■TOP
■HG イオフレーム獅電改(オルガ機)レビュー 
 


ライド機と同時に発送されたオルガ機仕様の獅電改。
劇中ではユージンが乗る事になりますがパッケージではオルガの顔が描かれています。
価格は1,296円でプレミアムバンダイの受注品です。



付属品はパルチザン、ライフル、ガントレットが付属。



余剰パーツは獅電改(流星号)に使われる肩パーツやアンテナ、それにノーマルタイプのバイザーが余ります。



付属のシールは頭部のセンサーの他、アンテナとシールドのラインを補うシール
後はバックパックに貼る鉄華団マークが付属。
3種類から選択して貼り付けます。



獅電改(流星号)をベースに成形色を変更、一部新規パーツを加えキット化されたオルガ機。
肩のがないので一見普通の獅電に近い感じがありますが名称は獅電改です。
獅電改(流星号)との違いは肩のスラスターが無くなり代わりに左肩にシールドが追加。
頭部がアンテナありのバイザーになっていて後頭部のアンテナは無くなっています。
ライド機同様説明書は獅電のもので新規部分を補足する説明書きが付属しています。



キットはもちろん他の獅電系のキットの流用でパーツ分割なども特に変わっていません。
肩のシールドとバイザーは新規のランナーですがバイザー自体はMSオプションセット6のバイザーと同じタイプです。
機体の色は白とライトグレーが中心になっていますが
配色自体は他の獅電系と変わらないので色分けの再現度はほとんど下がっていません。



頭部アップ。バイザー部分はシールでの再現。
アンテナに赤ラインがあるのですがモールドはありませんでした。
ですがシールで手軽に補えるようになっています。



バイザー内部はほかの獅電と共通。
余剰パーツでノーマルのバイザーも付属しています。



胸部はバイザーなどと同じホワイトに。
バックパックは鉄華団マークのシールを貼るようになっていますがこちらも特にモールドはなし。



バックパック同様腰にも武装を取り付けられる共通のギミックがあります。



新規パーツのシールドは1パーツで再現。
アンテナ同様ラインマークがあるのですがモールドはなくシールでの再現となります。
左右対称の形状でジョイントも共通なので右肩にも装備可能。



他の獅電改と同様に下半身は獅電と共通。
違いは上半身に集中しています。



装甲の色は変わっていますがフレームの色はライド機などと同じです。





付属武器のライフル。
武装類は全て獅電系共通のパーツで新規武装は特になし。
尚獅電に付属していたライオットシールドは獅電改ベースのキットのためか付属していませんでした。






ガントレット
可動範囲はこれまでと同じです。
シールドが追加されていますが肩アーマーは跳ね上げられるので邪魔になりません。






パルチザン。
こちらも共通で差し替え無しで伸縮します。



胸の成形色のせいでホワイトになっているのでこだわる場合はパルチザンの全塗装が必要です。



キットベースは流星号なので後頭部のアンテナや肩スラスターを取り付けて
流星号仕様の獅電改にすることもできます。





他の獅電改系のキットと。
これで獅電改も揃いました。




以上HG イオフレーム獅電改(オルガ機)レビューでした。
基本的な仕様は獅電改(流星号)と同じでバイザーやシールドが新規に付属するキットです。
機体配色自体は変わっていないので細かいラインや腰後ろのダクトなど細かい所を除いて無理なく配色も再現されていて
元キットの出来も良さもあり組みやすく遊びやすいキットになっています。
OPセットとマンロディで現時点でも組めますが、鉄華団コンプリートセットというセット販売でランドマンロディのキット化も決まり
鉄華団側の主要機体も揃うのでそのうちダインスレイヴ仕様のグレイズなどもそのうちキット化して欲しいですね。


■プレミアムバンダイ HGBF チニャッガイなどが受注されています icon




楽天市場


■TOP