていますが左右非対称という特徴は失われていません。
白い装甲はライトグレーに近い落ち着いた色味になっていました。



以上HG ガンダムアスタロトリナシメント レビューでした。
フレームはガンダムフレーム4で装甲もアスタロトやオリジンからの流用もありますが新規の装甲もそこそこあります。
アンテナやシールドアーム、足のカラーリングなどより左右非対称が強調されたようなデザインでカスタマイズ性も高いキットになっています。
デモリッションナイフの合体ギミックやシールドアームの展開などギミック面も充実しているのも良いですね。
ただ肩の関節など一部重さに負ける所があったので少しきつめにしておくとより扱いやすくなると思います。

■プレミアムバンダイ MGヘイズル改などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■TOP