■TOP
■HG イオフレーム獅電改(流星号)レビュー
 


フラウロスが先に発売されてしまいましたが獅電改の流星号もHGでキット化。
こちらはプレミアムバンダイの受注品となっていて価格は1,296円です。



付属品はパルチザン、ガントレット、ライフルが付属。



シールは頭部に貼るものでアンテナの先端の白やセンサー、ノーズアートを補うシールです。



今はフラウロスに乗り換えてしまいましたが獅電改の流星号もHGでキット化。
ベースはもちろん以前発売された獅電で肩の一部や頭部のアンテナが新規造形となっています。



それ以外はノーマルと同じなためか説明書も獅電のものが使われていて
新規部分を細くする説明書きが1枚追加されているのみで機体説明などはなし。
プロポーションは肩とアンテナしか変わっていないのですが、肩のボリュームが増しより力強い印象になっています。



バストアップ。色分けもほぼ再現されていて頭部以外はシールなし。
細かいダクトのようなモールドなどを補うぐらいでよさそうです。
頭部はノーズアートやアンテナの先端の白などが足りませんがシールで補えます。



頭部アップ。後頭部にアンテナが追加されています。



バイザー開閉ギミックもそのまま残されています。



ノーズアートはシールなのですがモールドもなく
シールもラインでカットされている訳ではないので全塗装したい方はシールを切り出すか型紙にする必要がありそう。



胸部はノーマルと変わりなし。
バックパックのジョイントにはパルチザンなどを取り付けられます。



肩部分は従来の肩アーマーの横に新規の追加ユニットを取り付ける方式。
バーニアは別パーツになっていますが内側の肉抜きは目立ちます。
プラ板かなにかでフタしたりすると良さそうですね。




手足も明るい色になって派手な印象にはなりましたが形状は変わりなし。
合わせ目は前腕や肩の一部、脛などに出ます



つま先は可動しますし肉抜きも小さめです。




ノーマルの獅電と。
違いはわずかですが肩のボリュームアップとアンテナでまさに隊長機といった印象があります。




ジョイントなども共通なので肩ユニットの入れ替えやバイザーパーツの交換ももちろん可能です。



可動範囲も特に変わりなし。足首の接地は並ですが他は柔軟です。





付属武器のライフル&ガントレット。
こちらも流用でライフルは左右モナカ割りのシンプルな作り。





パルチザンも伸縮ギミックがあるもので作りは変わらず。
鉄血MSの武器は単色のものが多くて若干地味めですが、無骨さがありますしそのままでも色が足りないという事が少ないのは良いですね。




肩部分が新規になったためかライオットシールドはオミットされています。



これまで発売された流星号と。
フレームの色は違いますが装甲の色は大体同じです。




以上HG イオフレーム獅電改(流星号)レビューでした。
ライオットシールドの変わりにアンテナと肩パーツが追加されたキットで
特徴的なノーズアートはこれまで通りシールでの再現となっています。
武装含め大部分は獅電と変わりないのですが新規の肩パーツはプロポーションにメリハリがつきより力強い隊長機らしい姿になっていました。
今週で三代目流星号ではなく雷電号になってしまいましたがそちらもキット化されると良いですね。

■プレミアムバンダイ HGグレイズリッターマクギリス機などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場
■TOP