■TOP
■HG ヴァッフ レビュー



HGジ・オリジンシリーズで発売されたヴァッフ。
価格は1,836円です。



付属品は試作型MS用バズーカ、シールド、ヒートホーク、右銃持ち手、左平手
スタンドジョイント、バズーカジョイントが付属。



オリジンザク系のランナーが使われているので関節パーツの一部などが余剰となります。



シールはマーキングシールが付属。
ラインマークなどを補えます。



ジ・オリジンシリーズでキット化されたヴァッフ。
ミノフスキー博士が提案しモビルスーツの始祖的な存在となる機体なそうです。



キットはオリジンザク系の関節構造が流用されていますが外装は新規。
ザクをさらにシンプルにしたような機体で両腕のアタッチメントや胸のサーチライトなどモビルワーカーから受け継がれたような所もあります。



キットはオリジン系なのでPC001が使われたABSレスキット。
色分けはバーニア内部やサーチライトの白など細かい部分を除けばほぼ再現されています。



バストアップ。
腰の動力パイプは軟質素材。胸のサーチライトは一体成型されていました。



頭部アップ。モノアイは可動式でアゴ下のレバーで可動。
モノアイ自体のモールドはなくシールで再現します。



だいぶザクに近い形になった胴体。
ランドセルのバーニアは結構大きめです。



オリジン系の関節なので肩のポリキャップが引き出せる他、胸自体も可動します。



肩アーマーは合わせ目が出ない作り。
肩アーマーの内側は腕の動きに合わせて可動します。



モビルワーカーと同じく腕はアタッチメント式。
接続軸は3mmです。



腰アーマーはフロントとサイドが可動し
股関節にはスイング軸があります。



脚部はシンプルなシルエットですがモールドは多いです。
上手な分割で脛裏側の一部にしか合わせ目が出ない作りなのも良いですね。



足首はつま先が可動。膝を曲げても内部パーツのおかげで隙間が目立たなくなっていました。



足首は肉抜きもなく見栄えは良好。



可動範囲など。
腰は前後左右に動かせますしパイプも邪魔になりません。
肩まわりの自由度も十分で肘も良く曲がります。



脚部は意外と接地が良く安定します。
膝や股関節も柔軟に動かせました。



ヒートホークは収納状態のものを腰に取り付け可能。
バズーカはジョイントを腰に装着して取り付けます。



武器を装備させた姿。




試作型MS用バズーカ。
銃持ち手があり手首のダボ穴に接続できますが付属するのは右手のみ。



グリップが可動するので無理なく肩に乗せる事ができます。



スコープも可動しますがレンズ部分はシール。
砲口は別パーツなものの、基本左右貼りあわせ。
ですが合わせ目は段落ちモールド化されていました。



肩が柔軟に動くのでサブグリップを握るのも容易です。



スタンドジョイントは股関節に取り付け。アクションベース2に対応しています。
腰裏の穴は3mm穴なのでそちらを使えばアクションベース2以外のスタンドも使えます。




シールドは厚みがあまりない簡素なデザイン。前腕にジョイントを取り付けてグリップを握らせます。
裏側のグレーはフォローされていないので塗装が必要です。




グリップを握っているとほとんど動かせませんが、握らなければレール部分も可動するので細かい位置調整が可能です。





ヒートホークはいつもと同じで手持ち用も付属。
やはり単色なので塗装が必要です。





アタッチメント交換ギミック。
オリジンのグフやモビルワーカーがあれば前腕のアタッチメントを交換して遊ぶ事ができます。
グフは青色がちょっと浮いてしまいますがモビルワーカーのアタッチメントはそのままでもそこまで違和感はない感じです。



最後にアタッチメント式になっている機体と。
身長はグフより小さく結構小柄な感じです。




以上HG ヴァッフ レビューでした。
MSの始祖のような機体なそうで、モビルワーカーと旧ザク&ザクを繋ぐようなデザインが面白いです。
デザインは結構シンプルなのですが脚部など間延びしそうな所には適度にディテールが入っていて引き締まった印象です。
目立つ肉抜きなどもなく、合わせ目も目立たない見栄えが良い物に仕上がっていました。
グフやモビルワーカーが必要にはなるものの、腕のアタッチメント交換ギミックも楽しいキットになっていました。

・プレミアムバンダイ MGゼータプラス ユニコーンVerなどが受注されています icon
(amazon)



楽天市場
■TOP