■TOP
■HGAC リーオー レビュー



HGACの新作にリーオーが登場。キットの箱にはGUNPLA EVOLUTION  PROJECTのロゴがあります。
価格は1,080円と安価な価格設定です。



付属品は105mmライフル、シールド、サーベル刃2本と基本的な内容です。
ホイルシールなどはありませんでした。



最近のキットは古いキットのリデコを除き、大部分がPC001かPC002が使われたものでしたが今回はそちらのフォーマットではなく
BB戦士などに使われるBJタイプのポリキャップが使われるのみという目新しい構造になっています。



HGACでキット化されたガンダムWに登場する量産型MSのリーオー。
トールギスの流れを汲むフォルムですがシンプルにまとめられ量産型らしい姿です。
カラーはグリーンでキット化されています。



キットの配色はシンプルな機体という事もあり成形色でほぼ再現されています。
足りないのは胸部のバー中央のブラウン、バーニアのノズルや足首の○モールド内部など細かい所のみで組んだだけでイメージ通りに仕上がります。



関節構造なども目新しいのですが、キット自体もかなり組みやすさを意識したような形で
説明書に合わせてランナーごとに使うパーツが各ユニットごとにある程度固められ、説明書にも使うパーツに枠線が引かれるなどかなり配慮された作りになっていました。
それに加え、説明書に塗装しやすいように関節部を後からはめ込める構造になっていると書かれている通りポリキャップ無しで肘膝関節が手軽に外せる作りになっています。
また関節のランナーは使った部分を折り取れるようになっていたりと各所に工夫が加えられています。



頭部アップ。低価格のキットですがカメラ部分にはきっちりクリアパーツが使われ赤色部分も別パーツになっています。



頭部は画像のように分割されているので若干BJで表情は付けられるものの、左右への可動はほぼ固定となります。



カメラのクリアパーツは蛍光樹脂が使われていました。



胸部は鎖骨あたりのグレー部分もきっちり別パーツになっています。胸部の装甲は前後分割。
肩の関節はBJですが受け部分もプラパーツです。



背面のカバーを外せばジョイント穴が出てきます。
ジョイント穴はおおよそ3mmのようですが3mm軸だとスカスカで穴自体も浅め。





関節ですが今回はかなりシンプルな形になっていて肘膝はポリキャップが使われていません。
受け部分は挟み込みではなく、C字の切り欠きが入ったタイプで簡単に取りはずしが出来るようになっています。
ポリキャップは足首や股関節ジョイント、腰などに使われています。



肩部は球体部分も合わせ目が出ない作り。
緑の装甲は可動します。



前腕は前後分割で合わせ目あり。
手首は画像のタイプのみで平手などはなし。



腰のバーニアは内部ディテールも細かく作られています。
股間s熱軸はスイング可能。装甲裏は特にディテールはありません。



腰の装甲はフロントとサイドが可動。
太腿は外側が段落ちモールド。内側に合わせ目が出ます。



太腿のカバーを外すとこちらもジョイント穴があります。



脛部分は前後分割で段落ちモールドになっています。
足首の装甲なども合わせ目のでない分割。



足首も細かく分割され足裏も低価格なキットですが肉抜きがありません。
足裏のパーツは左右分割なのですがディテールに沿った分割になっていました。




可動範囲など。デザインの関係で首は余り動かせませんが腰などは柔軟に可動。
肩のジョイントもスイング可能で肩も良く動きます。




下半身ですが足首は普通のBJなのでそこまで良くないのですが股関節や膝は良く動きます。
ただ足首のBJとアンクルガードを取り付けるBJが緩めでちょっと外れやすい印象。






105mmライフルは基本モナカで合わせ目あり。
銃口やグリップ中央など一部塗装が必要ですが大部分は色分けされています。



またマガジンは取り外し可能でグリップも可動。両手持ちさせる事もできます。



スタンドは3mm軸のものが使えます。



シールドを装備する時は装甲を取り外しシールドを取り付けます。





シールドは表面のグレー部分も成形色で色分けされサーベルも取り外し可能な凝った作り。
ジョイントは基部がBJで回転の他若干角度を変えられます。
サーベルのグリップをセットする軸は自分のものだと結構きつめだったので破損注意かも。



肩が良く動くので前方向に構える事もできました。



肘膝の関節がC字の切り欠きが入ったタイプだったのでちょっと保持力が心配でしたが本体が小さく軽いため特に保持に支障は無かったです。
ただ股関節のボールの受けがちょっと遊びのある感じだったりアンクルガードが取れやすかったりする所はあります。
ですが装甲は外れても足首で止まり抜け落ちる事はないのでそこまで気になりません。



サーベルはユニコーンなどに付属するクリア刃と同じタイプが2本付属。




本体が小さめなので短い印象は無かったです。



また肩の構造は共通なので右腕にもシールドを取り付ける事も可能。
サーベルグリップもしっかり2本あります。




最近発売されたRGトールギスやHGACのウイングと並べて大きさ比較。
派手なユニットなどもないのでコンパクトです。



以上HGAC リーオー レビューでした。
今回はPC001でも002でもない新基軸のキットとなっていて関節などが今までにない構造になっています。
元々組みやすいガンプラですが今回はさらにランナーなどが練られていてパーツ分割や組み立てに配慮が行き届いたキットとなっていました。
低価格のためオプションは最小限といった内容なのですが、カメラ部分はクリアパーツですし、
足裏の肉抜きがないなど真っ先に省略されそうな所にも力の入った内容でかなり楽しく組み立てる事ができました。
これからこちらの構造が新たなHGフォーマットとなるのかは分かりませんが、サクっと組めるわりに目新しい部分が多いキットなのでおすすめです。


■プレミアムバンダイ MG アヴァランチエクシアダッシュなどが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■レビュー一覧はこちら
■TOP