■TOP
■HG イオフレーム獅電改(ライド機)レビュー 
 


HG鉄血のオルフェンズシリーズで発売されたイオフレーム獅電改(ライド機)
価格は1,296円でプレミアムバンダイでの受注品となります。
説明書は獅電のもので補足の説明書きが1枚付属しています。



付属品はライフル、パルチザンが付属。
また余剰となりますがノーマルのバイザーパーツもあります。



ホイルシールは頭部のセンサーと肩のマーク、そしてアンテナの先端を補うホイルシールが付属。



シノの流星号を譲り受け雷電号としてライドが乗る事になる獅電改。
キットの方も以前発売された獅電改(流星号)がベースになっていて一部に新規パーツを追加したキットです。
とは言え変更点はわずかで違いはバイザーと右手のガントレットのみとなります。



カラーはピンクから全身黄色に。流星号に負けず劣らず派手な見た目です。
黄色の成形色は落ち着いた色合いでとくに透けなども気にならず良い色になっていました。



頭部アップ。
バイザーは新規です。
バイザーは他の獅電同様シールが付属。
アンテナの先端はブルーですがこちらもシールがあります。



内部センサーも当然再現されています。
またノーマルのバイザーも余剰パーツであるので色違いの獅電改(流星号)として組む事もできます。



胸部はダークブルー。
背面のバックパックは今まで通り武器を取り付けるジョイントが付属。



腰アーマーはフロントとサイドが可動。
リアの武装ラッチも開閉できます。



肩は獅電改なのでブースターが追加されよりマッシブな見た目に。
左肩にある雷マークのようなラインはモールドされていませんがシールあり。
雷電号は左腕の他、右腕にもガントレットが装着されています。
ガントレットの造形自体は獅電系キットと同じ。



脛の中央が開口されている独特なフレーム。
下半身は成形色の違いのみです。



足首はBJ接続。
つま先にわずかに肉抜きがありますが小さいのであまり気になりません。



本体はバイザーぐらいしか違いがないので可動範囲なども変わらず。
鉄血キットらしく良く動く作りです。



バックパックと腰にはこれまで通り武装を装着する事が可能。



ガントレットが両腕装備になり肩のスラスターも相まってより力強い印象に。




付属武器のライフル。
武装類も専用のものはなく獅電系の武装が使われています。




パルチザン
ランナーの都合でパルチザンもダークブルーになっています。
こちらは設定だとグレーなのでこだわる場合全部塗装する必要があります。




パルチザンの伸縮ギミック。
差し替え無しで伸ばす事ができます。



配色ほとんど再現されていますが
各所のスリット状のダクトや腰リアアーマーのノズル部分などはシールがないので塗装が必要です。





元の姿の流星号やノーマルの獅電と。
こうして見ると流星号より派手に見えます。




以上HG イオフレーム獅電改(ライド機)レビューでした。
雷電号という事で流星号との違いはバイザーと右腕のガントレットの有無のみとなるので本体はほぼ流星号と変わりません。
元の獅電自体作りやすく良く動く好キットですし配色の再現度も十分だと思います。
全身黄色になり大きくイメージが変わりましたが黄色の色味もなかなか良く落ち着いた色味で透けもあまり気にならない良い色になっていました。
同時に発送されたオルガ機もそうですが細かいバリエーションもこうして手軽に組めるのは嬉しいですね。


■プレミアムバンダイ HGBF アメイジングズゴックなどが受注されています icon




楽天市場


■TOP