■TOP
■HG ガンダムヴィダール レビュー



HG鉄血のオルフェンズシリーズで新たに発売されたガンダムヴィダール。
価格は1,296円です。



付属品はライフル、ハンドガン、バーストサーベル
角度付き手首が付属。



ホイルシールはリアクターの赤や各所のグレー、白などを補うホイルシールが付属。



まずはガンダムフレーム。
こちらはガンダムフレーム2が流用されていて足のパーツや上腕の一部のパーツが新規になっています。



装甲を取り付けた姿。
機体と同じ名前のヴィダールが操るガンダムです。
ブルー&ブラックという特徴的なカラーリングでサイドアーマーや背面のブースターのボリュームもあり
ハンターエッジやバーストサーベルなど特徴的な武装も搭載されています。



キットのフレームは流用なので使われているポリキャップはPC002。
背面のバックパックにはフレームとは別のリアクターが積まれています。



キットの色分けはまずまずですがシールで補う箇所も多め。
またバーニア内部や肩の太いラインなどは塗装が必要です。



バストアップ。フレーム以外のパーツは当然全て新規です。
サイドアーマーのボリュームがありますが本体は全体的に細身です。



頭部アップ。
頭部は左右分割ですがトサカのパーツを被せるので合わせ目があまり目立たない作りになっています。



胸部は白いパーツの一部が黒なので塗装が必要ですがシールがあります。
バックパックのリアクター部分も赤ですがここもシールあり。
バックパックは左右分割で合わせ目が出ます。



バックパックの両サイドに付けられているブースターはノズル部分の白が足りませんがシールあり。
裏面はかなり派手な肉抜きがあり目立ちます。
ここは2パーツ構成にしてほしかったですね。



フロントアーマーの一部にある赤色はシールで再現します。
上に飛び出ているグリップはハンドガン。
ですが取り外しは不可でグリップ部分しか造形されていません。



腕部は前腕の色分けがだいぶ省略されていますが黒を補うシールがあります。
前腕は挟み込みで合わせ目あり。



肩アーマーも前後分割で合わせ目が出ますが横の装甲は可動します。
上面にある黒が足りませんがこちらもシールで補えます。



バックパックと肩アーマーはこれまで通り互換性あり。
ただし肩アーマーはC字のジョイントがないので一部取り付けられない肩アーマーもあります。



サイドアーマーはモナカ構造です。
パーツが大きいですが直線的なデザインなので合わせ目消しはまだ楽そう。
バックパック同様ノズルあたりの白はシールで補います。



横にある三本の溝にはライフルが取付可能。
ピンは両側にあるので左右どちらにも取り付け出来ます。
またバーストサーベルも刃を外し、画像のように収納状態を再現できます。



脚部は脛とつま先のパーツが挟み込みで合わせ目あり。
色分けはほとんど再現されていますがバーニア内部は塗装が必要です。



足は独特の作りでハンターエッジが取り付けられています。
足裏は肉抜きなしでつま先も可動します。



可動範囲など。ガンダムフレーム2が使われているのでこれまでのガンダムと同じような可動範囲です。



全体的に良く動くのですが肩アーマーとバックパックは干渉しやすいので塗装する方は擦れに注意した方が良さそう。



脚部も柔軟でサイドアーマーも大きいですが逃がせますし足首の可動範囲も良好。



武器を持たせて。




サイドアーマーやバックパックのブースターが大きめで背面も迫力あります。
バックパックの肉抜きは面積が大きいので埋めるのは苦労しそうですね。





ライフルはシンプルな左右分割の2パーツ構成。砲口部分なども合わせ目が出ます。
スコープはシールで再現します。




ハンドガンは1パーツ。
ですが肉抜きはありません。
砲口部分は埋まっているので軽く開口すると良いかも。



フロントアーマーのグリップは取り外せないので手に持たせると若干違和感はあります。




足のハンターエッジは差し替え無しで展開。



個性的な武装ですが可動も優れているので動かしやすいです。




バーストサーベル
刃は別パーツ化されていますがパッケージや作例などを見るとライフルと同じグレーではなく白っぽい色のようです。




刃交換時にサイドアーマーがスライドしていたのが印象的でしたがHGではさすがに再現されず。
内蔵されている刃は画像のように繋がっているのですが、しっかり先端まで造形されているので切り離す事でそれぞれ交換可能になります。
ただしストッパーはないので簡単に抜けます。




武器はかなり細くなりましたがキマリスと同じような突撃をしているのが面白いです。




今回は両手分角度付きの手首があるので突くような角度でも無理せず持てるようになっていました。



最後に大きさ比較にバルバトスルプスと。
リアクターが3つあったりしますが標準的な身長でした。




以上HG ガンダムヴィダール レビューでした。
バーストサーベルやハンターエッジ、ハンドガンなど目新しい武装が多く
ハンターエッジは足の刃が展開する触っていて楽しい武装ですし
バーストサーベルも刃がきっちり取り外せるようになっていました。
さすがにサイドアーマーのスライドはありませんでしたが、内部パーツを切り離す事で交換が可能です。
ただ合わせ目や目立つ肉抜き(バックパック)はあるのでそれらをきっちり処理して塗装したい方はそれなりに手間がかると思います。

■プレミアムバンダイ RGダブルオーセブンソード3次分などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場
■TOP